“バラマキ”で日本経済を救えない理由|デービッド・アトキンソン

“バラマキ”で日本経済を救えない理由|デービッド・アトキンソン

先の衆院選で、自民党は大勝、岸田新内閣が発足した。岸田総理は「所得倍増」「成長と分配の好循環」といった目標を掲げているが、本当に実現できるのか。 伝説のアナリストが、いまの日本に本当に必要な経済政策とはなにかを説く!


維新の会躍進の意味

自民党が単独過半数を割り、立憲民主党が議席を伸ばすのではないかと言われていた先の衆院選は、蓋を開けてみれば、自民党は単独過半数を維持、立憲は議席を減らす結果に終わりました。
 
興味深いのは、維新の会が躍進したことです。維新は、公約で構造改革を掲げていました。国民にはいま、改革に対して懐疑的であるという論調があり、岸田総理もその雰囲気を気にして「新自由主義からの脱却」を打ち出していたのに、今回の選挙では構造改革を掲げた維新が最も議席を伸ばした。

いまのままではいけない、構造改革は必要だと考える国民も少なからずいるということです。
 
余談ですが、私は一部から新自由主義者のレッテルを貼られています。事実無根であり、この場を借りてその誤解を解いておきたい。
 
新自由主義とは、企業が活動をしやすいように、なるべく規制緩和すべきだという立場です。しかし私は、解雇規制の緩和や外国人労働者の受け入れ、非正規雇用の増加などに慎重な立場で、なにより、私が月刊『Hanada』で何度も主張している最低賃金引き上げは、国家が企業の賃金設定に強制的に介入する、新自由主義と対極にある政策です。そんな私が、新自由主義者と言われる意味がわかりません。
 
話を戻すと、今回の選挙で国民は堅実な選択をしたと思います。ただし、岸田政権が日本経済を成長させることができるかどうかは別問題です。なかなか簡単ではないと思います。2021年12月号で、私は岸田総理の「分配なくして成長なし」の考え方は正しいと書きました。岸田総理は、まず国民の賃金を上げるため、賃上げを行った企業を対象とする税制優遇の強化に向けて検討しています。
 
新政権発足早々、厳しいことを言うようですが、おそらく、いま示されている政策では、国民の所得倍増も、大きな経済成長も望めないでしょう。スタート時点ではいいと思いますが、政権が長くなればなるほどもっと踏み込まないといけなくなります。

賃上げ税制の効果は薄い

Getty logo

賃上げした会社には税制優遇すると言いますが、日本企業のほとんどを占める中小企業の約7割が、そもそも法人税を払っていません。加えて、特に資本金1000万円以下の中小企業はすでに多くの企業支援の対象で、優遇措置と補助金をもらい、節税という名の不適切な「脱税」を繰り返している。

要するに、経済合理性や成長などの目的ではなく、社長のワークライフバランスが目的なので、社員の賃上げを実行している企業は少ないのです。OECDでは、こういった中小企業を「ライフスタイルカンパニー」と呼んでいます。
 
そんな中小企業に対し、いくら賃上げすれば税制優遇すると言ったところで、経営者にはなんのインセンティブにもならないのです。これまでも設備投資をすれば税金を優遇するという政策をとっていましたが、結局、企業の設備投資は増えずじまいでした。
 
これは、医療界のコロナ患者受け入れ問題にも通じる話です。日本政府が、いくら医師会などにコロナ患者受入病床に手厚い人件費補助(1床あたり、なんと1950万円)をつけると言っても、そこまでコロナ病床は増えませんでした。
 
日本政府の政策は、基本的に「性善説」で成り立っています。コロナ対策でも議論されたように、政府の要請を拒否した場合にどういったペナルティを科すかという発想が、そもそもないのです。これでは国策が普及していくはずがありません。マイナンバーですら普及率は38%(2021年10月時点)ですから、いかに政府の政策が普及していないことがわかります。
 
政府としては賃上げを訴え続けていましたが、実質賃金はずっと下がりっぱなし。安倍政権、菅政権は民間経済に政策を反映させることの難しさを理解していたから、政府が強制的に賃上げできる唯一の武器、「最低賃金引き上げ」を使い、賃上げを実行していったわけです。

関連する投稿


台湾侵略のリアルと狙われる浜松基地|和田政宗

台湾侵略のリアルと狙われる浜松基地|和田政宗

先週、中国が占領下に置いているウイグルの砂漠地帯に、自衛隊の早期警戒管制機(AWACS)の模型が設置されていることが衛星写真で判明した。中国の狙いは何か。台湾をはじめとするアジアの平和を守るために日本がすべきことは何か。日本はいま、大きな岐路に立っている――。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


岸田政権よ、原発の再稼働を今すぐ決断せよ!|和田政宗

岸田政権よ、原発の再稼働を今すぐ決断せよ!|和田政宗

3月下旬の電力需給ひっ迫警報の際には、国民の節電で危機を乗り切ることができたが、夏の暑い時期が来たらどうなるのか。何を躊躇しているのか。国民のため、また政治の安定のためにも原発再稼働は必須であり、ロシアに対する厳しい姿勢を日本が率先して示すためにも重要だ。


日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻は、日本にさまざまなことを突きつけた。いまこそタブーなき議論で日本を守るための手を講じよ!


ロシアによる“北海道侵略”に備えろ!|和田政宗

ロシアによる“北海道侵略”に備えろ!|和田政宗

世界各国はロシアが「まさか」ウクライナに全面侵略するとは思っていなかった……。「まさかしないだろう」という性善説はもう通用しない! 予期せぬことがいつでも起こり得る「まさかの時代」と日本はどう向き合えばいいのか。また、どうすれば「プーチンの戦争」を止めることができるのか。日本が果たすべき役割を和田政宗議員が緊急提言!


最新の投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】


【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

『にゃんこ四字熟語辞典』が大ヒット。それを踏まえて、新しい「にゃんこ」企画をスタートいたします!