石原慎太郎氏の功績と第三極のジレンマ|和田政宗

石原慎太郎氏の功績と第三極のジレンマ|和田政宗

石原慎太郎先生が携わった「たちあがれ日本」結党からの流れは、その後の第三極の本格化に大いに寄与した。今回は、私もかつて所属していた第三極のこれまでの流れ、強みと弱みを分析したい。第三極が勢力をさらに拡大するのか、それともしぼんでしまうのか、第三極にとって今回の参院選は大きな岐路となる。


第三極の本格化に大いに寄与した石原氏

先週、石原慎太郎先生のお別れの会があり、献花して手を合わせ、哀悼の誠を捧げてきた。私は石原先生に参議院議員となってからご指導いただき、石原先生が引退した際の所属政党・次世代の党は、その後、平沼赳夫党首のもと、私も政調会長、幹事長を務めさせていただいた。お別れの会に参列し、石原慎太郎先生の精神を私もしっかりと受け継いでいきたいと改めて決意した。

石原先生の功績は国会議員として東京都知事として絶大なるものがあるが、石原先生が携わった「たちあがれ日本」結党からの流れは、その後の第三極の本格化に大いに寄与した。今回は、私もかつて所属していた第三極のこれまでの流れ、強みと弱みを分析したい。

石原慎太郎先生による「たちあがれ日本」結党の精神は、自民党より確固たる保守政党を作ることであった。結党直後の平成22(2010)年の参院選では、保守新党を切望する方々の支持を集め、123万票あまりを獲得し参議院において新たに1議席を確保した。

その後、太陽の党への党名変更を経て、「改革」を前面に掲げる日本維新の会と合流。平成24(2012)年の衆院選では一大ブームを巻き起こし、民主党政権を打倒。54議席を獲得して国政第3党となった。

たちあがれ日本結党の1年前、平成21(2009)年には、渡辺喜美衆院議員が、みんなの党を結党した。みんなの党は現在の第三極の草分け的存在で、規制改革、金融緩和等の金融政策などによる経済成長の促進を訴えた。後のアベノミクスを先取りする考えで、平成22(2010)年の参院選では11議席を獲得、平成24(2012)年の衆院選でも18議席を獲得した。

私もこの考えに共鳴し、私が東日本大震災からの復興を訴え立候補したのもみんなの党からだった。平成25(2013)年の参院選でも私の当選を含め8議席を獲得したが、当時から渡辺喜美氏と江田憲司氏の路線対立があり、結局、江田氏などが離党し、江田氏らは結いの党を結成。その後も執行部の迷走などから、平成26(2014)年にみんなの党は解党となってしまった。

解党の際には、様々な方から「政策は期待できるのに」と残念がられた。与野党にみんなの党にかつて所属していた議員がいるが、現在も規制改革、減税、金融緩和等を前面に打ち出したみんなの党の精神を受け継いでいる方はどれだけいるだろうか。

第三極が議席を減らしたのはなぜか

Getty logo

平成26(2014)年、日本維新の会は分党。政策のなかに左派色のある結いの党と日本維新の会が合流を目指すなかで、維新のなかの石原先生をはじめとする保守派は、結いの党とは同じ党で仕事はできないと、石原先生、平沼赳夫先生らは次世代の党を結成した。まさに「たちあがれ日本」の精神に立ち返った党であった。

待ちに待った保守新党の再びの誕生であり、私はみんなの党解党後、次世代の党に入党した。しかし、平成26(2014)年末の衆院選で大敗。石原慎太郎先生も引退された。その後、私は政調会長、幹事長として党のかじ取りを担うこととなる。

当時の維新の党をはじめ、第三極が議席を減らしたのはなぜか。それはブームが過ぎ去り、地道な支持拡大活動が不足していた議員や候補が議席を得られなかったからと言える。ブームの際は駅頭などで党ののぼりを掲げ街頭演説をしていれば当選するような状態であった。

しかしブームが終われば、結局地道な活動からの得票となる。そして、地道な活動をした方であっても初当選から2年ではなかなか地盤の構築も難しかった。

これは今の自民党が気を付けなくてはならないことで、第二次安倍政権以降の国政選挙はほぼすべて追い風である。自民党各議員各候補が、第三極的活動になっていないか、しっかりと気を引き締めなくてはならない。

関連する投稿


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】


政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

政治家の発言を打ち切ったテレビ朝日の暴挙|和田政宗

NHK党の立花孝志党首の発言の多くは全く賛同できるものではないと考えているが、番組キャスターが「認める、認めない」と判断することではない。もし政治家がテーマから逸脱した発言を行ったとしたならば、その政治家や党のモラルは選挙で国民に判断されるからだ。選挙のたびに行われる、大手メディアによる世論誘導を許してはならない!


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!