【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


ただし、自衛官の任務の根幹である「国防」という点に対しては強い「自負心」があるのも事実です。

さらりと書かれてはいるが、「国防」という「超」のつく特殊な任務が根幹にある以上、「あまたある他の就職先とそうは変わらない選択肢の一つ」とは言い切れないはずではないか、という疑問は当然、生じてくる。

ここに強烈な一撃を加えるのが、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)だ。副題は〈奇形の軍民関係を正す〉。

元自衛官である小幡氏は、自衛隊を愛そうとし、個々の自衛官を愛してもいるが、そこに「自立・自律の気概」が決定的に欠けていることを強い危機感をもって指摘する。しかも日本全体から気概が失われているからこそ、自衛隊も畢竟そうならざるを得ないというのだ。

確かに自衛隊に対する好感度は上がったが、あくまでも「災害派遣や感染症対応で私たちを助けてくれるお兄さん・お姉さん」としての存在、つまり〈困ったときの便利屋集団〉としての自衛隊でしかないのではないか、と小幡氏は喝破する。

彼らが「命がけ」であることは、国民もなんとなく分かってはいる。しかしそれはイメージでしかなく、まさに「国防」のために敵との戦闘行為で相手を殺し、時に殺される姿や覚悟に対する信頼ではない。

ましてや、一旦ことが起きれば、自衛官を心から信頼し、国の趨勢、自分たちの行く末を預け、ともすれば一緒に戦いさえするというほどの深い信頼関係にはない。

国民の一部は今も「自衛隊が悪事をなすのでは」と疑い、大半は「便利屋」扱い。自衛隊側も「いざとなれば国民は自分たちを信頼してはくれないのではないか」「旧軍がそうだったように、戦後、石を投げられる存在になるのでは」と疑う疑心暗鬼の関係にある。

国民から志願した人々が自衛隊に入っているにもかかわらず、だ。軍民関係において、こんなに不幸なことはない。しかも憲法がそれを後押しする。副題の「奇形」とは、まさにそのことを指す。

そんなことはないのでは、と思うかもしれない。だが、小幡氏が現役時代に接した米軍関係者たちの「一点の曇りもない軍と民の信頼関係」を示す言葉に接すれば、おのずと日本の歪みを直視せざるを得ない。

米国人にとって兵隊は何よりも尊く、その地位は大統領や議会よりも高い。

私は合衆国の若い兵隊たちを百パーセント信頼している。当たり前のことじゃないか。彼らは合衆国のために自らの命をも危険にさらすんだぞ。

「愛国」としての「反日」~奇形の軍民関係を正す~

関連する投稿


台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

台湾をリムパックに招かないのは遺憾だ|太田文雄

3月末にバイデン政権が公表した「国家防衛戦略」のファクトシート(概要説明文)は「中国に対する抑止強化」をうたっている。リムパックへ台湾を招かなかったことは、これに沿った措置とは到底思えない。


【読書亡羊】「メディアが報じない真実」より大事な「プロの仕事」 増田雅之編著『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)

【読書亡羊】「メディアが報じない真実」より大事な「プロの仕事」 増田雅之編著『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】「笑顔が多い政治家はこの人!」「『日曜討論』はガチ」木下健、オフェル・フェルドマン『政治家のレトリック』(勁草書房)

【読書亡羊】「笑顔が多い政治家はこの人!」「『日曜討論』はガチ」木下健、オフェル・フェルドマン『政治家のレトリック』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

大田實海軍中将は自決する直前、海軍次官に宛てた最期の電文を発出。「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」。後世の政治家は、この言葉にしっかり応えているのだろうか。思い切った振興政策を行わなければ、こうした状況は改善できない。そこで提唱しているのが、沖縄県を「相続税無税特区」にすることである――。


最新の投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】


【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

『にゃんこ四字熟語辞典』が大ヒット。それを踏まえて、新しい「にゃんこ」企画をスタートいたします!