【読書亡羊】「自戒」したなら日々に生かそう――青木理・安田浩一『この国を覆う憎悪と嘲笑の濁流の正体』を読む

【読書亡羊】「自戒」したなら日々に生かそう――青木理・安田浩一『この国を覆う憎悪と嘲笑の濁流の正体』を読む

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


ナショナリズムのためにここまでやるのか

安田氏は〈(2002年のW杯日韓共催は)日韓が仲良くなるお祭りだった反面、ワールドカップを見てネトウヨになったという人が結構いる〉とし、その理由について次のように推論を述べている。

〈彼らは初めて生身の韓国というものをワールドカップで、いわば発見したのではないか〉

〈ワールドカップで、韓国のナショナリズムやパワーを目の当たりにすることによって、嫌韓の波が起きてきた〉

実はこの文言自体は正しいのだが、その後の解説には若干の疑問を差し挟みたい。安田氏は続けて、「極東の小国に過ぎないと日本が軽視してきた韓国」が、W杯ではベスト4に入るなどサッカーも日本より強く、インフラもエンタメも日本より上だと知ったから、鬱屈が表面化したのでは、と説明している。

確かに当時、日本人は韓国の生身のナショナリズムを目の当たりにしたのだが、それは「韓国の方がW杯の成績が良かったから」というだけではない。W杯日韓共催を通じて日本人が目の当たりにしたのは、韓国チームがアンフェアな試合運びを意図的に展開していたことではなかったか。

今もって語られるのは、ベスト16を決める韓国対イタリアの試合だ。どう見てもおかしな主審のジャッジ。ラフプレーでは済まされない韓国側の選手の〝攻撃〟。負けたこと以上に、まともに試合をさせてもらえなかったイタリア選手やイタリア国民の怒りは、20年近くたった今でも折に触れ噴出している(参考記事下記リンク)。

ナショナリズムのためにここまでやるのか。W杯が嫌韓の波の発端のひとつとなったのにはこうした理由があったのだが、安田氏は触れていない。

ここに嫌韓を巡る大きな問題がある。韓国側の振る舞い自体もさることながら、明らかな韓国側の問題を指摘しないメディアや識者のアンフェアさが「嫌韓」を生む土壌になったことも事実である、ということだ。

「朝鮮総連に押されていたメディア」との証言

しかも、そうした作用については、本書で青木氏が指摘してもいる。

青木氏は日朝会談以前の報道の現場の感触として〈日朝首脳会談以前のメディア界には北朝鮮への直接的批判がはばかられるような雰囲気もありました〉〈多くのメディアも朝鮮総連に気圧されて報道も自制気味な面が間違いなくあった〉とし、「(メディア人として)自戒が必要だ」と述べている。

これはかなり重要な指摘だ。青木氏も安田氏も、「そのあとのバックラッシュとしての北朝鮮、ひいては韓国を含む朝鮮半島への嘲笑・批判」がヘイト的なまでの嫌韓に発展したことを、本書を通じて批判しているのだが、少なくとも青木氏自身は、こうした「嫌韓の高まり」の原因の一端が「自制していたメディア側の問題」にあることを認識しているのだ。この点も全く同感ではある。

全てのヘイトの責任をリベラルメディアに押し付ける「保守側の自責点ゼロ理論」を展開するつもりはないが、同感するだけに、ではこの「自戒」を青木氏は普段の言論活動にどう生かしているのか、と問いたい。というのも、これも本書でも触れている2019年のソウルでの韓国人男性による日本人女性への暴行事件をめぐる経緯があるからだ。

この時、青木氏は「本来ならメディアが報じない程度の事件が大きく報じられたことで日韓関係に悪循環が生じている」と述べて猛反発を受けたという。

しかし「メディア側の自制があったところに、ある事件をきっかけにして嫌韓がバックラッシュ的に噴出した」ことを知っている青木氏なら、すでに報じられた暴行報道に関するこのコメントが「バックラッシュを煽るもの」にしかならないことにも気づけたのではないか。

実際、この発言で「悪循環」に「さらなる悪循環」が生じることになった。

せっかくの「自戒」はぜひ生かしていただきたいものだ。

お二人の言う「濁流」を「清流」に変えるためには、リベラル派による保守批判「だけ」では達成できない。本書はそう考える下地にもなるはずだ。

関連するキーワード


梶原麻衣子 書評 読書亡羊

関連する投稿


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】実は「投票用紙が一番安全」!? 不正選挙を防止せよ! 土屋大洋・川口貴久編著『ハックされる民主主義』(千倉書房)、山田敏弘『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』(文春新書)

【読書亡羊】実は「投票用紙が一番安全」!? 不正選挙を防止せよ! 土屋大洋・川口貴久編著『ハックされる民主主義』(千倉書房)、山田敏弘『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』(文春新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【読書亡羊】フランス発・中国の「見るも明らかな捕食行為」 ピエール=アントワーヌ・ドニ著、神田順子監訳『世界を食らう龍・中国の野望』(春秋社)

【読書亡羊】フランス発・中国の「見るも明らかな捕食行為」 ピエール=アントワーヌ・ドニ著、神田順子監訳『世界を食らう龍・中国の野望』(春秋社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


核議論するならまずはここから! 兼原信克・太田昌克・高見澤將林・番匠幸一郎『核兵器について、本音で話そう』(新潮新書)

核議論するならまずはここから! 兼原信克・太田昌克・高見澤將林・番匠幸一郎『核兵器について、本音で話そう』(新潮新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!