戦時労働者問題で安易な譲歩をするな|西岡力

戦時労働者問題で安易な譲歩をするな|西岡力

尹錫悦政権が日本政府と企業に国際法違反の要求をしてくる可能性があることを、日本側も最初から踏まえておく必要がある。財団肩代わり方式に騙されてはならない!


11月13日、岸田文雄首相が訪問先のプノンペンで尹錫悦韓国大統領と初の公式会談を行った。韓国大統領府の関係者は、懸案の一つである朝鮮人戦時労働者問題について、「首脳間で具体的な議論はなかったが、両国の実務者間で解決策は1~2個に絞り込まれた」と説明した。

尹錫悦政権は発足以来、日本企業の財産が現金化され、それに我が国が制裁を加えるという事態を避けるべく様々な努力をしてきた。当初言われていた韓国政府による肩代わり(代位弁済)は原告の同意が必要なことが分かり、採用できなくなった。それに代わって、原告の同意が不要な「日帝強制動員被害者支援財団」による肩代わり(併存的債務引き受け)が浮上し、日韓の外交当局が法的な詰めをしているという。

財団肩代わり方式の問題点

その方法には三つの問題点がある。第一は日本企業の関与の罠、すなわち財団の肩代わりによる支払いのプロセスに日本企業の関与が求められ、原告に対する債務を認めさせられる危険があることだ。併存的債務引き受けで肩代わりを行う場合、債務者と引受人、つまり日本企業と財団が契約を結ぶことが求められる。また、韓国では日本企業に財団への出資を求める声が出ている。日本企業が財団と契約を結んだり、出資したりすることは、国際法違反の韓国最高裁判決を認めるという意味を持つ。

日本製鉄と三菱重工はすでに日本での裁判で勝訴している。韓国最高裁は2018年10月の判決で日本の判決について、韓国の「善良な風俗や、その他の社会秩序に違反する」として「効力を承認できない」と断言した。つまり、日韓の法秩序が正面から衝突している。その中で、韓国側の法秩序を認める行動を取るべきではない。

二つ目の問題点は公平性の欠如だ。韓国政府が知恵を絞って財団による肩代わりが実現したとしよう。この場合、日本企業の財産は守られる。国際法が守られたという点で歓迎すべきだ。しかし、韓国内では、財団の肩代わり支払いから除外された多数の元労働者、元軍人軍属らから不公平だとする不満が噴出することが予想される。

三つ目の問題点は韓国最高裁判決の呪縛だ。判決は「日本の不法な統治に対する慰謝料請求権」の存在を前提にしている。それはサンフランシスコ平和条約でも認められず、1965年の日韓国交正常化から現時点まで韓国政府もその立場に立っていない。しかし、日韓の弁護士、学者、活動家の中には、我が国が不法な統治に対する慰謝料を支払うべきだと考えている人々もいる。

日本の国益は譲れない

以上のどれも容易に解決できる問題ではないので、財団による肩代わりという枠組みは尹錫悦政権が一定の統治力を持っている間だけしか維持できない。次の政権が日本政府と企業に国際法違反の要求をしてくる可能性があることを、日本側も最初から踏まえておく必要がある。そのことを前提にしながら、一定の距離を置きつつ、我が国の国益にかなう範囲で韓国と付き合っていくしかない。(2022.11.21国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

首相から危機感が伝わってこない|田久保忠衛

ハマスやレバノンの武装勢力ヒズボラをイランが操り、その背後に中露両国がいる世界的な構図がはっきりしてこよう。


なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

これは宗教団体に対する「人民裁判」ではないか。キリスト教、仏教、神道などのリーダーを含む宗教法人審議会が解散命令請求に全会一致で賛成したことに戦慄を覚えた。


韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

韓国大統領・尹錫悦の犯罪、保守派は幻想を捨てよ|邉熙宰(ピョンヒジェ)

尹錫悦に騙されてはならない!文在寅政権下で検察総長を務めた男が過去に行った国家を揺るがす驚くべき犯罪。尹錫悦の「親日政策」は完全な偽物だ!韓国メディアウォッチの邉熙宰氏が緊急警告。


最新の投稿


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。