中国の人権弾圧と北京五輪ボイコット|和田政宗

中国の人権弾圧と北京五輪ボイコット|和田政宗

米英が北京五輪の「外交ボイコット」を検討するなか、「日本は日本の立場で物事を考えたい」と述べた岸田首相。日本政府はなぜ「外交ボイコット」の可能性に言及できないのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が弱腰の日本政府と人権弾圧を繰り返す中国に物申す!


性暴力を告発!彭帥さんはどこへ消えた?

中国の女子テニス選手で、元ダブルス世界ランキング1位の彭帥さんが2週間以上にわたって行方不明となり、いまだに彭さんがどのような状況に置かれているのかが分からないという問題。まさに中国の人権状況が白日の下にさらされる事件となった。

彭さんが行方不明となったのは今月2日、自身のSNSに、中国共産党最高指導部のメンバーだった張高麗・前筆頭副首相に性的暴行を受けたと告白する内容が投稿された直後である。なお、投稿はすぐに消去された。

これに対し、米国をはじめとする世界各国が、彭さんの安全確保を求めるとともに真相究明を要求した。米国のサキ大統領報道官は「彭帥さんが行方不明との報道に深刻な懸念を抱いている」と述べたうえで、「中立的かつ検証可能な証拠」を示すよう中国政府に求めた。そして、中国に対し「批判に対する寛容さがまったくなく、告発者を沈黙させてきた」と強く非難した。

また、国連人権高等弁務官事務所も会見で「彭帥さんがどこにいるのか、どんな状態なのかはっきりさせることが大事だ」と述べ、「透明性を持って調査すべきだ」と徹底的な調査を求めた。さらに、テニスの女子ツアーを統括するWTAも、彭さんを守ると表明するともに、中国に対し中立的な調査を要求した。

トーマス・バッハ会長とのテレビ電話

Getty logo

中国はこうした動きに対して何ら応じない姿勢を見せていたが、状況が一変したのが19日、ロイターが行ったディック・パウンドIOC委員へのインタビューからである。

パウンド氏は最古参のIOC委員だが、来年2月の北京冬季五輪開催に関して、この問題が解決しなければIOCが厳しい態度を取るとの見解を示した。パウンド氏は「早急に良識ある方法で解決されなければ、事態が制御できなくなるかもしれない」と述べたうえで、「五輪の中止にまで発展するとは思わないが、分からない」と北京冬季五輪中止の可能性に言及したのである。

すると、20日になって中国のジャーナリストが彭さんの近況とする写真をツイッターに投稿。これを中国共産党系メディアの環球時報・胡錫進編集長がリツイートし、次々に彭さんの最新の動向とされる映像がツイッターにアップされるようになった。

また、21日にはIOCのトーマス・バッハ会長と彭さんが急遽テレビ電話で連絡を取った。つまり、中国は北京冬季五輪の中止をちらつかされるに至って、彭さんと外部との接触を認めざるを得なくなったのである。

関連する投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)


ミサイル連発の北朝鮮 Jアラート精度向上と「反撃能力」保有を急げ!|和田政宗

ミサイル連発の北朝鮮 Jアラート精度向上と「反撃能力」保有を急げ!|和田政宗

10月に続いて2度目の「Jアラート」が発出されたが、「遅い!」「不正確!」などの批判が殺到している――。なかには「毎回Jアラート出して騒ぎすぎるべきなのか」という意見も。Jアラートの改善点と、北朝鮮にミサイルを撃たせないために必要な軍事力を和田政宗議員が緊急提言!


最新の投稿


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)


中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

フランスの歴史人口学者・家族人類学者エマニュエル・トッド氏の発言は、日本人の常識を超えるものだった。