“オール沖縄”の敗北と“佐渡金山”深まる対立|和田政宗

“オール沖縄”の敗北と“佐渡金山”深まる対立|和田政宗

《政治家には言えないから僕が言うが、日本の有権者はかなり愚かだ》。昨年の衆院選の結果を受けての前川喜平氏のツイートだが、“オール沖縄”が敗北した名護市長選においても同様の考えなのだろうか。1月27日、前川氏は《佐渡金山についても明治産業遺産についても、まず負の歴史の存在を認めるのが「冷静な判断」だ》と投稿。事実でない「歴史の書き換え」や反日的イデオロギーに加担する勢力に屈することなく、日本は歴史的事実に基づき堂々と申請を行うべきだ。


極めて大きい名護市長選での勝利!

Getty logo

1月23日に行われた沖縄県名護市長選は、保守系無所属で自民・公明が推薦する現職の渡具知武豊さんが、“オール沖縄”系の候補を破り、再選を果たした。沖縄県知事選など重要な選挙が続く“選挙イヤー”の沖縄にあって、緒戦の勝利は極めて大きいものがある。

渡具知さんが評価されたのは、市長として4年間取り組んだ子育て支援策や、名護東道路の整備などの経済振興策である。前回の選挙より、革新系の相手候補との得票差を広げ、5000票差としたことからも、しっかりとした信任を得ての勝利である。

こうした子育て支援策や経済振興策への名護市民の期待は、出口調査からも明らかであるとともに、今回も前回と同様、現役世代と高齢層で保守系候補への支持と革新系候補への支持の違いが明白に出ており、世代間の考え方の違いがより顕在化してきた。

こうした世代間の支持傾向の違いは、沖縄県各地の選挙で同様の傾向を示しており、現役世代がしっかり投票所に足を運べば保守系候補が勝利し、足を運ばなければ保守系は敗れるという構図が出来上がってきている。

今回の選挙の期日前投票出口調査(沖縄テレビ調べ)によれば、50歳代以下では各年代いずれも渡具知さんへの投票が6割を超え、60代でも55%が投票。一方、70代では革新系候補への投票が61%と逆転し、80代以上では72%となっている。

これに加え出口調査の聞き取りでは、現役世代は経済政策や暮らしの向上などを重視し、高齢層はイデオロギーや基地問題を重視する傾向となっている。すなわち、経済や暮らしを重視するのか、イデオロギーなどを重視するのかで世代間の食い違いが出ているのである。

「対立や分断によっては何も生まれない」

前回4年前の市長選の出口調査では、50代以下は渡具知さん、60代以上は革新系候補となっていた。つまり、前回、今回とも各世代における投票行動はほぼ同様であったが、今回は60代においても渡具知さんへの投票が多くなった。

渡具知さんの4年間の施策を見て、60代においても、対立よりも国などと手を取り合って経済を成長させ所得を増やすことを重視したことが分かる。これは名護市長選と同日に行われた南城市長選でも同じであり、保守系無所属で自民・公明推薦の元市長、古謝景春さんが、“オール沖縄”系の現職を破り、当選した。

沖縄の方々にお話を聞くと、「対立や分断によっては何も生まれない」「経済を良くして沖縄から子供の貧困をなくして欲しい」という声が多い。また、「玉城デニー知事の新型コロナ対策は後手後手である」との批判も高まっている。

保守系がしっかりとした候補を立てることが出来れば、平成26(2014)年以来連敗が続いている沖縄県知事選においても勝利することが出来るはずだ。

前回の知事選は、保守系候補の政策を浸透させることが出来ず、台風の影響などもあり、現役世代が積極的に投票所に足を運ばなかったという状況がある。今年の知事選においては、保守系候補がいかに沖縄県民の暮らしや経済の向上のための政策を掲げ、国政などと連携し、その訴えを現役世代を中心に広げるかにかかっている。

沖縄県民のためにも絶対に県政を奪還しなくてはならない。そして、このように基地問題などのイデオロギーを乗り越え、真に地域の発展を願う方々が沖縄でも増えている一方、我が国全体を見渡したとき、いまだにイデオロギーにとらわれ、一方的な主張を支援する勢力もいる。

関連する投稿


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


ミサイル連発の北朝鮮 Jアラート精度向上と「反撃能力」保有を急げ!|和田政宗

ミサイル連発の北朝鮮 Jアラート精度向上と「反撃能力」保有を急げ!|和田政宗

10月に続いて2度目の「Jアラート」が発出されたが、「遅い!」「不正確!」などの批判が殺到している――。なかには「毎回Jアラート出して騒ぎすぎるべきなのか」という意見も。Jアラートの改善点と、北朝鮮にミサイルを撃たせないために必要な軍事力を和田政宗議員が緊急提言!


キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

世論が変われば憲法に定められた信教の自由、私有財産処分の自由などの枠組みがいとも簡単に崩れていく。多数派の日本人とはかなり異なる少数派の信仰を持つ私は、それを目撃して、その矛先がいつ私たちに向くかもしれないという恐怖を感じるのだ。


習近平が狙う「毛沢東越え」と国家による「臓器狩り」|和田政宗

習近平が狙う「毛沢東越え」と国家による「臓器狩り」|和田政宗

第20回中国共産党大会によって、習近平独裁は完全に確立された。国際社会は中国の横暴を阻止しなくてはならないが、まだあまり知られていない問題もある。それは、中国がウイグル人や政治犯とされる人たちから移植用の臓器を摘出する「臓器狩り」についてだ。


「オール沖縄」から「沖縄」を取り戻す!|和田政宗

「オール沖縄」から「沖縄」を取り戻す!|和田政宗

那覇市長選で自民党が推薦する知念覚候補が、革新のオール沖縄系候補を破り初当選を果たした。「オール沖縄の政策では未来が開けない」。今年沖縄で行われた7市全ての市長選で、自民推薦候補が勝利したのはまさに沖縄県民のそうした声の表れである――。


最新の投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)