被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

近代文明は、常に明るい未来を強迫観念的に展望し、過ぎ去った悲惨も犠牲となった死者も忘却へ押しやろうとしてきた。だが、一人一人のこころのうちから惨禍や死者の記憶を消すことはできない。


「復興」とは

昨年の10月に所用で福島へ行くことがあり、第一原発近く、いまだに帰宅困難地域になっているあたりを車で走った。窓ガラスが割れた家がそのままで放置されたりしている。  

9月に双葉町にオープンしたばかりの東日本大震災・原子力災害伝承館も訪れた。周囲に何もない更地のなかにえらくすっきりとしたモダンなこの建物だけが建っており、少し場違いな何とも奇妙な感触である。収集した資料は膨大であり、展示は今後充実してゆくのであろう。それは10年前の記憶を館内に収め、この10年の復興を記録しようとする。  

もちろん大震災の記憶をこの建物内に展示し、そのすさまじさを記録として留めるなどということは無理な話だ。だが、震災や原発事故の経験をひとつの建物の内部に押し込め、瓦礫も何もすべてとっぱらわれた空白の土地にモダンな記念館を建てるということの違和感は、致し方ないとはいえ、感じるほかない。これも「復興」のひとつの証なのである。やがて周辺にも次々と建物や家々が建つのであろう。  

たしかにやむをえないのであろうと思う。津波に流された街をすべて更地にし、新たに街を作る。とてつもない災禍を記念館や資料館に記録として保存し、再び前へ向かって前進する。「復興」とはそういうものである。  

戦後復興も、はるかに規模は大きかったが同じことであった。惨禍は歴史の記録に留めて残し、ひたすら経済復興に邁進した。それから70年以上、戦後の日本は、まぎれもない経済大国となり、それでもまだ便利、快適、物的な富の拡大を求めて経済成長を追求している。戦争の記憶もほとんど薄れてしまった。  

東日本大震災の「災後」10年、表面的に見れば「復興」の形は同じである。復興資金をバラマキ、土地を更地に戻し、この空白の上に再び街を作り、経済を立て直す。東北復興の象徴が東京のオリンピックであったが、このとってつけた象徴もコロナで吹っ飛び、今度はコロナからの回復オリンピックなどといっているが、その開催も定かではない。  

現実的にいえば、「復興」は必要であろうし、日常生活と経済の回復も不可欠であろう。多額の支援金が支払われ、仮設住宅が次々と建てられ、津波のあとを更地にして、すっかりきれいになった街を再建するという「復興」も不可欠であろう。

文明の進歩と災害の被害

Getty logo

しかし、東北を離れてこれをひとつの文明を襲った惨禍と見るならば、私にはやはり、かつて寺田寅彦が述べたことが気になる。関東大震災(1923年)や函館大火(1934年)、室戸台風の襲来(1934年)などの天変地異を目の当たりにした寺田は『天災と国防』(1934年)においてこういうことを書いていた。  

寺田は、文明の進歩につれて災害の被害は大きくなる、というのだ。文明が進むにつれ人は自然を克服しようとする。そして自然の脅威を封じたつもりになる。しかし、突然、自然は檻を破った猛獣のごとくあばれだして人命を奪う。これは天災ではあるが、その惨禍をかくも巨大化するものはといえば、自然に反抗しようとする人間の細工である。  

単細胞のような動物であれば、どこかが切断されても各片が生き残るが、複雑な有機体になると、どこか一片が切断されるとその全体が機能不全に陥る。高等動物は針一本でも命を失いかねない。こういう文明のなかにわれわれはいる、というのだ。  

実際、寺田は、関東大震災について、地震そのものはそれほどのものでもなかった。惨禍を拡大したものは、火事であり、人々の心理的動揺であり、都市の機能不全であった、ということを書いている。つまり、巨大な都市化、経済生活の有機的な高度化(高度な分業体制)、それに、自然を管理できるとみなす人間の驕り、同時にまた予想しえない不確実性の襲来に際してパニックを起こす文明人の集団心理。こうしたものこそが災害をとてつもなく巨大化したのである。  

関東大震災に際しても「天譴論」が唱えられた。天譴も、自然を征服できるとする文明人の驕りに向けられた言葉とみなせば、しごく当然のことである。いや、ここでわれわれは「天」という観念が決して死に絶えていないことを知るべきであろう。

関連する投稿


世界に示した日本人の雄々しさ|安倍晋三

世界に示した日本人の雄々しさ|安倍晋三

平成23年(2011年)3月11日は、いまを生きる私たちにとって忘れ得ぬ日となりました――安倍晋三前総理が初めて綴った東日本大震災と日本論。


月刊『Hanada』2021年4月春嵐号

月刊『Hanada』2021年4月春嵐号

安倍晋三「世界に示した日本人の雄々しさ」、佐伯啓思「被災者に寄り添うとは」、内館牧子 「『もの言う東北人』になるべき時」、大崎洋「力強い連帯の証 笑いに願いを」、海原純子「忘れられない『共通点探し』、内山節「人々を動かした基層的精神」、生島ヒロシ「妹夫婦が天国で見守ってくれている」、西村由紀江「『ピアノがほしい』夢を叶えた少女」、石井光太「遺体安置所に集まった被災者の10年後」、山折哲雄「『関東大震災』後と『東日本大震災』後」、特集「東日本大震災10年に想う」は永久保存版!


原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

福島原発の処理水の現状を放置したままでは原発の廃炉は進まず、福島の復興はありえない。政府は一刻も早く処分方法を決定し、実行しなければならない。一方で懸念されるのが風評被害の拡大だ。そこで、各方面からの反対意見を最小化し、早期に実現できる画期的な方策を緊急提言する。


朝日新聞「伝承館語り部検閲記事」は即刻、撤回すべきだ|渡辺康平

朝日新聞「伝承館語り部検閲記事」は即刻、撤回すべきだ|渡辺康平

被災者を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい!「東日本大震災・原子力災害伝承館」を巡る悪意に満ちた印象操作と誘導尋問――いま朝日新聞の報道によって深刻な被害が生じている。繰り返される報道被害。被災者を貶め続ける朝日新聞の大罪!


第二の吉田調書事件か またも罪なき被災者を踏みにじる朝日新聞|赤津今朝二

第二の吉田調書事件か またも罪なき被災者を踏みにじる朝日新聞|赤津今朝二

またか……。朝日新聞は吉田調書事件の反省など一切していない!内輪ウケありきでやめられない捏造体質。いったい何度被災地を貶め、風評被害をまき散らし、復興の邪魔をすれば気が済むのか。朝日「スクープ」報道への重大疑問。


最新の投稿


「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

8月26日、岸田文雄前政調会長が総裁選への出馬を表明。9月3日、菅義偉総理が総裁選への不出馬を表明。8日には高市早苗前総務相、10日には河野太郎行政改革担当相が総裁選への出馬を正式表明。この国を守れるのはいったい誰なのか。絶賛発売中の月刊『Hanada』2021年10月号より、山際澄夫氏の連載「左折禁止!」を特別無料公開!


【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

急転直下、辞任に意向を示した菅総理。朝日、毎日は勝ち誇ったように報じるが、マスコミが「コロナ恐怖」を煽り、国民はその八つ当たりで政権を非難していたに過ぎない。菅総理の功績を、いまこそ振り返ろう。


新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

新型コロナを早く「5類」へ!|門田隆将

“人流抑制”に取り憑かれた尾身茂会長と分科会に翻弄される菅政権、コロナ恐怖を煽るだけのマスコミ……政治家もマスコミも言わないコロナ対策の本質について鋭く切り込む!


【わが政権構想】日本経済強靭化計画|高市早苗

【わが政権構想】日本経済強靭化計画|高市早苗

「安倍さんに『出馬してください!』と何十回お願いしても『100%ない』とおっしゃるので、7月下旬、もうこれが最後との思いで、もう一度お願いしました。そこできっぱり断られたので、『そんなんやったら、私、出たるからな』と安倍さんに言うたんです。止められもせず、勧められもしませんでしたが。勉強会を何度も重ねて、一緒に政策作りにも励んできました。『書き溜めてきた政策はどうすればいいんですか』と安倍さんに尋ねたら、『高市さんが発表すればいいじゃない』と(笑)」(月刊『Hanada』2021年10月号より)。独占無料公開! 高市早苗議員が日本を強くする「経済強靭化計画」のすべてを語った!