どうしたらオリンピックを開催できるのか|電脳三面記事

どうしたらオリンピックを開催できるのか|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。なぜそれでもオリンピックだけは開催できるのか――ちょっと考えてみましょう。皆様の意見もお待ちしております。


オリンピックを便利使い

なぜそれでもオリンピックだけは開催できるのか、考えてみましょう。

一、オリンピックはウイルスに打ち勝った証だから

精神論、いいですね。でも、医療体制が元に戻り、いろんなライトアップが終わればそのときにみんな証を実感できるので、わざわざ開催しなくても間に合ってます。それにそもそも、震災からの復興の証のはずだったのに、便利使いしすぎではなかろうか。

一、開催すれば激減している訪日外国人を呼び込める

これはなかなか良いのでは? 2019年には3000万人を超えた訪日外国人ですが、2020年には500万人を下回ってしまいまして、インバウンドに頼っていた産業は大打撃。GoToオリンピックが支援策ならば合理性がありますね。

2019年のインバウンド消費は4兆8000億円と言われています。大きな数字です。で、五輪予算はというと、延期によるプラスもあって1兆6440億円。お、これなら3兆円くらい儲けが出るのでなかなかに説得力がありますね、予算が青天井ならば。

でも、ない袖は振れませんよね。21年度予算のコロナ予備費は5兆円だそうですから、ここは無駄な出費をぐっと抑えてコロナ予備費を積み増すほうが良さそうです。インバウンドは開催の理由にはなりません。

一、ステイホームのキラーコンテンツとして

2021年、箱根駅伝の視聴率が高かったのは、正月を自宅で過ごした人が多かったからでは? 五輪も人をテレビの前にひきつけるのでは?

うんうん、これはなかなか良さそう。ただ、結局は減ったとは言え沿道に18万人も押しかけて、その模様がテレビで中継され、テレビ派と沿道派、つまり自重派と意に介さない派の間の溝を可視化してしまいました。

だったら五輪は無観客でやればいいのでは?

でも、東京なのに北海道でやるマラソンで完全な無観客はできないでしょう。これも理由にはならなさそう。それに、怒濤のドラマの再放送が立派に代役を務めそうです。

Getty logo

精神論はもうご勘弁を

一、五輪は夢を与えるから

これもまた精神論、いいですね。たしかに、自分の国で大イベントが開かれたという記憶はその後の人生になんらかの影響を与えるでしょうね。

でも、そんな時代もあったねといつか話せる日が来るのは、その後の人生がある人だけでして、命あっての物種。これも厳しいなあ。どうしたら堂々と開催できるだろう。

一、東京五輪を目指してきたアスリートがかわいそうだから

そうだよね。これは本当にお気の毒。だけど、この感染症によってライフプランが狂った人はたくさんいるよね。アスリートだけの問題ではないのです。

一、国立競技場をつくっちゃったから使わないともったいない

これもまた精神論ですが、もったいない精神は日本の美徳。2004年のノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイさんもお気に入りの言葉です。

ただ、もったいないの度が過ぎると損切りできないという問題も。せっかくの国立競技場は、現場への合流が求められる医療系学生の壮行会の場とすれば、成仏できるのではないでしょうか。何年かしたら、嵐が活動再開コンサートの会場に選んでくれるかもしれないし。

一、やるって言っちゃったから

布マスクの配布もそうだったね。配るって言っちゃったから止められなくて、でもホントは止めたかったのかな。進め一億火の玉だ。で

もでも、途中で布マスクの着用は止めて不織布に変えたじゃない? そういう柔軟性、大事だと思う。マウスガード派も、早いとこ宗旨替えをしたほうがよろしいかと思いますが。

一、中心メンバーが歴史に名を刻みたいから

この状態で開催すれば、間違いなく刻める。本人たちの意図とは別の形で。いっそ刻んでいただきたいけど、その対価、負担したくないなー。

どうしたらオリンピックだけは開催できるのか、私には力及びませんでした。国会議員だけは会食OKについても同様です。

関連する投稿


森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

「男性は会議が長い」には寛容であり、「女性は会議が長い」にはなぜ不寛容なのか。そもそも森元総理の発言のどこが「女性差別」なのか。大新聞、テレビ、週刊誌、ネット、外国メディアまで揃いも揃って叩きまくる、異常なメディア・リンチに花田編集長が物申す!


「アル中になれよ」とチューハイ2本|電脳三面記事

「アル中になれよ」とチューハイ2本|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。ぐいぐい飲めて、すぐに酔える「ストロング系」が話題になった2020年。一部では「合法麻薬」や「飲む福祉」などと言われているが……。


○○すぎるが多すぎる|電脳三面記事

○○すぎるが多すぎる|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。「○○すぎる」というのがやたら流行った時期がありますが、いまはその延長として本質から離れたプロフィールのエンタメ性が話題になっていますね。


アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」|電脳三面記事

アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。コロナ禍で食事の環境も変化があり、それに伴って食事にまつわるコンテンツも変わっていっております。あなたの本当に食べているものを教えてほしい!


人口の多いところvs少ないところ|電脳三面記事

人口の多いところvs少ないところ|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。コロナ禍によって始まった「新しい日常」ですが、それによって人口の多いところvs人口の少ないところの対立が始まり、それが後世に禍根を遺すことになる??


最新の投稿


多くの中国人はなぜ契約を破り平気で嘘をつくのか|石平

多くの中国人はなぜ契約を破り平気で嘘をつくのか|石平

「一族中心主義」と並んで、実は多くの中国人を動かすのにもう一つの伝統の行動原理がある。それは「実利中心主義」である。日本人と同じ価値観で中国人に接すると必ずや手痛い目にあう!


Jアノンに認定された保守言論人|山岡鉄秀

Jアノンに認定された保守言論人|山岡鉄秀

トランプ支持者を一括りに「陰謀論者」と決めつけ、危険な「カルト集団」と見なして排除しようとすることは、実に危険で馬鹿げた行為だ。敵とみなす人々を一緒くたにし、レッテル貼りして糾弾するやり方は「ネーム・コーリング」という伝統的なプロパガンダの手法である。「デマはどのように拡散されたのか」のリサーチを行い、「Jアノン認定」も行った、コーネル大学のモア・ナアマン教授にその真意を問う!


韓国国防白書の驚くべき「親中反日」|西岡力

韓国国防白書の驚くべき「親中反日」|西岡力

北朝鮮は敵でない、中国は戦略的協力同伴者と定める一方で、「韓国軍にとって協力への障害があるのは、世界で日本だけ」―日本を敵国認定した韓国国防白書。文政権下の韓国が今どこへ向かおうとしているのが一目瞭然だ。


英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母部隊の東アジア来航時、これにドイツ海軍のみならずフランス海軍も加わったら、英仏独というNATO主要海軍国が揃い踏みすることになり、クアッド(日米豪印4カ国)との共同訓練で中国に対しては強烈なメッセージを発することができる。


あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

《沈黙は賛同であると言われ、強く反省しています。私はいかなる性差別にも反対します》と世界陸上銅メダルの為末大。ならば、問う。「森発言」のどこが「女性差別」にあたるのか。《沈黙は賛同》であるならば、中国が行うウイグルでの「ジェノサイド」にこそ声を上げるべきだ。