【読書亡羊】「自戒」したなら日々に生かそう――青木理・安田浩一『この国を覆う憎悪と嘲笑の濁流の正体』を読む

【読書亡羊】「自戒」したなら日々に生かそう――青木理・安田浩一『この国を覆う憎悪と嘲笑の濁流の正体』を読む

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


月刊『Hanada』も濁流を生んでいる?

月刊『Hanada』では、主に藤原かずえさんの「モーニングショー」批評記事でおなじみの元共同通信・青木理氏と、ネトウヨ・右派ヘイト批判でこちらも名を馳せる安田浩一氏の対談本『この国を覆う憎悪と嘲笑の濁流の正体』(講談社α新書)

第一章から〈『WiLL』や『Hanada』あたりを読んで喜んでいる層〉……などと、当サイト、あるいは『Hanada』読者やその周辺と見なされる右派がタイトル通り「この国を覆う憎悪と嘲笑と濁流」を生み出している、というお二人の認識が開陳されている。

しかも、在日コリアンらを「ゴキブリ」などと表現する運動団体やネットユーザーはごく一部であるにもかかわらず(もちろん一部でも許されないが)、ネトウヨについては〈ゴキブリとは逆に、100人くらいの規模に見えても実質は一人しかいない〉(安田氏)とゴキブリになぞらえてしまうのはいかがなものかという疑問を抱く。

ただ、それでも読んでいくと、意外に沖縄の問題等ではそう違和感なく読める部分もあったりと、なかなか発見のある一冊だ。

具体的に一つあげれば、4月28日の、保守派が言うところの「主権回復の日」は、沖縄にとっては「屈辱の日」であるという青木氏の指摘。この点、全く同感で、私も『WiLL』編集部員時代に、「主権回復の日の祝日化に反対」する沖縄出身の自民党衆院議員・西銘恒三郎氏に、この件について話をうかがっている(2013年6月号)。

「占領の継続として、激戦地だった沖縄に米軍基地を置き続けること」の是非ではむしろお二人と同じ立場であり、いくら保守派であっても一部の「沖縄ヘイト」的言動に関しては嫌悪感を覚える。

ただ、激戦地になったということは地理的に要衝地であることを示してもいて、単に米軍が撤退すれば済む問題ではない。せめて、遠隔兵器を近隣の島に配備させるとか、自衛隊の駐屯を拡大してその中に米軍の機能を置く(ほぼ不可能だが)など、なんらかの対案が欲しいところではある。

この国を覆う憎悪と嘲笑の濁流の正体

「嫌韓の始まり」はどこから?

さて、意外にも共通する観点もあったのだが、当然のことながら反発を覚える部分や疑問を感じる部分もあった。また、「これは事実関係として正しいのか?」と思う部分もあるため、ここで指摘してみたい。

それは「嫌韓、ネトウヨの始まりはどこから?」について論じられた箇所だ。

「ネトウヨ」という言葉にはいろいろな意見があり、こうした侮蔑的呼称を認めない、という保守派も少なくない。一方で、私の記憶ではまだ「ネトウヨ」が原型の「ネット右翼」という名称を保っていた時代、「仮に自分の意見やスタンスがネット右翼と呼ばれてもかまわない」とその呼称を(自嘲気味であれ)受け入れていた人も少数ながらいたことは記しておきたい。

それはともかく、「ネトウヨの始まり」は一般的に2002年サッカーワールドカップの日韓共催を起点とする説が語られがちだ。しかし本書では「拉致問題が表面化した時点、特に日朝会談後からではないか」と青木氏が指摘しており、私もそれに賛成だ。W杯も理由のひとつではあったが、社会的なインパクトでいえば拉致問題の方が相当大きかった。

ただ、それに続く部分で疑問がある。

関連するキーワード


梶原麻衣子 書評 読書亡羊

関連する投稿


【読書亡羊】習近平に読ませてはいけない! ルトワック『ラストエンペラー習近平』

【読書亡羊】習近平に読ませてはいけない! ルトワック『ラストエンペラー習近平』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末、もとい、今回は連休書評!


【読書亡羊】万引きGメンの夢は遠くなりにけり

【読書亡羊】万引きGメンの夢は遠くなりにけり

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


【読書亡羊】やっぱりロシアは「おそロシア」

【読書亡羊】やっぱりロシアは「おそロシア」

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


著者インタビュー|高樹のぶ子『小説伊勢物語 業平』

著者インタビュー|高樹のぶ子『小説伊勢物語 業平』

千年読み継がれてきた歌物語の沃野に分け入り、美麗な容貌と色好みで知られる在原業平の生涯を日本で初めて小説化。「古典との関わり方として、私は現代語訳ではなく小説化で人物を蘇らせたいと思ってきました」(「あとがき」より)という著者に業平の魅力などを語っていただきました!


最新の投稿


月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

「菅首相、衆院選目標『私は欲張り』」(時事)、「首相、憲法改正『挑戦したい』」(共同)、「首相改憲に意欲『コロナに打ち勝った後に挑戦』」(産経新聞)、「菅首相 衆院解散時期 “コロナを収束させていく中で”」(NHK)など、菅義偉総理が国民の疑問と不安にすべて答えた「独占インタビュー」が早くも各メディアで話題に!総力大特集「中国共産党100年の大罪」、橋本聖子会長「五輪、無観客 決断の舞台裏」、「激突大討論!稲田朋美×小川榮太郎」、「朝日新聞崩壊の全真実」など9月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


中国経済「死に至る病」(上)

中国経済「死に至る病」(上)

中国経済は本当にV字回復しているのか?経済成長の内実を示すいくつかの数字を詳細に分析することで判明した中国経済の実像と不治の病。


被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

被災者に寄り添うとは|佐伯啓思

近代文明は、常に明るい未来を強迫観念的に展望し、過ぎ去った悲惨も犠牲となった死者も忘却へ押しやろうとしてきた。だが、一人一人のこころのうちから惨禍や死者の記憶を消すことはできない。


東京五輪開催は日本にとって最大のチャンスだ|猪瀬直樹

東京五輪開催は日本にとって最大のチャンスだ|猪瀬直樹

「オリンピック出て行け」などと叫んでいる人たちを見ると、まるで鎖国していたころの尊皇攘夷派と一緒だという気がしてならない。 コロナ禍のいまだからこそ、人間の限界に挑戦する選手の活躍から勇気をもらうことが「夢の力」につながる。  


立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

立憲民主党は日本に絶対必要ない~難癖・大嘘・職務怠慢の実態|馬場伸幸

理念も信念も何もない。ただただ、自分が議員バッヂをつけて国会議員でいられさえすればそれでいい。そのためだったらイデオロギーもポリシーもかなぐり捨てて、共産党であろうと手を組む。そんな政党は日本にとって百害あって一利なしだ!何度でも断言する、立憲民主党は日本に絶対必要ない!