オンラインはタチが悪い|電脳三面記事

オンラインはタチが悪い|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。オンラインサロンとオンライン身の上相談、どちらの方がマシでしょう?


オンラインサロンから得られるものは……

母校で後輩と戯れたとき、もう二度とやるまいと思いました。なんだかんだいって若者はチョロい

こちらにちょっと社会経験があるというだけで、盲目的に崇めてくる。もちろんそうじゃないタイプもいるはずだけど、盲信しそうなタイプばかりが先輩との交流を過剰に求めるのに対し、そういうタイプはお戯れの場に出てこない。

だから、己の万能感を増したいタイプの人は、無知で自分に好意的な若者たちから頼られるというこの味を知ったら、中毒になるだろうなと感じました

クローズアップ現代+が取り上げたこともあって、オンラインサロンが話題になっています。日本語で言えば私塾ですが、本気で人を育てる気がないところが古典的な私塾と異なります。

ほとんどのオンラインサロンは甘言によるやりがい詐欺のブラックサロンで、捕まってないだけの詐欺と言われた主宰もいるように、本来なら対価を払って人に頼まなくてはならないことも体験できる権利として売ってしまうという守銭奴システム

その体験で得られるものは「あんなところで金を払って体験した」という事実だけ。

低賃金で修業する料理人のように、次の店を紹介してもらったり暖簾をわけてもらったりという、リーズナブルなリターンはない。

それでも体験したいのは主宰を盲信しているからで、主宰の側は盲信される中毒に陥っています。ゆえに、互いにこの仕組みから逃げ出すのは難しいのでしょう。

相談ごとにも、同じような構図があります。相談する側は相談される側を頼っていて、そのことが相談される側を酔わせます。それが公開の場であればなおのこと。「そうきたか」と賞賛されるような回答をしたいという欲が湧いてきます。

甘露を味わいたいがために手に余る質問にも無理に答えようとして、オーディエンスから集中砲火をくらうこともあります。

有料だから妄信する面も

回答者自身の言動もコンテンツ

ここで意味の無い比較をしてみます。

身ぐるみ剥ぐ系のオンラインサロンと、身の丈を超えたオンライン身の上相談、どちらがマシでしょうか

どっちも嫌いですが、でも、オンラインサロンのほうが僅差でマシだと思うんですよ。なぜなら、そもそも胡散臭くて被害者の数が限られるから。あとはほぼ同じ。

オンラインサロンの盲信者は盲信ぶりをSNSなどで公表させられて他人においしく消費されるコンテンツになり、身の上相談する人も、回答が欲しいあまりにコンテンツとなることを引き受けます。

そして、回答者の肩を持つつもりはありませんが、回答者自身の言動もまたコンテンツです

本人が全焼しても、掲載媒体にしてみれば一部のボヤ。その自覚と責任が、掲載媒体にも必要です。ここもオンラインサロンよりタチが悪い。

オンラインサロンの運営側は、養分側のことをなんとも思っていない自覚的搾取者だけれど、オンライン身の上相談は場の提供者も回答者も、他人の悩みをビューの稼げるコンテンツとして消費しているという自覚に欠けたまま酔っている

他人の相談に乗るというのは本当はとても難しいこと。評判がいいわけではないいのちの電話の相談員だって、研修受けてますよ。

私といたしましては、うっかりそのような場には近づかぬように用心しつつ、いま現在、オンライン身の上相談を手がける方々が、母校の親睦会のような、自分がコンテンツ化されることに不用心な人々の集うブルーオーシャンにこぞって出張って行かれませんよう、願うばかりです。

関連する投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


東京五輪反対デモと民主主義の破壊者たち|和田政宗

東京五輪反対デモと民主主義の破壊者たち|和田政宗

ここ数年、全国各地で人々の分断を煽るような過激な行動を取る勢力が顕在化している。東京五輪の反対運動、沖縄の基地反対運動は、はたして本当に国民の「声」なのか。我々は、メディアが民主主義を破壊する活動に加担しようとしている事実をしっかりと認識しなくてはならない。


菅前総理の大偉業と心許ない岸田政権の対中姿勢|和田政宗

菅前総理の大偉業と心許ない岸田政権の対中姿勢|和田政宗

米国を取るのか、中国を取るのか。米国は、企業のみならず各国に対しても厳しい姿勢で臨んでいる。日本はアジア太平洋のリーダーとして米国より先に、北京五輪への「外交的ボイコット」を表明すべきだった――。本音で語れる政治家、和田政宗議員がこの1年の日本外交と重要課題を振り返る!


武蔵野市条例案否決!「ヘイト」と断定した神奈川新聞の捏造報道|和田政宗

武蔵野市条例案否決!「ヘイト」と断定した神奈川新聞の捏造報道|和田政宗

12月21日、数々の問題点が指摘されていた武蔵野市の住民投票条例案が否決された。政治活動を力で潰そうとした勢力に対する民主主義の勝利と言えるが、神奈川新聞の石橋学編集委員による捏造記事、毎日新聞の後藤由耶記者による脅迫的取材は、絶対に許されることではない!(サムネイルは松下玲子市長のTwitterより)


中谷元さん、『[新版]日本国紀』をお読みください!|有本香

中谷元さん、『[新版]日本国紀』をお読みください!|有本香

3年前の「アンチ日本国紀」活動は実に凄まじいものだった。本そのものや著者、編集者である私にケチを付けるだけでは足らず、特定の大型書店に対する「不買運動」まで起こされたのには驚いた。加えて驚いたのは、その「アンチ」勢のなかに、与野党の国会議員が混じっていたことである――。月刊『Hanada』の大人気連載「香論乙駁」(2022年1月号)を特別公開!


最新の投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本は専守防衛の枠を捨て、日本を攻撃すれば自らの司令系統中枢も破壊されると思わせるだけの、小規模ながら残存性の高い抑止力を構築していかねばならない。同じ発想に立つ英国を、誰も「無責任な軍国主義国家」とは呼ばない。


岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

国益に関わる重要事であっても、摩擦を起こしかねない案件には一切手をつけず、7月の選挙を乗り切りたい、政権の長寿を実現したい、というのが岸田首相の考え方か。有事のいま、それは間違いだ。


一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)