【読書亡羊】ウクライナ侵攻を正当化するロシアの世界観とは? 小泉悠『「帝国」ロシアの地政学―「勢力圏」で読むユーラシア戦略』ラリー・ダイヤモンド『侵食される民主主義』

【読書亡羊】ウクライナ侵攻を正当化するロシアの世界観とは? 小泉悠『「帝国」ロシアの地政学―「勢力圏」で読むユーラシア戦略』ラリー・ダイヤモンド『侵食される民主主義』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


プーチンは織田信長のような人物?

「プーチンという人物は、日本で言えば織田信長みたいな存在だと思うと理解しやすい」

ある時、政府関係者からこんな人物評を聞いた。

信長と言えば日本で最も人気のある歴史上の人物で、「上司にしたい歴史上の人物ランキング」でも常に上位に入る。強烈なリーダーシップと革新的な発想で天下を治めた風雲児というイメージを持つ人も多かろう。

なるほど指導力という点でプーチンと重なるところがないではなさそうだが、政府関係者の真意を測りかねた。

ここへきてウクライナ危機は極まり、プーチンは親ロシア派武装勢力を独立国家として承認。2014年のクリミア侵攻時にウクライナとの間で締結されたミンスク合意(停戦合意)も破棄。ウクライナへの侵攻を開始した。

プーチン、ロシアは一体、どのような思想から、こうした行動に及ぶのか。

こうした疑問を少しでも解消すべく、小泉悠『「帝国」ロシアの地政学―「勢力圏」で読むユーラシア戦略』(東京堂出版)を手に取った。2019年刊の本だが、「今読むべき本」なのでお許しいただきたい。

本書を改めて読んだところ、冒頭の政府関係者の発言に「なるほど、そういうことか」と得心が行ったのである。

「帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略

「小国に主権なし」

『「帝国」ロシアの地政学』は、ロシアが考える国家や領土の概念について丁寧に紐解く。それは、戦後日本で生きてきた私たちの認識とは大きく異なる。

「ソ連崩壊は悲劇」であり、「数千万人の国民と同胞がロシアの領域外にいることになってしまった」というのが、プーチンの心情だ。

そうした同胞が住む旧ソ連領内において、ロシアは今も自身が何らかの影響力を及ぼすべき「勢力圏」であると考え、特にロシア系住民が住む地域に関しては「保護する責任(R2P)」を自身に都合よく解釈し、相手国に対する介入を、軍事的なものを含めて良しとしている。

しかもロシア的には「主権とは大国のみが持ちうるものであり、中小国は主権国家とはみなさない」のだという。プーチン曰く、ドイツですら軍事同盟がなければ成り立たない国家、つまり「主権国家ではない」というのだ。日米同盟に頼りきりの日本がロシアからどう見られているのか、悩むまでもない。

そうしたロシア的世界観においては、2014年のクリミア半島併合も、今回のウクライナ危機も「失地回復」でしかない。

2014年、当時のメルケル首相による、「(ロシアの行為は)19世紀や20世紀の手法を用いて違法に振舞っている」「法の力よりもジャングルの掟が、一国の地政学的な思想が、理解と協調よりも優先されている」との発言が本書に引用されている。

なるほど、と膝を打った。冒頭の「プーチン=織田信長」説の真意は、要するに「この21世紀の国際社会において、戦国時代の価値観で動いている人物」、しかも、21世紀の論理を知っていながら――ということなのだろう。

関連する投稿


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


日本人よ、雄々しく立ち上がれ|櫻井よしこ

日本人よ、雄々しく立ち上がれ|櫻井よしこ

わが国は現在も中国に国土売却を続けている。エネルギーの源である電力網にさえ中国資本の参加を許している。


【読書亡羊】ポリコレが生んだ「日本兵」再考の歴史観 サラ・コブナー著、白川貴子訳『帝国の虜囚――日本軍捕虜収容所の現実』(みすず書房)

【読書亡羊】ポリコレが生んだ「日本兵」再考の歴史観 サラ・コブナー著、白川貴子訳『帝国の虜囚――日本軍捕虜収容所の現実』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評! 今年もよろしくお願いいたします。


2022年、大いなる悲しみ 安倍元総理はもういない|和田政宗

2022年、大いなる悲しみ 安倍元総理はもういない|和田政宗

対中国、対ロシア、対国際社会、防衛費増額における財源問題、日銀総裁人事……安倍元総理が生きてくださっていれば、と思うことが多々ある。しかし、安倍元総理はもういない。今こそ我が国は戦後史観を転換し、アジアのみならず世界の平和を守るためのリーダーとなることを目指すべきだ。


北海道も危ない! 約束を守らない〝おそロシア〟|小笠原理恵

北海道も危ない! 約束を守らない〝おそロシア〟|小笠原理恵

「ロシアは北海道に対するすべての権利を持っている」。こう語ったのは、「公正なロシア」のセルゲイ・ミロノフ党首だ。ウクライナと同様にロシアと領土問題を抱える日本は、ロシアの脅威をも認識し、備えなければならない。


最新の投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作の「日本語版まえがき」を特別公開!


話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作から、中国による台湾攻撃のシミュレーションを一部公開!


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。