中台のTPP加盟を仕分けする日本の知略|湯浅博

中台のTPP加盟を仕分けする日本の知略|湯浅博

中国が既存のTPPルールを守る意思があるとは思えない。日本はTPPが中国の覇権分捕りに利用されないよう、知略を尽くして加盟を阻止し、民主主義の価値を共有する台湾の加盟に道を開かなくてはならない。


環太平洋経済連携協定(TPP)の11カ国は、米国の巨大経済力を急追する中国の加盟申請を拒否できるのか―。米英豪3カ国が対中抑止の新しい安全保障の枠組み「オーカス」を発足させると、中国はこれに対抗するかのようにTPP加盟を申請した。台湾も間髪を入れずに名乗りを上げ、自由貿易協定であるはずのTPPがにわかに政治化してきた。

TPPにはもともと、日米主導の「中国に対する経済包囲網」という暗黙の了解があった。しかし、中国は米国が離脱した穴を埋めて、逆に太平洋地域での影響力拡大に利用する構えだ。日本はTPPが中国の覇権分捕りに利用されないよう、知略を尽くして加盟を阻止し、民主主義の価値を共有する台湾の加盟に道を開かなくてはならない。

中国のもくろみ

TPPへの新規加盟が相次ぐことは、自由経済圏の拡大につながるから、本来は大いに歓迎したいところだ。英国がすでに2月に加盟申請しているが、TPP支配をもくろむ中国と同列には論じられない。TPP11カ国が実現させた貿易・投資の高度の自由化は、習近平政権の下で強化が進む国家統制の対極にあるからだ。

TPPに対する中国の優先順位は、①台湾の加盟を阻止する②TPP11カ国を分断して対中包囲網を崩す③地域覇権を確立するテコとする―などだろう。なによりも、TPPルールを受け入れて加入条件を満たす台湾の加盟は絶対に許さない。1991年のアジア太平洋経済協力会議(APEC)で中台が同時加盟したことは「一つの中国」原則からの後退であり、中国が二度と繰り返してはならない悪夢なのだろう。

まして、中国が既存のTPPルールを守る意思があるとは思えない。2001年に加盟した世界貿易機関(WTO)では、不公正な貿易慣行を改めないまま、有利な交易条件だけを享受してきた。今回もその成功体験を踏まえて、「世界の貿易ルールを決めるのは大国だ」とばかり、例外扱いを要求するのは目に見えている。

英の加盟手順を先例に

果たしてTPP11カ国は中国の圧力に耐えられるか。確かにTPPには、全加盟国が賛成しないと新規に加盟できないとのルールがある。しかし、加盟国の多くは中国が最大の貿易相手国という事情があり、半数以上の加盟国が受け入れになびいた場合に、中国の狙いどおりに「TPPの分断」が進む可能性がある。東南アジア諸国連合(ASEAN)のうち、早くもシンガポールとマレーシアが中国のTPP入りを歓迎している。しかも来年は、TPP議長国がそのシンガポールになるところから、中国は加盟交渉に入れる可能性が高くなる。

したがって日本は、米国のTPP復帰を求めつつ、先行して加盟交渉に入っている英国に新規加盟条件を厳格に適用することが肝要である。これをいわば新規加盟の先例としてTPP全体で共有し、中国にも当てはめる。条件を満たさなければ加盟交渉に入れないように定式化する必要がある。当然、台湾が条件を満たせば交渉の道は開かれることになる。日本はオーストラリア、カナダなどを巻き込みながら、粛々と手順に沿って進めるべきであろう。(2021.09.27国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


改憲へ岸田氏の熱意を信じたい|田久保忠衛

改憲へ岸田氏の熱意を信じたい|田久保忠衛

岸田首相の改憲への熱意は、改憲を望む人々にとっては勇気づけられる思いだろう。ただし、首相の率いる自民党派閥の宏池会が改憲に積極的かどうか疑問を呈しないわけにはいかない。


「2021年11月号」新聞広告大公開!

「2021年11月号」新聞広告大公開!

「小石河連合」はなぜ不発に終わったのか。自民党総裁選、アフガニスタン、新型コロナなどマスメディアが作り上げた「虚像」を斬る!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年11月秋冷号

月刊『Hanada』2021年11月秋冷号

「高市早苗独占手記」をはじめ、総力大特集「安倍・高市は本気だ!」、総力特集 「アフガン崩壊は日本の危機!」、特集「ありがとう、菅総理!」、岸信夫防衛大臣インタビュー(聞き手・有本香)、「台湾・尖閣徹底大討論」、特別対談「横尾忠則×みうらじゅん」など11月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


アフガン退避作戦難航の根源に戦後体制|田久保忠衛

アフガン退避作戦難航の根源に戦後体制|田久保忠衛

アフガニスタンからの邦人等退避措置をめぐって見当外れの政府批判は御免被りたい。問題の根源は深いところにあるのだ。


河野太郎氏は脱原発を封印していない|奈良林直

河野太郎氏は脱原発を封印していない|奈良林直

反原発団体や立憲民主党と同一の主張を繰り返す河野太郎氏。当時外相だった河野氏は、何ら指摘されてもいないのに、国際原子力機関(IAEA)に対して、「日本はプルトニウムを減らす」と宣言してしまった。「河野談話」に匹敵する「第二の河野談話」である。


最新の投稿


「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

菅総理はなぜ退陣しなければならなかったのか。「総花的でぼんやりしている」との厳しい声に岸田内閣はどう向き合えばいいのか。そして、なぜ、矢野財務次官は月刊誌で「このままでは国家財政は破綻する」と政府批判を展開したのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

「水に流す」という言葉があるが、「水に流せない」こともある。2011年、「高濃度汚染地域・東京から山本太郎です。超高濃度汚染地域、福島・東北にお住まいの皆さん、こんにちは」「避難してください。未来はないです。子供たちを無理心中に引き込まないでください。大人として、子供のためにも疎開してください」と発言した山本太郎を再び、国会議員にしてもいいのか。


【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。もう忘れられた感がありますが、某メンタリストのやらかしたことを覚えていますか? 失敗してもやり直せるのはいいことですが、加害者だけがやり直せるのはいかがなものでしょうか。


自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは新たな延長期間に入り、対象年齢もが引き下げられ16歳と17歳への接種が始まった。自衛隊が運営しているだけに、接種会場はシステマティックで、見事な運営がされているという。だが、その一方で「近頃、何でもかんでも自衛隊、これでいいのか?」という危惧の声も聞かれる。自衛隊元最高幹部の問題提起!(初出:月刊『Hanada』2021年9月号)