無風だった自民党と「立憲共産党」の敗北|和田政宗

無風だった自民党と「立憲共産党」の敗北|和田政宗

「単独過半数ギリギリ」「自民党大敗」という情勢調査が報道されたが、結果は261議席と各メディアの獲得議席予測を大幅に上回る結果となった。だが実際は、負けに近い選挙であった――。自民党が苦戦した理由はいったいどこにあったのか。「立憲共産党」が議席を減らした背景にはいったいなにがあったのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


国民に届かなかった「岸田ビジョン」

Getty logo

自民党岸田政権が衆院総選挙を何とか乗り切った。当初、自民党の議席は改選過半数の233議席が難しいとの世論調査の状況であったので、自民党が勝利したかのような錯覚に陥いるが、261議席は改選前議席から15議席減らしており、過去3回の衆院選獲得議席が284(平成29年)、291(平成26年)、294(平成24年)と300議席に迫る勢いであったことから考えると、負けに近い選挙であったと真摯に受け止めなくてはならない。また、そういった受け止めができなければ、来年の参院選でも同様の厳しい結果になりかねない。

この結果は、岸田新内閣が発足して内閣支持率が40・3%(時事通信)となった時から危惧されていたことであった。菅義偉前総理による、「自民党を勝たせるためには私が総理をやめて総選挙は新総裁に託し、自らは新型コロナ対策に専念する」との決断は、新型コロナ感染抑制に見事成功したが、その流れを岸田政権がうまくつかめるかが重要だった。

しかし、発足直後の支持率が芳しくなく、その後の世論調査でも支持率は下降した。岸田総理誕生直後の組閣と党人事が国民の期待感につながらなかったからである。総理総裁の専権事項なので、どの人事がどうというのは僭越であるので述べないが、国民はもっと岸田新政権の清新さに期待していた。しかし、国民の期待ほどの人事にならなかった。

そして、衆院選の苦戦の原因として挙げなくてはならないのは、選挙戦全体を通じて、「岸田政権は具体的に何をするのか?」という質問を多くいただいたことである。これは、岸田政権の政策が国民に響いていない、しっかり届いていないということを表している。岸田政権の「新しい資本主義」は、所得と分配の好循環であり、分厚い中間層の構築であり、非正規・子育て世帯など新型コロナで苦しんでいる方には給付を行うと、私が街頭演説や集会で解説すると、「そうだったのか。わかりやすく伝えてよ」という声をあちこちでいただいた。こうしたことにより、選挙終盤戦まで世論は自民党候補に積極的に投票しようという動きにはなっていなかった。

さらに、過去3回の選挙の追い風と比べ全く風が吹かなかったことは、自民党各候補にとっての厳しさとなった。これまでは追い風によって、第三極的な戦い方、すなわち駅頭で街頭演説をしていれば党の人気で当選してしまったという戦い方でも勝てた候補がいる。これのみで当選してきたということでは決してないが、追い風によって積み増されていた部分を分析し、その部分が削られても当選できるという地道な活動をすることが重要であった。この点において盤石でなかった候補が敗れたのだと思うし、本当に終盤戦までは獲得議席が220台になるのではという厳しい戦いであった。

「批判政党」には投票しなかった

では、これをどう跳ね返したのか。それは、世論調査の厳しい状況を各候補が深刻に受け止め、必死に活動をし、自民党支持者がしっかりと投票してくれたことによると分析できる。出口調査の結果を見ると、50代より下の年代が確実に自民党を支持し投票してくださっていた。メディアにより自民党大敗の可能性が報じられるなか、それはさせてはならないと投票所に足を運んだのである。これは過去3回、メディアが選挙戦中盤において「自民圧勝300議席超の勢い」と報じ、当初の予測より大幅に獲得議席を減らしたことを考えれば、自民苦戦の状況が伝えられることで、当初予測より議席を増やすことにつながったと言える。

しかしながら、大阪で自民党は小選挙区で維新に全敗するなど、厳しい結果であると受け止めなくてはならない。自民に投票する可能性があった方々が、維新に投票したからこそ維新が約4倍の議席数に躍進したと考えられるからである。この点について私は、国民の「改革」に対する期待を自民党が十分に吸収できず、維新へ流れたと分析している。岸田政権は、安倍政権、菅政権が打ち立てた規制改革の流れを継続し、発展させていかなくてはならない。

そして、立憲民主党は、選挙戦終盤までの予測では改選前109議席から30議席程度伸ばすというものであったが、結局96議席と、13議席も減らした。共産党も改選前12議席から10議席と減らした。一方、国民民主党は改選前8議席から11議席へと増やした。これは、我が国の安全保障上様々な懸念が生じるなか、批判だけを声高に述べる政党には投票できないという国民の声の表れであると考える。

だからこそ我々自民党は、実行と実現で国民の期待に応えていかなくてはならない。今回の衆院選でお約束した、暮らしに直結する大型財政出動は必ず実現させなくてはならない。選挙は厳しい結果となったが、引き続き政権を担って欲しいという信任を得たのも事実である。補正予算を12月中に成立させ、新型コロナで苦境に陥っている個人、家庭、事業者を支えるとともに、経済を回すGoToトラベルキャンペーンなどの施策を効果的に打っていく。さらに、半導体や蓄電池など我が国の基幹産業を再構築し、強化し、日本経済の持続的な発展と所得の継続的な向上につなげる。未来に希望を持ち続けられる日本社会となるよう、しっかりと結果を出していきたい。

関連する投稿


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


ミサイル連発の北朝鮮 Jアラート精度向上と「反撃能力」保有を急げ!|和田政宗

ミサイル連発の北朝鮮 Jアラート精度向上と「反撃能力」保有を急げ!|和田政宗

10月に続いて2度目の「Jアラート」が発出されたが、「遅い!」「不正確!」などの批判が殺到している――。なかには「毎回Jアラート出して騒ぎすぎるべきなのか」という意見も。Jアラートの改善点と、北朝鮮にミサイルを撃たせないために必要な軍事力を和田政宗議員が緊急提言!


岩国メガソーラーで見えた親中ネットワーク|山口敬之【WEB連載第20回】

岩国メガソーラーで見えた親中ネットワーク|山口敬之【WEB連載第20回】

大阪の咲洲メガソーラーに関連する私の記事や発信に対する批判や非難、誹謗中傷の多くに、日本維新の会関係者や支持者が関与していることがわかった。ところが岩国市など大阪以外の上海電力の絡むメガソーラー取材に対して様々な圧力をかけてきたのは、明らかに自民党の関係者だった――。


習近平が狙う「毛沢東越え」と国家による「臓器狩り」|和田政宗

習近平が狙う「毛沢東越え」と国家による「臓器狩り」|和田政宗

第20回中国共産党大会によって、習近平独裁は完全に確立された。国際社会は中国の横暴を阻止しなくてはならないが、まだあまり知られていない問題もある。それは、中国がウイグル人や政治犯とされる人たちから移植用の臓器を摘出する「臓器狩り」についてだ。


「オール沖縄」から「沖縄」を取り戻す!|和田政宗

「オール沖縄」から「沖縄」を取り戻す!|和田政宗

那覇市長選で自民党が推薦する知念覚候補が、革新のオール沖縄系候補を破り初当選を果たした。「オール沖縄の政策では未来が開けない」。今年沖縄で行われた7市全ての市長選で、自民推薦候補が勝利したのはまさに沖縄県民のそうした声の表れである――。


最新の投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)