オンラインはタチが悪い|電脳三面記事

オンラインはタチが悪い|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。オンラインサロンとオンライン身の上相談、どちらの方がマシでしょう?


オンラインサロンから得られるものは……

母校で後輩と戯れたとき、もう二度とやるまいと思いました。なんだかんだいって若者はチョロい

こちらにちょっと社会経験があるというだけで、盲目的に崇めてくる。もちろんそうじゃないタイプもいるはずだけど、盲信しそうなタイプばかりが先輩との交流を過剰に求めるのに対し、そういうタイプはお戯れの場に出てこない。

だから、己の万能感を増したいタイプの人は、無知で自分に好意的な若者たちから頼られるというこの味を知ったら、中毒になるだろうなと感じました

クローズアップ現代+が取り上げたこともあって、オンラインサロンが話題になっています。日本語で言えば私塾ですが、本気で人を育てる気がないところが古典的な私塾と異なります。

ほとんどのオンラインサロンは甘言によるやりがい詐欺のブラックサロンで、捕まってないだけの詐欺と言われた主宰もいるように、本来なら対価を払って人に頼まなくてはならないことも体験できる権利として売ってしまうという守銭奴システム

その体験で得られるものは「あんなところで金を払って体験した」という事実だけ。

低賃金で修業する料理人のように、次の店を紹介してもらったり暖簾をわけてもらったりという、リーズナブルなリターンはない。

それでも体験したいのは主宰を盲信しているからで、主宰の側は盲信される中毒に陥っています。ゆえに、互いにこの仕組みから逃げ出すのは難しいのでしょう。

相談ごとにも、同じような構図があります。相談する側は相談される側を頼っていて、そのことが相談される側を酔わせます。それが公開の場であればなおのこと。「そうきたか」と賞賛されるような回答をしたいという欲が湧いてきます。

甘露を味わいたいがために手に余る質問にも無理に答えようとして、オーディエンスから集中砲火をくらうこともあります。

有料だから妄信する面も

回答者自身の言動もコンテンツ

ここで意味の無い比較をしてみます。

身ぐるみ剥ぐ系のオンラインサロンと、身の丈を超えたオンライン身の上相談、どちらがマシでしょうか

どっちも嫌いですが、でも、オンラインサロンのほうが僅差でマシだと思うんですよ。なぜなら、そもそも胡散臭くて被害者の数が限られるから。あとはほぼ同じ。

オンラインサロンの盲信者は盲信ぶりをSNSなどで公表させられて他人においしく消費されるコンテンツになり、身の上相談する人も、回答が欲しいあまりにコンテンツとなることを引き受けます。

そして、回答者の肩を持つつもりはありませんが、回答者自身の言動もまたコンテンツです

本人が全焼しても、掲載媒体にしてみれば一部のボヤ。その自覚と責任が、掲載媒体にも必要です。ここもオンラインサロンよりタチが悪い。

オンラインサロンの運営側は、養分側のことをなんとも思っていない自覚的搾取者だけれど、オンライン身の上相談は場の提供者も回答者も、他人の悩みをビューの稼げるコンテンツとして消費しているという自覚に欠けたまま酔っている

他人の相談に乗るというのは本当はとても難しいこと。評判がいいわけではないいのちの電話の相談員だって、研修受けてますよ。

私といたしましては、うっかりそのような場には近づかぬように用心しつつ、いま現在、オンライン身の上相談を手がける方々が、母校の親睦会のような、自分がコンテンツ化されることに不用心な人々の集うブルーオーシャンにこぞって出張って行かれませんよう、願うばかりです。

関連する投稿


花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、WEB連載!花田家のねこをほぼ「毎日」、紹介いたします。第14回は美人姉妹、MOMOとKOKO。愛くるしい見た目とは裏腹に、MOMOはいま……。


なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「究極の癒やしソフビ」!


米のWHO復帰は台湾参加を条件にすべきだった|島田洋一

米のWHO復帰は台湾参加を条件にすべきだった|島田洋一

バイデン政権が掲げる国際協調、国際機関重視が、台湾をいかなる場合でも排除しようとする北京の策動を黙認することを意味するなら、独裁体制との戦いという時代の要請に逆行する。


北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

今こそ問うべきだ。世界を大中華主義で染めたいのか。人権弾圧を続けて民主主義を息絶えさせたいのか。国際法を中華の法の支配に替え、世界秩序を大転換したいのか、と。


米国はミャンマー政策で失敗を重ねるな|ブラーマ チェラニー

米国はミャンマー政策で失敗を重ねるな|ブラーマ チェラニー

ミャンマーの軍部は、中国に不信感を持っている。中国がミャンマーの政府と軍部に影響力を及ぼすため、反乱勢力を支援してきたと信じているためだ。実のところ、ミャンマー軍首脳はスー・チー氏が習近平国家主席と過度に親密になってきたことを懸念していた。


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

いま世界で横行するキャンセル・カルチャー。 ノーベル賞作家、カズオ・イシグロも危機感を抱くキャンセル・カルチャーとはいったいなんなのか。 その歴史と問題点を徹底追及!


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!