石原慎太郎氏の功績と第三極のジレンマ|和田政宗

石原慎太郎氏の功績と第三極のジレンマ|和田政宗

石原慎太郎先生が携わった「たちあがれ日本」結党からの流れは、その後の第三極の本格化に大いに寄与した。今回は、私もかつて所属していた第三極のこれまでの流れ、強みと弱みを分析したい。第三極が勢力をさらに拡大するのか、それともしぼんでしまうのか、第三極にとって今回の参院選は大きな岐路となる。


第三極の本格化に大いに寄与した石原氏

先週、石原慎太郎先生のお別れの会があり、献花して手を合わせ、哀悼の誠を捧げてきた。私は石原先生に参議院議員となってからご指導いただき、石原先生が引退した際の所属政党・次世代の党は、その後、平沼赳夫党首のもと、私も政調会長、幹事長を務めさせていただいた。お別れの会に参列し、石原慎太郎先生の精神を私もしっかりと受け継いでいきたいと改めて決意した。

石原先生の功績は国会議員として東京都知事として絶大なるものがあるが、石原先生が携わった「たちあがれ日本」結党からの流れは、その後の第三極の本格化に大いに寄与した。今回は、私もかつて所属していた第三極のこれまでの流れ、強みと弱みを分析したい。

石原慎太郎先生による「たちあがれ日本」結党の精神は、自民党より確固たる保守政党を作ることであった。結党直後の平成22(2010)年の参院選では、保守新党を切望する方々の支持を集め、123万票あまりを獲得し参議院において新たに1議席を確保した。

その後、太陽の党への党名変更を経て、「改革」を前面に掲げる日本維新の会と合流。平成24(2012)年の衆院選では一大ブームを巻き起こし、民主党政権を打倒。54議席を獲得して国政第3党となった。

たちあがれ日本結党の1年前、平成21(2009)年には、渡辺喜美衆院議員が、みんなの党を結党した。みんなの党は現在の第三極の草分け的存在で、規制改革、金融緩和等の金融政策などによる経済成長の促進を訴えた。後のアベノミクスを先取りする考えで、平成22(2010)年の参院選では11議席を獲得、平成24(2012)年の衆院選でも18議席を獲得した。

私もこの考えに共鳴し、私が東日本大震災からの復興を訴え立候補したのもみんなの党からだった。平成25(2013)年の参院選でも私の当選を含め8議席を獲得したが、当時から渡辺喜美氏と江田憲司氏の路線対立があり、結局、江田氏などが離党し、江田氏らは結いの党を結成。その後も執行部の迷走などから、平成26(2014)年にみんなの党は解党となってしまった。

解党の際には、様々な方から「政策は期待できるのに」と残念がられた。与野党にみんなの党にかつて所属していた議員がいるが、現在も規制改革、減税、金融緩和等を前面に打ち出したみんなの党の精神を受け継いでいる方はどれだけいるだろうか。

第三極が議席を減らしたのはなぜか

Getty logo

平成26(2014)年、日本維新の会は分党。政策のなかに左派色のある結いの党と日本維新の会が合流を目指すなかで、維新のなかの石原先生をはじめとする保守派は、結いの党とは同じ党で仕事はできないと、石原先生、平沼赳夫先生らは次世代の党を結成した。まさに「たちあがれ日本」の精神に立ち返った党であった。

待ちに待った保守新党の再びの誕生であり、私はみんなの党解党後、次世代の党に入党した。しかし、平成26(2014)年末の衆院選で大敗。石原慎太郎先生も引退された。その後、私は政調会長、幹事長として党のかじ取りを担うこととなる。

当時の維新の党をはじめ、第三極が議席を減らしたのはなぜか。それはブームが過ぎ去り、地道な支持拡大活動が不足していた議員や候補が議席を得られなかったからと言える。ブームの際は駅頭などで党ののぼりを掲げ街頭演説をしていれば当選するような状態であった。

しかしブームが終われば、結局地道な活動からの得票となる。そして、地道な活動をした方であっても初当選から2年ではなかなか地盤の構築も難しかった。

これは今の自民党が気を付けなくてはならないことで、第二次安倍政権以降の国政選挙はほぼすべて追い風である。自民党各議員各候補が、第三極的活動になっていないか、しっかりと気を引き締めなくてはならない。

関連する投稿


安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

本日は安倍晋三元総理の命日。安倍元総理が凶弾に倒れてから2年を迎えた。改めてご冥福をお祈りするとともに、非道な暗殺を満身の怒りをもって非難する。


辺野古の反基地運動には極左暴力集団が入り込んでいる|和田政宗

辺野古の反基地運動には極左暴力集団が入り込んでいる|和田政宗

6月28日の午前10時過ぎ沖縄県名護市安和で、辺野古の反基地運動により警備員に死者が出てしまった。反基地運動の活動家たちは、これまでも走行しようとするダンプカーの下に入り込むなど危険な行為を繰り返していた。そして、今回、それを制止しようとした警備員が亡くなったのである――。


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。


最新の投稿


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

本日は安倍晋三元総理の命日。安倍元総理が凶弾に倒れてから2年を迎えた。改めてご冥福をお祈りするとともに、非道な暗殺を満身の怒りをもって非難する。


【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

すぐ隣の国でこれほどの非道が今もなお行なわれているのに、なぜ日本のメディアは全く報じず、政府・外務省も沈黙を貫くのか。公約を簡単に反故にした岸田総理に問う!