快楽殺人者はなぜ解き放たれたのか|門田隆将

快楽殺人者はなぜ解き放たれたのか|門田隆将

2019年に起きた茨城一家殺傷事件で、逮捕された岡庭由征容疑者。 酒鬼薔薇聖斗と同様、サイコパスの兆候が明らかだったにも関わらず、なぜ、止めることができなかったのか。日本社会に潜む偽善と矛盾を暴く。


ネコの生首を教室に

「やっぱり殺ったのか」
「こうなると思っていた……」
 
2019年9月23日に発生した茨城県猿島郡境町の一家四人殺傷事件で逮捕された岡庭由征(26)について、マスコミからコメントを求められた私は、彼が過去に起こした事件の担当者たちがそんな感想を口にしたことが無性に悔しかった。
 
それは長い間、くり返されて来た「いつものこと」だからだ。私がコメントを求められたのは、やはり神戸の酒鬼薔薇聖斗事件などの少年事件を念頭に置いてのことだろう。性犯罪、快楽殺人、再犯確率など、多くのキーワードがそこには存在する。

だが、事件が「やっぱり起こったか」というものであり、これまでの多くの犠牲者の「死」がなにも生かされていないことに腹立ちというレベルを超えた激しい怒りがこみ上げてきたのである。
 
事件の全貌が明らかになるにつれ、酒鬼薔薇事件との共通点に多くの人が衝撃を受けた。子供の頃からやカエルを殺して遊ぶ岡庭。嬉々として身体を切り刻んでいく子供のようすを想像するだけで背筋が寒くなる。
 
岡庭は、高校時代にはネコの生首を教室に持ってきて大騒動になった。学校に呼び出された親は、それでも本人の「あれはオモチャだよ」という言い訳を信じて、何のアクションも起こさなかった。

裕福な土地持ちで地元の名士の家系に生まれた岡庭は、全面的に自分のことを信じてくれる親に甘やかされ、なに不自由なく生活していたのだ。
 
2011年、16歳の岡庭は、埼玉県三郷市の路上で中学3年の女子生徒のあごを刃物で刺した。2週間後、今度は千葉県松戸市の路上で小学2年の女児の腹部など数か所を刺す事件を起こして逮捕される。2件の殺傷事件を起こしていた酒鬼薔薇と同じだ。

愕然とした、岡庭の告白

公判で岡庭は、ニヤニヤして反省の態度を見せることはなかった。愕然としたのは、包丁に付着していた被害者の血を舐めて「自慰行為をした」との告白だった。

酒鬼薔薇と同様、性的サディズムが事件の原因であることが明らかになった瞬間である。動物を傷つけ、殺し、徐々にエスカレートして、性衝動と相俟って殺人事件に至る典型的事例だ。
 
動物虐待や殺人そのものに性的興奮を覚える快楽殺人者は、人間の心を持たないモンスターである。人間なら、誰しも殺される者の心の痛みを感じる。身体を切り刻まれる側の痛みを想像するのだ。

しかし、快楽殺人者は、他人の痛みを全く感じず、良心も存在しない。憐憫の情というものがないのである。冷情性の精神疾患であり、サイコパスだ。反省も後悔もなく、もちろん罪悪感さえ持たない。
 
こういう人間の再犯率が高いことは、さまざまな学術論文で指摘されている。では、新たな犠牲者が生じないように、日本ではなんらかの対策がとられているだろうか。
 
岡庭は結局、医療少年院(現在は「第三種少年院」に名称変更)送りになる。

家裁の決定は「治療教育的働きかけには相当の長期間を要する」というもので「五年程度の処遇」を勧告し、「23歳でなお精神に著しい問題がある場合、26歳を超えない期間で医療少年院への収容を継続することが検討されるべき」というものだった。つまり26歳までの「期間限定」の治療である。
 

偽善に蝕まれ、本末転倒の社会

関連する投稿


日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

日本を守るための“最後のチャンス”|門田隆将

2月に始まったロシアによるウクライナ侵攻は、日本にさまざまなことを突きつけた。いまこそタブーなき議論で日本を守るための手を講じよ!


ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

ウクライナが日本に教えてくれる“世界の現実”|門田隆将

憲法9条の改正も未だできず、自衛隊も“違憲状態”で、集団安保体制が築けない日本――ウクライナがロシアに侵攻された経緯をたどりながら、日本の存続のために何が必要なのかを見つめ直す。


「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

「Dappi」問題の仕掛人 小西洋之こそ“人格破綻者”|岩瀬朗

2021年10月6日、立憲民主党の小西洋之、杉尾秀哉の両参院議員が匿名アカウントのツイートで名誉を傷つけられたとして、計880万円の損害賠償と投稿一本の削除などを求める訴訟を東京地裁に起こした。「Dappi」のどのツイートが名誉棄損なのか。安倍晋三元総理を「人格破綻者」などと罵る小西議員こそ「人格破綻者」ではないのか。「Dappi」問題の真相に迫る! (写真/杉尾ひでやHP)


岸田政権は「習近平国賓来日」に突き進むのか|門田隆将

岸田政権は「習近平国賓来日」に突き進むのか|門田隆将

天安門事件で国際社会から制裁を受けていた中国は、宮澤喜一政権による「天皇訪中」で、国際社会に復帰を果たした。同じ宏池会の岸田政権も、同じ轍を踏むのか――。


岸田親中政権が嵌った「罠」|門田隆将

岸田親中政権が嵌った「罠」|門田隆将

親中なのではないか、という懸念が消えない岸田政権だったが、そこに“決定的なニュース”が……。


最新の投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)