泊原発運転差し止め判決と原告弁護団|奈良林直

泊原発運転差し止め判決と原告弁護団|奈良林直

北海道電力泊原子力発電所1~3号機の運転差し止めを認める判決を札幌地裁が出した。判決は、北電が取り組んできた安全対策に注目せず、裁判の長期化で事実上の「時間切れ」が来たとして、予想される津波と防潮堤の高さの議論だけで運転差し止めの判断を下した。


札幌地裁が5月31日、北海道泊村にある北海道電力泊原子力発電所1~3号機の運転差し止めを認める判決を出した。東日本大震災に伴う東京電力福島第一原発の事故後、各地で原発の運転差し止めや設置許可取り消しを求める訴訟が起こされたが、いずれも上級審で覆っている。今回の原告も「脱原発弁護団全国連絡会」の支援を受けた「日本国内又は海外に居住する1201名」である。判決は、北電が取り組んできた安全対策に注目せず、裁判の長期化で事実上の「時間切れ」が来たとして、予想される津波と防潮堤の高さの議論だけで運転差し止めの判断を下している。

左翼イデオロギーの訴訟活動

脱原発弁護団全国連絡会の共同代表の河合弘之、海渡雄一両弁護士らは、左翼イデオロギー的な視点で原発を「悪」と決めつけ、全国で反原発訴訟を展開している。しかし、安全対策を徹底した原発の電力安定供給への役割は大きい。

泊原発の場合は、現在、津波のシミュレーションや地盤液状化に関して原子力規制委員会の審査を受けており、高さ16.5メートルのコンクリート製の防潮堤を岩盤の上に直接設置して液状化の影響を受けない堅牢な防潮堤に作り直すことを表明している最中であった。

判決文には、「本件訴訟は提訴から10年以上、原子炉の変更許可申請から約8年もの期間が経過したが、(中略)被告が、原子力規制委員会の適合性審査をも踏まえながら行っている主張立証を終える時期の見通しが立たず、(中略)審理を継続することは相当ではない。」と記されている。また、運転差し止め請求については、「その運転によって周辺住民の人格権(生命・身体)を侵害するおそれを有する」とし、泊原発から半径30キロ以内に居住する原告44人の差し止め請求を認めた。

無視された多様な安全対策

筆者が指摘したいのは、泊原発では原子力規制委員会が定めた新規制基準に基づいて、多様な安全対策が施されていることである。防潮堤に加え、原子炉建屋入り口に大型で分厚い 水密扉(堅牢な防水扉)があり、安全上重要な機器を納める機器室の入り口も水密扉である。さらに高台には大型の電源車や注水ポンプなどの機材が配備されている。これにより原子炉を安全に停止できることや、放射性物質を濾し取ってから排気するフィルタベントも備えていることを今回の判決は無視している。

原告らが放射線を浴びて命や身体に致命的な危害を受けることは、限りなくゼロに近い。ロシアのウクライナ侵攻に伴う米欧主導の経済制裁で天然ガスなどの価格が高騰しており、火力発電による電気代が上がって生活弱者の生存が脅かされるリスクの方が高い。

「時間切れ」の司法判断は原子力規制委の遅々とした適合性審査が招いたともいえる。「概ね2年で審査し、審査中に審査条件を変えてはならない」という行政手続法を順守し、審査を迅速化する規制委の組織の見直しが必要であろう。反原発の主張が幅を利かす日本と対照的に、欧米や中国では多数の原発が建設されようとしているのだ。(2022.06.13国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

フランスの歴史人口学者・家族人類学者エマニュエル・トッド氏の発言は、日本人の常識を超えるものだった。


小型核融合炉は実用段階に程遠い|奈良林直

小型核融合炉は実用段階に程遠い|奈良林直

世界の開発競争に負けないように開発投資を急ぐべきだとの意見も一部にあるが、実は核融合炉が商業用発電炉として実用化される見通しすら付いていないことを指摘したい。


言葉だけの核抑止重視であってはならない|太田文雄

言葉だけの核抑止重視であってはならない|太田文雄

ロシアのウクライナ侵略を抑止できなかった主たる要因の一つは、バイデン米大統領が本来曖昧にしておくべき米軍事力使用の可能性について、昨年末にその選択肢を明確に排除したことである。


財務省主導の防衛国債反対論を排す|櫻井よしこ

財務省主導の防衛国債反対論を排す|櫻井よしこ

政府内では財務省主導でプライマリーバランス(PB)を重視し、防衛国債の発行に反対する動きが加速中だ。自らの内閣を「政策断行内閣」だと誇る岸田首相は、日本が平時ではなく有事にあるとの認識をまず明確にし、国防体制の根本的転換を実現しなければならない。


美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

肉体は滅びても死者の魂は日本国の空、深い森や清らかな水辺のどこかにいらして、生者である私たちと日本国を見守って下さっている、と信じている。日本国のために闘い続けた安倍氏への深い感謝を国民こぞって静かに捧げる美しい日本の姿を国葬儀で世界に示そう。


最新の投稿


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!