原発を再稼働させれば電力危機は起きない|奈良林直

原発を再稼働させれば電力危機は起きない|奈良林直

私たちは停電の危険と隣り合わせである。電力需給の逼迫が日常茶飯事になりかねない状況下では、太陽光発電の不安定を吸収するためにも、柏崎刈羽原発の早期再稼働が必要だ。


2011年3月の東京電力福島第一原発事故以降、我が国は太陽光発電を中心とする再生可能エネルギー優先政策を推進してきた。しかし、太陽光や風力発電は変動電源と呼ばれ、出力低下を補うために火力発電所が需給調整をしている。これでは、二酸化炭素の排出を効果的に減らすことはできないし、需給調整がうまくいかないと大停電を引き起こしかねない。3月21~23日、政府が東京電力管内などに「電力需給逼ひっ迫警報」を出したのは、私たちが大停電の危険と隣り合わせであることを思い起こさせた。

火力発電所が地震で損傷

東京電力管内のピーク電力供給力は4500万キロワット(kW)だ。液化天然ガスや石炭火力発電所、水力発電所も含まれるが、何といっても大きいのが総出力1777万kW(電力シェア39%)の太陽光発電である。ちなみに本稿を執筆した3月26日は晴天に恵まれ、1400万kWもの電力を供給した。100万kWの原発14基分である。

福島第一原発事故の前、東京電力は17基の原発を所有していた。事故の時、首都圏が大停電を起こさず、輪番停電でしのげたのは、新潟県の東京電力柏崎刈羽原発から首都圏へ電力が供給されたからである。1777万kWの太陽光発電は曇天でわずか170万kW以下に低下し、早朝と夜間はゼロになる。予備電源として、電力の余裕時にダムに水を汲み上げ、需給逼迫時にその水で発電する揚水発電所もあるが、ダムの水は1日で空になるため、火力発電所が電気を供給しなければ停電になる。

その火力発電所が3月16日、福島県沖を震源とするマグニチュード7.4の地震で被害を受けた。同県の相馬共同火力発電の新地発電所1号機(100万kW)はボイラーと石炭荷揚げ設備の損傷で運転不能になった。東北電力の原町火力発電所(100万kWが2基)も運転停止、株式会社JERAの広野火力発電所6号機(60万kW)も変圧器からの油漏れで早期の運転再開が困難になった。これらの発電所は東京電力管内に電力を供給している。ざっと360万kWが喪失し、都内各地で当日、自動停電が発生した。

寒波で「需給逼迫警報」発令

これら火力発電所の運転停止が続く中で、3月22日に東日本で降雪を伴う寒波の襲来が予想された。そのため経済産業省が初の電力需給逼迫警報を発令し、節電を呼び掛けた。同日、東京電力管内の電力使用量は明け方からどんどん上昇し、供給力の105%まで増加。他電力会社から融通を受けた。午前11時の段階で揚水発電所のダムの貯水率は79%に低下、午後10時には空になる予測であったが、節電で何とか乗り切った。

電力需給の逼迫が日常茶飯事になりかねない状況下では、太陽光発電の不安定を吸収するためにも、柏崎刈羽原発の早期再稼働が必要だ。7基で825万kWの世界最大の原子力発電所である。6、7号機は地下に大きな要塞が建設され、非常電源、注水設備、安全停止用の制御盤、放射性物質を濾こし取るフィルターベントも設置され、航空機テロにも自然災害にも強くなった。既に再稼働した西日本の原発も同じ強靭化対策が施されている。(2022.03.28国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


役に立たない日本学術会議は要らない|奈良林直

役に立たない日本学術会議は要らない|奈良林直

新会長に選ばれた光石衛(まもる)・東京大学名誉教授(機械工学)は、菅義偉前首相が任命を拒否した6人について「改めて任命を求めていく」と語っており、左翼イデオロギーによる学術会議支配が今も続いていることが分かる。


「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

「汚染魚食べろ」「人が住めない土地」「Fukushima Water」日本共産党の風評加害は組織的に行われていた|松崎いたる

日本共産党の度重なる風評加害の源泉は志位委員長による公式発言にあった!共産党が組織的に福島を貶め続ける理由は何か?『日本共産党 暗黒の百年史』の著者、松崎いたる氏による「ここが変だよ共産党」第8弾!


ウクライナのダム決壊と原発の危機|奈良林直

ウクライナのダム決壊と原発の危機|奈良林直

ロシアは、ウクライナの火力発電所、送電鉄塔や送電線、水力発電のための巨大ダムを破壊し尽そうとしている。原発への電力供給が途絶えると、外部電源喪失となり、冷却水を送るポンプが停止する。潜在的にメルトダウン(炉心溶融)の危険がある。


原子力規制委の抜本的改革が必須|奈良林直

原子力規制委の抜本的改革が必須|奈良林直

柏崎刈羽原発で東電の社長を厳しく追及し、社員のやる気をなくさせているのが現在の原子力規制委の山中伸介委員長。電力事業者の取り組みがうまくいかないのは、規制委の采配が下手だからだ。我が国でも米国のように、規制委の抜本的改革が必要である。


中台平和統一も日本の一大事|織田邦男

中台平和統一も日本の一大事|織田邦男

欧州にとって「台湾有事」は所詮「対岸の火事」という本音が透けて見える。そして習近平は明確に台湾への「一国二制度」適用をやめ、統一後の人民解放軍進駐を決めた。


最新の投稿


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

本日は安倍晋三元総理の命日。安倍元総理が凶弾に倒れてから2年を迎えた。改めてご冥福をお祈りするとともに、非道な暗殺を満身の怒りをもって非難する。


【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

すぐ隣の国でこれほどの非道が今もなお行なわれているのに、なぜ日本のメディアは全く報じず、政府・外務省も沈黙を貫くのか。公約を簡単に反故にした岸田総理に問う!