中谷元さん、『[新版]日本国紀』をお読みください!|有本香

中谷元さん、『[新版]日本国紀』をお読みください!|有本香

3年前の「アンチ日本国紀」活動は実に凄まじいものだった。本そのものや著者、編集者である私にケチを付けるだけでは足らず、特定の大型書店に対する「不買運動」まで起こされたのには驚いた。加えて驚いたのは、その「アンチ」勢のなかに、与野党の国会議員が混じっていたことである――。月刊『Hanada』の大人気連載「香論乙駁」(2022年1月号)を特別公開!


「アンチ日本国紀」活動に加勢した国会議員

9カ月間、編集を手がけてきた百田尚樹さん著『[新版]日本国紀』(幻冬舎文庫)が、11月17日にようやく発売の運びとなった。発売と同時に全国の大型書店で売り上げトップとなり、即日に重版が決まって、いま少しホッとしている。

3年前の単行本『日本国紀』は65万部のベストセラーとなったが、今回は大幅に加筆したとはいえ、その既刊本の文庫化という位置づけゆえ、どのぐらい売れるかを著者も版元も案じていた。ひとまず成功といえる結果を見たが、これもひとえに、本誌『Hanada』の読者の皆様はじめ、歴史認識を正しくしたいと思う方々のお蔭である。この場を借りて深く感謝を申し上げたい。

いま、あらためて『日本国紀』にまつわる現象から見えてくるものを少し書いていく。文庫版発売のちょうど1カ月前、ネット書店で予約が開始された時には、その日のうちに、最大手のアマゾンで本の売れ筋総合ランキング1位に躍り出た。

ただしこの現象は、3年前の単行本『日本国紀』でも経験していたので、今回、版元の幻冬舎も落ち着いていた。前回の経験から、初版部数をそれなりに確保しつつ適時に重版をする、たしかな「見通し」を持っていたといえるが、私の目から見ると、相当に静かで慎重な構えという印象でもあった。

というのも、前回は発売と同時に激しい「アンチ日本国紀」活動が始まり、版元もかなりの攻撃を受けたからである。

3年前の「アンチ日本国紀」活動は実に凄まじいものだった。

主導したのは、おなじみの左派文化人らだが(一部の保守系人士も攻撃に加勢した)、本そのものや著者、編集者である私にケチを付けるだけでは足らず、特定の大型書店に対する「不買運動」まで起こされたのには驚いた。加えて驚いたのは、その「アンチ」勢のなかに、与野党の国会議員が混じっていたことである。

どんなポンコツ議員だろうが、いやしくも国会議員のバッジを付けた者が民間人の表現物へのネガティブキャンペーンに加担するとは、想像を絶する「頭の悪さ」である。イデオロギーの左右を問わず、こういう人間に権力を持たせたら、たちまち国民の表現の自由を抑圧するにちがいない。

しかしいまのところは、いずれも与野党の「一票要員」に過ぎないので、直ちにその心配はないのが救いである。

この情けない一票要員議員らは別にしても、『[新版]日本国紀』を読み返すと、あらためて、いまの国会議員の不見識と頼りなさを思い知らされる。私たちはつい、「野党議員に比べたら自民党の議員はマシ」だなどと思いがちだが、この甘やかしは禁物である。

『[新版]日本国紀〈上〉』

『日本国紀[新版]〈下〉』

関連する投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

なぜ完全無所属から日本保守党結党メンバーの地方議員となったのか――小坂英二東京都荒川区議会議員がはじめて綴った日本保守党と祖国への熱き想い。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


最新の投稿


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

本日は安倍晋三元総理の命日。安倍元総理が凶弾に倒れてから2年を迎えた。改めてご冥福をお祈りするとともに、非道な暗殺を満身の怒りをもって非難する。


【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

すぐ隣の国でこれほどの非道が今もなお行なわれているのに、なぜ日本のメディアは全く報じず、政府・外務省も沈黙を貫くのか。公約を簡単に反故にした岸田総理に問う!