ミサイル連発の北朝鮮 Jアラート精度向上と「反撃能力」保有を急げ!|和田政宗

ミサイル連発の北朝鮮 Jアラート精度向上と「反撃能力」保有を急げ!|和田政宗

10月に続いて2度目の「Jアラート」が発出されたが、「遅い!」「不正確!」などの批判が殺到している――。なかには「毎回Jアラート出して騒ぎすぎるべきなのか」という意見も。Jアラートの改善点と、北朝鮮にミサイルを撃たせないために必要な軍事力を和田政宗議員が緊急提言!


本質論から外れている「Jアラート」批判だが

北朝鮮が弾道ミサイルを連発している。11月3日朝には北朝鮮のミサイル発射を受け、Jアラートで国民保護情報(ミサイル発射)が発表された。

このミサイルは結局、日本海上空で消失したとみられ日本列島を越えなかったことから、Jアラートの精度についてニュースやワイドショーで取り上げられたが、これは本質論からは外れている。しかし、北朝鮮のミサイル開発がどの程度進んでいるのかを国民が把握する上では、このように細かく取り上げられることで理解は進むのだと思う。

今回、最終的にJアラートの情報を訂正することになった弾道ミサイルについては、現在、防衛省において検証が進んでいる。当該ミサイルは、ICBM(大陸間弾道ミサイル)で、2段目の切り離しに失敗し、弾頭を含む2段目以降が予定の軌道通り飛べば日本列島を越えて太平洋に到達していたものが、途中で爆発するなどして消失したとみられている。

結局、日本列島を越えていないのに不正確ではないか、という論については、私はそれはあたらないと考えている。今回のようにミサイル発射が失敗すれば、2段目以降が日本列島に落下する可能性もあるわけで、今回のような事案でJアラートで国民に警戒を呼びかけることは、全く問題ないと考える。

一方、発表が遅れたことについては、しっかり検証しなくてはならない。7時50分に北朝鮮からミサイルが発射されたとのJアラートが出されたが、その後、8時の2回目のJアラートでは、7時48分にすでに日本上空を通過したとみられると発表された。

実際には消失したため日本列島は通過していなかったわけだが、ミサイル分離が失敗していなければ、1回目のJアラートより先に北朝鮮のミサイルは日本列島を通過していたことになる。ミサイルが消失したためJアラートを出すか判断に迷って時間がかかったという報道がある。

だが、私が得ている情報では、弾道ミサイルとみられるものが発射されたとの情報はJアラートの発表より数分早く防衛省から関係各所に通報されており、日本列島を通過するかの軌道計算もそれほど時間はかからないわけで、判断と連絡、発表をいかに迅速に行うかの改善をしなくてはならない。

(写真は10月10日配信の朝鮮中央通信)

正確ではない『モーニングショー』の報道

具体的には、ミサイル探知→防衛省→内閣官房(Jアラート発表を判断)→総務省消防庁→自治体→防災無線という流れをいかに早くしていくか。内閣官房が速やかに発表を判断できる体制とシステムのなお一層の改善が必要である。

なお、本日8日のテレビ朝日『モーニングショー』で、Jアラートが防災無線や携帯電話から通知されるまでの時間について、防衛省から内閣官房、消防庁に伝えられ、地方自治体や携帯電話会社に届くまで「6~7分かかる」と放送されたが、実際は内閣官房が判断してから自治体や携帯電話会社に到達するまで最長でも35秒(総務省の見解)であり、正確ではない。

しかし、北朝鮮が日本を狙った時や今回のようにミサイル発射が途中で失敗した時は日本に着弾する可能性があり、発表は一刻を争う。発表までの時間の更なる短縮を図る必要がある。

そして、今回のJアラート発表時に私は仙台の自宅にいたが、携帯電話にはJアラートが通知されたが、防災無線は鳴らなかった。なぜかと思い調べてみると、仙台市には沿岸部を除いて防災無線そのものが無いということが分かった。

すなわち、携帯電話を持たずに外出した場合、ミサイルに関するJアラートが発表されても、何も分からないまま回避行動も取れず外で過ごすことになるのである。さらに調べると、仙台市以外でも街なかに防災無線が無い市が多くあることが分かった。

国民を守るため1秒でも早くJアラートの内容を伝えないとならないのに、そもそも全ての国民に伝わる形になっていないのはまずい。国において指針を示し、自治体全てで整備できるよう、国費の投入も考えるべきである。

関連する投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)