誰が大統領になっても程遠い韓国の法治回復|西岡力

誰が大統領になっても程遠い韓国の法治回復|西岡力

私は、文在寅政権の法治破壊を引き継ぐ与党候補は論外だが、野党候補に法治回復への期待をかけていた。しかし、今回決まった野党の候補を見て、私は韓国の法治は回復しないとため息をつかざるを得なかった。法治主義が機能していないという事実を前提に距離を置いて付き合うしかない。


来年3月に行われる韓国大統領選挙の候補者が出そろった。与党「共に民主党」は李在明・前京畿道知事、第1野党「国民の力」は尹錫悦・前検事総長を候補に選出した。ほかに中道野党「国民の党」から安哲秀氏、極左の正義党から沈相奵氏が出馬を表明している。

野党候補・尹氏も期待できない

大統領候補選びの隠された焦点は韓国の法治主義の回復だった。我が国政府は2015年から韓国に対して同じ価値観を共有するという表現を使わなくなっている。自由民主主義、市場経済、人権、法治という普遍的価値観のうち、法治が著しく毀損されていることがその理由だ。産経新聞ソウル支局長が当時の朴槿恵大統領に関する噂を書いた記事を理由に刑事起訴されたことが、そのような判断を下す直接の契機だった。2018年の朝鮮人戦時労働者への賠償判決、今年の慰安婦賠償判決と、国際法違反の判決が続いていることも韓国の法治崩壊の表れだった。

私は、文在寅政権の法治破壊を引き継ぐ与党候補は論外だが、野党候補に法治回復への期待をかけていた。しかし、今回決まった野党の候補を見て、私は韓国の法治は回復しないとため息をつかざるを得なかった。

2016~17年の朴槿恵大統領弾劾政変は、ねつ造報道にあおられた街頭デモを恐れた当時の与党の裏切りの結果、法と真実が踏みにじられて起きたものだった。懲役20年の実刑判決を受けた朴槿恵氏は現在も入獄しているが、受け取った賄賂は1ウォンもないことが判決に明記されている。私人である友人の崔順実氏の娘が国家代表馬術選手であり、サムスン電子から競技用の馬を提供されたことなどが朴槿恵氏への賄賂と認定されたのだ。

検察は朴氏と崔氏を「経済共同体」だとし、サムスンが経営権継承問題で朴氏に「黙示的請託」をしたという奇怪な理屈を持ち出した。2人に共同財産はなく、サムスンが朴氏に便宜供与を依頼した事実もなかったが、この検察の理屈を裁判所が受け入れた。

異質な隣国

この理屈を生み出した責任者が尹錫悦氏だった。尹氏は朴氏捜査の特別検察のチーム長やソウル中央地検長として、朴氏の捜査と裁判で検察を指揮した。尹氏はその手柄を認められて2019年、文政権によって検事総長に任命されたが、文政権が検察から捜査権を奪う「検察改革」を進めようとしたので、自分たちの権限を守るためその改革の設計者である曺国・法相の不正の捜査を断行して、辞任に追い込んだ。それを見て、文政権に批判的だった保守派国民が大喝采を送り、尹氏の人気が高まった。尹氏が大統領になれば、文氏やその部下たちを逮捕してくれるのではないかという期待感がその背後にあるのだろう。

韓国は法治という観点でかなり異質な国だ。ごく少数の自由保守派が尹氏を法治の観点で批判しているが、それはいまのところほとんど影響を及ぼしていない。日本は安全保障と経済分野で韓国との関係を絶つことは不可能だが、法治主義が機能していないという事実を前提に距離を置いて付き合うしかない。(2021.11.08国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


岸田政権の人権外交に対する二つの注文|西岡力

岸田政権の人権外交に対する二つの注文|西岡力

岸田政権は安倍晋三政権以来設置されてきた歴史認識担当の補佐官も早急に任命すべきだ。そして、人権侵害制裁法を早急に制定せよ!


韓国を揺るがす北京の影響力|クライブ・ハミルトン

韓国を揺るがす北京の影響力|クライブ・ハミルトン

禁断の書として世界各国で出版停止が相次いだ衝撃作。日本でも6万部を突破したベストセラー『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』と『見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか』を徹底的に分かり易く解説した『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』(すべて飛鳥新社刊)が、遂に韓国語で11月中旬に発売!ハミルトン教授による韓国語版の序文を掲載する!


金正恩激やせと中国の韓国傾斜の謎|重村智計

金正恩激やせと中国の韓国傾斜の謎|重村智計

北朝鮮の建国記念日である9月9日、式典に現れた金正恩総書記の姿に世界が仰天した。激やせしており、アメリカのテレビ局までこの事を報じた。「影武者ではないか」との噂が世界中で走っているが……。


福山哲郎よ、利いた風な口を叩くな|九段靖之介

福山哲郎よ、利いた風な口を叩くな|九段靖之介

文在寅と福山哲郎。この二人は心性においてなにやら似通っている。口を拭って反省の言葉もなく、菅義偉政権の苦渋の処理水処分について、利いた風な批判を言う資格があるのか。たまには胸に手を当てて自省してみよ。


なぜ福島県は韓国に抗議しなかったのか|渡辺康平

なぜ福島県は韓国に抗議しなかったのか|渡辺康平

「原発事故と福島」は情報戦である。「正しい情報を発信すればわかってくれる」という相手の善意を基本とした風評対策では、中国や韓国の悪意あるプロパガンダには太刀打ちできない。国と県が連携して、相手国内において積極的なロビー活動やPR活動を展開すべきである。


最新の投稿


【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田政権は、安倍政権、菅政権とは違った施策を打ちたいのかもしれないが、実績の上がっている「GoToトラベル」を速やかに再開し、予算額を積み増すことが、国民のため、日本経済のためになるのではないか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が、岸田政権に緊急直言!


ジェットジャガー|なべやかん遺産

ジェットジャガー|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ジェットジャガー」!


『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

「私は、好きになってほしかった。少なくとも少し好きでいてくれて、より好きになってほしいと思っていた」。複数の女性との援助交際が発覚し、歴代最短で新潟県知事を辞職した米山隆一氏。あれから3年、彼の“性癖”は本当になおったのか。2020年9月に刊行され、話題を呼んだ『東大出てもバカはバカ』(小社刊)より、「原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一」を特別公開!(写真提供/共同通信)


谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!