ウクライナは「ホロドモール」を忘れない!|小笠原理恵

ウクライナは「ホロドモール」を忘れない!|小笠原理恵

ある者は「政治的妥結!」と叫び、ある者は「プーチンが停戦だと呼び掛けたのだから乗るのが筋だ」と叫ぶ。ウクライナが妥協すれば、平和な社会が戻ってくると本気で思っているのだろうか。約束を守らないのがロシアであり、ロシアの残虐性をウクライナは誰よりも知っている――。


ウクライナはなぜ停戦に応じないのか

ロシアのウラジミール・プーチン大統領は9月30日、ウクライナの東部ルハンスク、ドネツク、南部ザポリッジャ、ヘルソンの4州の住民投票賛成結果を理由にロシアへの併合を宣言、停戦交渉に応じるように呼び掛けた。西側諸国からは「偽の住民投票」と非難されている。なぜなら、軍事的占領地域で行う投票は国際法上認められていないからだ。

このプーチン大統領の停戦交渉の呼びかけに、日本維新の会の鈴木宗男参院議員が10月5日、「プーチン大統領が停戦だと呼び掛けたのだから乗るのが筋だ」と駐日ロシア大使の講演会で語った。さらに、「ミサイルを含め極めて攻撃的な武器を米国が供与するから戦争が長引く」とも述べ、欧米諸国の武器供与停止も訴えた。

これが大きな波紋となっている。鈴木宗男氏の胸中では、ウクライナが停戦を受け入れれば、一発の砲弾も飛ぶことはなくなり市民が命を脅かされることなく、安心して暮らせるようになると思い描いているのだろう。

しかし、戦時下の国家間で交わされる言葉を、額面通りにとらえるのは短絡的で危険だ。鈴木宗男氏の発言は、ロシアとウクライナ間の壮絶な歴史や現状を知らない発言だと感じさせられる。

最新鋭の武器供与でウクライナはロシアに占領された地域を再び奪還しはじめた。なぜ、ウクライナは他国から武器供与を受けてまで圧倒的な国力をもつロシアと必死に戦い、停戦交渉に応じないのか。停戦に合意すれば占領下の地域を含め、ウクライナ国民が凄惨な目に合うと危惧しているのだ。

ロシアは3月にマリウポリで民間人の避難用の「人道回廊」設置のための一時停戦に合意した。市民が避難する5日間は攻撃しないと約束したのにもかかわらず、ロシアは停戦を順守せず攻撃を続けた。すぐに市民達にはシェルターに戻るように指示されたという。

だまし討ちというしかない。国連を通じて合意した停戦をロシアは何度も裏切った。ウクライナがロシアの停戦の意思を信じるはずがない。その上、両国間にはソ連時代に飢餓で多くの人命を失ったホロドモールという歴史がある。この壮絶な歴史をウクライナは忘れない。

隠され続けたソ連による「ジェノサイド」

ウクライナは穀倉地帯だが、ロシア革命によって地主階級は消滅し、土地は国有化された。ソ連の五か年計画で集団農場による農業の集団化や富農撲滅運動でこれまでの生産体制は崩壊した。ソ連に逆らう反政府活動家は、次々に強制収容所に収容された。

1986年にイギリスの歴史学者ロバート・コンクエストは、1932~33年のウクライナにおける飢饉の死者数は500万人と推計した。さらに、1930年から37年にかけての農民の総死者数は1100万人。

飢餓で苦しむ農民は反政府活動をはじめ、強制収容所に送られてこちらでも多数の死者を出した。1930年から37年にかけて逮捕され強制収容所での死者数は350万人で、その間の死者は合計1450万人であった。

穀物は徴発され、ノルマを達成しない農民は弾圧や処罰をうけた。富農と認定されたウクライナ農民はソ連政府により強制移住で家畜や農地を奪われ、少ない家族用の食料や種子に至るまで強制的に収奪された結果、大規模な飢饉が発生したのだ。

明日を生きる食料まで奪われた人々はペットや道端の雑草、木の皮を食べ、病死した馬や死体を掘り起こして食べるしかなかった。さらに、チフスも蔓延し始め極限状態となったウクライナでは、子供を殺して食べるようなカニバリズム(食人)もおきたという。

このソ連による非人道的な政策から起きた大飢饉をウクライナ語でホロドモールという。ホロドモールを検索すると、当時の凄惨な写真や記事が数多く出てくる。

ホロドモールは飢えと殺害、絶滅、抹殺、疫病を意味する合成語で飢饉による殺害を意味する。このホロドモールを題材にした映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』が2020年に公開されたが、この映画の主人公である実在したイギリス人ジャーナリスト、ガレス・ジョーンズはこのスクープを全世界に発表した後、何者かに誘拐され非業の死を遂げている。

当時、世界恐慌により資本主義国家が不況に苦しむ中、モスクワは世界でも有数の豊かな都市として知られていた。しかし、その裏で行われていた虐殺、ホロドモールについては、ガレス・ジョーンズが世界に発表するまで隠され続けていた。

関連する投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

「トランプ大統領」阻止に死に物狂い、米民主党のウルトラC【ほぼトラ通信】|石井陽子

今度のアメリカ大統領選挙は単なる「トランプvsバイデン」の単純な構図ではない!「操り人形」「トロイの木馬」「毒蛇」――トランプの対抗馬と目されるニッキーヘイリーはなぜ共和党内からこう批判されるのか。日本では報じられない米大統領選の深層!


「派閥全廃」は党改革の出発点に過ぎない!|和田政宗

「派閥全廃」は党改革の出発点に過ぎない!|和田政宗

派閥全廃とその先の根本的な党改革を構築するため、「政治(まつりごと)変革会議」を今月22日に結成した。党変革、政治変革が中途半端に終われば、自民党は国民の信を失い、下野し、将来消滅する――。(サムネイルは自民党HPより)


「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

「24時間」働けますか? 自衛隊の過酷な労働環境|小笠原理恵

自衛隊に入隊する多くの人は、誰かの役に立ちたい、家族や国民の命を守りたいという思いをもっている。しかし自衛隊は隊員を大切にしない。入隊時には説明されていなかった無数の職務が課され、休養を取る時間すらないのが現実だ。(サムネイルは「防衛省統合幕僚監部」のXより)


派閥を全廃し、自民党は解体的出直しを!|和田政宗

派閥を全廃し、自民党は解体的出直しを!|和田政宗

平成元年(1989年)に党として国民に実現を約束した「政治改革大綱」には、「われわれは、派閥解消を決意」と明記されている。35年前に国民とした約束を果たしていないこを、私を含む党所属の全国会議員は猛省すべきだ。


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった