広告をカスタマイズして!|電脳三面記事

広告をカスタマイズして!|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。月曜朝一の駅で「今日の仕事は、楽しみですか。」と聞かれるとは思いませんよね……。


カスタマイズされることに慣れてしまった結果……

本誌『Hanada』の愛読者の多くにとって併売誌であろう二大週刊誌が、独特のカラーリングと、雁首並べるという言葉がどうしても思い浮かんでしまうモノクロの顔写真でおなじみの電車内の中吊り広告の出稿を終えました。

時代の終わりと言えばそれまでですが、これでますます電車の中では、読むものがスマートフォンばかりになってしまい、首が前傾し巻き肩になってしまうのはもう止められそうにありません

スマートフォン以前、本や新聞を読めない程度の混み具合の電車内では、そこから何かを得ようとか、学ぼうとかいった意欲はさらさらなく、ただただ視神経を文字で刺激していたい類いの人間にとって、新聞広告だけが癒やしでした。ですから、いつからだったか、メディアライナー、いわゆる広告貸切電車に乗り合わせてしまったときには軽いいらだちを感じたものです。

もっと他の文字列を!

その渇望は、ポジティブな効果を期待して高いお金を払ってこの車両の広告枠を独占している企業への恨みも生み出しました。

そのいらだち、恨みがましい気持ちは、ネット時代になってより安産化傾向にあります。手元のスマホに没頭していれば広告を見ずに済むというメリットはあるのですが、しかし、スマホなどに出てくる広告は何割かが私にカスタマイズされていて、そのカスタマイズが余計なお世話でいらだつこともあるとはいえ、しかし、「これは私には不要な商品です」「というか見たくもありません」と突き放したくなる広告に追いかけられるよりはまだマシです。

カスタマイズされることにすっかり慣れた私は、私以外のものにカスタマイズされた広告に対して、また、即断即決をためらわなくなった私は執拗に繰り返されるものに対して、極めて不寛容になっているのです。

広告を出す場所もタイミングも悪すぎる

ちょっとしたディストピアに見える。(アルファドライブ麻生要一社長のTwitterより。現在は削除)

ことほどかように心が縮小化傾向にある中で、職場の最寄り駅で巨大な通路を歩かされているときに、目に入るすべてのデジタルサイネージにゴチックで綴られた「今日の仕事は、楽しみですか。」という言葉が心に不法侵入してきたら、やっぱり激怒しちゃうだろうなと思います。

その場所がよりによって、勤労者による東を目指す無言の隊列が見られる品川駅港南口で、その時間帯がよりによって、祝日のない月の、緊急事態宣言解除後の、月曜というタイミングあればなおさらです。

もっとスタートアップが押し合いへし合いしているようなエリアであれば「いい広告!」と話題にもなったかもしれませんが、でもそういう人たちって葉山あたりでテレワークしてそうだというのは私の偏見です。

なお、この広告をツイッターで宣伝していたのは広告主の経営層の一人だった訳ですが、炎上即大喜利後に広告の取り下げを表明し、同時に、ご自身のプロフィールからアミューズの社外取締役であることを削除されました。

で、アミューズのサイトを見てみたら、「人間に戻ろう。」などという、なんでこんなこと言われなきゃならないのと振り払いたくなるようなゴチが目に飛び込んできて憂鬱です

関連する投稿


やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。もう忘れられた感がありますが、某メンタリストのやらかしたことを覚えていますか? 失敗してもやり直せるのはいいことですが、加害者だけがやり直せるのはいかがなものでしょうか。


オンラインはタチが悪い|電脳三面記事

オンラインはタチが悪い|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。オンラインサロンとオンライン身の上相談、どちらの方がマシでしょう?


どうしたらオリンピックを開催できるのか|電脳三面記事

どうしたらオリンピックを開催できるのか|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。なぜそれでもオリンピックだけは開催できるのか――ちょっと考えてみましょう。皆様の意見もお待ちしております。


「アル中になれよ」とチューハイ2本|電脳三面記事

「アル中になれよ」とチューハイ2本|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。ぐいぐい飲めて、すぐに酔える「ストロング系」が話題になった2020年。一部では「合法麻薬」や「飲む福祉」などと言われているが……。


○○すぎるが多すぎる|電脳三面記事

○○すぎるが多すぎる|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。「○○すぎる」というのがやたら流行った時期がありますが、いまはその延長として本質から離れたプロフィールのエンタメ性が話題になっていますね。


最新の投稿


【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田政権は、安倍政権、菅政権とは違った施策を打ちたいのかもしれないが、実績の上がっている「GoToトラベル」を速やかに再開し、予算額を積み増すことが、国民のため、日本経済のためになるのではないか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が、岸田政権に緊急直言!


ジェットジャガー|なべやかん遺産

ジェットジャガー|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ジェットジャガー」!


『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

「私は、好きになってほしかった。少なくとも少し好きでいてくれて、より好きになってほしいと思っていた」。複数の女性との援助交際が発覚し、歴代最短で新潟県知事を辞職した米山隆一氏。あれから3年、彼の“性癖”は本当になおったのか。2020年9月に刊行され、話題を呼んだ『東大出てもバカはバカ』(小社刊)より、「原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一」を特別公開!(写真提供/共同通信)


谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!