ウクライナは「ホロドモール」を忘れない!|小笠原理恵

ウクライナは「ホロドモール」を忘れない!|小笠原理恵

ある者は「政治的妥結!」と叫び、ある者は「プーチンが停戦だと呼び掛けたのだから乗るのが筋だ」と叫ぶ。ウクライナが妥協すれば、平和な社会が戻ってくると本気で思っているのだろうか。約束を守らないのがロシアであり、ロシアの残虐性をウクライナは誰よりも知っている――。


ウクライナはなぜ停戦に応じないのか

ロシアのウラジミール・プーチン大統領は9月30日、ウクライナの東部ルハンスク、ドネツク、南部ザポリッジャ、ヘルソンの4州の住民投票賛成結果を理由にロシアへの併合を宣言、停戦交渉に応じるように呼び掛けた。西側諸国からは「偽の住民投票」と非難されている。なぜなら、軍事的占領地域で行う投票は国際法上認められていないからだ。

このプーチン大統領の停戦交渉の呼びかけに、日本維新の会の鈴木宗男参院議員が10月5日、「プーチン大統領が停戦だと呼び掛けたのだから乗るのが筋だ」と駐日ロシア大使の講演会で語った。さらに、「ミサイルを含め極めて攻撃的な武器を米国が供与するから戦争が長引く」とも述べ、欧米諸国の武器供与停止も訴えた。

これが大きな波紋となっている。鈴木宗男氏の胸中では、ウクライナが停戦を受け入れれば、一発の砲弾も飛ぶことはなくなり市民が命を脅かされることなく、安心して暮らせるようになると思い描いているのだろう。

しかし、戦時下の国家間で交わされる言葉を、額面通りにとらえるのは短絡的で危険だ。鈴木宗男氏の発言は、ロシアとウクライナ間の壮絶な歴史や現状を知らない発言だと感じさせられる。

最新鋭の武器供与でウクライナはロシアに占領された地域を再び奪還しはじめた。なぜ、ウクライナは他国から武器供与を受けてまで圧倒的な国力をもつロシアと必死に戦い、停戦交渉に応じないのか。停戦に合意すれば占領下の地域を含め、ウクライナ国民が凄惨な目に合うと危惧しているのだ。

ロシアは3月にマリウポリで民間人の避難用の「人道回廊」設置のための一時停戦に合意した。市民が避難する5日間は攻撃しないと約束したのにもかかわらず、ロシアは停戦を順守せず攻撃を続けた。すぐに市民達にはシェルターに戻るように指示されたという。

だまし討ちというしかない。国連を通じて合意した停戦をロシアは何度も裏切った。ウクライナがロシアの停戦の意思を信じるはずがない。その上、両国間にはソ連時代に飢餓で多くの人命を失ったホロドモールという歴史がある。この壮絶な歴史をウクライナは忘れない。

隠され続けたソ連による「ジェノサイド」

ウクライナは穀倉地帯だが、ロシア革命によって地主階級は消滅し、土地は国有化された。ソ連の五か年計画で集団農場による農業の集団化や富農撲滅運動でこれまでの生産体制は崩壊した。ソ連に逆らう反政府活動家は、次々に強制収容所に収容された。

1986年にイギリスの歴史学者ロバート・コンクエストは、1932~33年のウクライナにおける飢饉の死者数は500万人と推計した。さらに、1930年から37年にかけての農民の総死者数は1100万人。

飢餓で苦しむ農民は反政府活動をはじめ、強制収容所に送られてこちらでも多数の死者を出した。1930年から37年にかけて逮捕され強制収容所での死者数は350万人で、その間の死者は合計1450万人であった。

穀物は徴発され、ノルマを達成しない農民は弾圧や処罰をうけた。富農と認定されたウクライナ農民はソ連政府により強制移住で家畜や農地を奪われ、少ない家族用の食料や種子に至るまで強制的に収奪された結果、大規模な飢饉が発生したのだ。

明日を生きる食料まで奪われた人々はペットや道端の雑草、木の皮を食べ、病死した馬や死体を掘り起こして食べるしかなかった。さらに、チフスも蔓延し始め極限状態となったウクライナでは、子供を殺して食べるようなカニバリズム(食人)もおきたという。

このソ連による非人道的な政策から起きた大飢饉をウクライナ語でホロドモールという。ホロドモールを検索すると、当時の凄惨な写真や記事が数多く出てくる。

ホロドモールは飢えと殺害、絶滅、抹殺、疫病を意味する合成語で飢饉による殺害を意味する。このホロドモールを題材にした映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』が2020年に公開されたが、この映画の主人公である実在したイギリス人ジャーナリスト、ガレス・ジョーンズはこのスクープを全世界に発表した後、何者かに誘拐され非業の死を遂げている。

当時、世界恐慌により資本主義国家が不況に苦しむ中、モスクワは世界でも有数の豊かな都市として知られていた。しかし、その裏で行われていた虐殺、ホロドモールについては、ガレス・ジョーンズが世界に発表するまで隠され続けていた。

関連する投稿


防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

12月7日、「防衛費増額の財源 一部は増税で 与党幹部が合意」(TBS)との速報が流れたが、安倍元総理が提唱していた「防衛国債」の発行の話はどこに行ってしまったのか。そもそも防衛費の増額がなぜ必要なのか。自民党の和田政宗議員が緊急提言!


「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

中国でゼロコロナ政策に対する抗議デモが拡大するなか、闘病中だった江沢民・元国家主席が亡くなった。独裁体制が盤石となった習近平国家主席は、毛沢東も成し遂げられなかった台湾統一に向けた動きを着々と進めている――。


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


最新の投稿


防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

12月7日、「防衛費増額の財源 一部は増税で 与党幹部が合意」(TBS)との速報が流れたが、安倍元総理が提唱していた「防衛国債」の発行の話はどこに行ってしまったのか。そもそも防衛費の増額がなぜ必要なのか。自民党の和田政宗議員が緊急提言!


「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

中国でゼロコロナ政策に対する抗議デモが拡大するなか、闘病中だった江沢民・元国家主席が亡くなった。独裁体制が盤石となった習近平国家主席は、毛沢東も成し遂げられなかった台湾統一に向けた動きを着々と進めている――。


【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。