なぜ体育会の「根性論」はなくならないのか|山口香

なぜ体育会の「根性論」はなくならないのか|山口香

日本大学アメフト部の問題は、「反則タックル」が発生した試合中の映像もさることながら、会見を開いた際の内田正人前監督の姿勢も、世間を驚かせたのではないでしょうか。 タックルを行なってしまった選手が開いた会見では、「アメフトを嫌いになってしまった」などと述べる姿に同情が集まりましたが、内田前監督の会見に対しては、「監督は悪いと思っていないのではないか」と感じた方も多かったと思います。 ここに、スポーツ指導における根深い問題が隠されています。


選手が一線を越えるとき

世界的に見ても、各競技の指導法は大きく変化しています。たとえば野球の投手に対して、昔は「とにかく黙って走り込め」という指導も認められていました。なぜ走り込みが必要なのかという理由や理屈よりも、「我慢して走り続けることが結果にがる」と言わんばかりでした。

ところがいまの子供たちは、そのような一方的な指導では納得しません。無理に走らせるよりも、「あなたが投げたいボール、スピードを生むには、投げる土台の足腰を鍛える必要がある。そのために、鍛練期であるこの時期には1日数キロ走ることが必要だ」と伝えたほうが効果的です。

昭和世代の人から見れば、何を甘やかしているんだと言われるかもしれません。しかし、このような目標と効果を示したうえでの練習が、以前の盲目的な練習より楽で苦しくないものかといえばそうではないのです。

いまの選手たちは、昔の選手たちよりもずっと厳しい練習をこなしています。頭も使っているし、何が効果的なのかをよく勉強してもいる。科学的な根拠や論理に基づき、練習だけでなく食事や睡眠といった生活スタイルまでを競技に捧げています。むしろそうでなければ、世界とわたり合っていけないからです。

もちろん、勝利への情熱はいつの時代でも、選手の心のなかにあるものです。柔道もそうですが、アメフトなども試合直前からアドレナリンを放出して、相手に全力で向かっていく精神力が必要です。

またどんな競技でも、スポーツはレベルが上がれば上がるほど、反則ギリギリのところを攻めながら勝利をもぎ取る技術と気持ちが必要なのもたしかです。

指導者側だけではありません。競技を見ている側も、特にプロスポーツやメダルのかかる五輪などの試合においては、「ギリギリを攻めろ」 「勝ちをもぎ取りに行け」と言いながら、一方でフェアプレーを望むという矛盾した気持ちを持っているはずです。

アドレナリン全開の選手が、時に一線を越えてしまう場合はあります。ネガティブな支配的圧力だけではなく、ポジティブで熱烈な応援や期待が、選手を「ルールの向こう側」に追いやることもある。このことは観客側も理解しておく必要があるでしょう。

選手が背負わされる「学校ブランド」

今回の日大アメフト部の件で言えば、近年、大学の運動部・体育会は、大学全体のブランディングの主役になっていることが、指導者や選手へのプレッシャーになっている一面も否定できません。

野球やラグビーの早慶戦などは、OBや現役学生が観戦に訪れ、寄付もたくさん集まっている。愛校精神はもちろんですが、やはり応援され、支持されるには「強いチーム」であることも求められます。

五輪などを見ても分かるように、スポーツには人々の心を1つにする求心力がありますから、各大学がブランディングの一環として運動部・体育会に期待するのもよくわかります。

しかし一方で、「絶対に勝たねばならない」 「やらねばならない」 「大学の名前を背負っている」という引くに引けないプレッシャーを、指導者や選手たちに与えている可能性も考慮しなければなりません。このプレッシャーが、スポーツで守らねばならないルールという一線を越えてしまう誘因になっているかもしれないのです。

指導者に必要な客観性

関連する投稿


どうしたらオリンピックを開催できるのか|電脳三面記事

どうしたらオリンピックを開催できるのか|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。なぜそれでもオリンピックだけは開催できるのか――ちょっと考えてみましょう。皆様の意見もお待ちしております。


嫌味なイチロー|花田紀凱

嫌味なイチロー|花田紀凱

花田編集長の「プチ暴論」第49回


「チームの看板」の痛みを知れ!|花田紀凱

「チームの看板」の痛みを知れ!|花田紀凱

花田編集長の「プチ暴論」第44回


引退の必要なし!|花田紀凱

引退の必要なし!|花田紀凱

花田編集長の「プチ暴論」第38回


山口香

山口香

筑波大学教授。1964年、東京都生まれ。84年、第3回世界選手権で日本人女性柔道家として史上初の金メダル。88年、ソウルオリンピックで銅メダル。「女姿三四郎」と称賛された。89年、筑波大学大学院体育学修士課程修了。同年現役を引退。段位は六段。筑波大学柔道部女子監督などを務め、08年、筑波大学大学院准教授。2011年、JOCの理事に選出。13年、全日本柔道連盟監事ならびに東京都教育委員会の教育委員に就任。2017年より現職。著書に『残念なメダリスト』(中公ラクレ)、『日本柔道の論点』(イースト新書)など。


最新の投稿


「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

菅総理はなぜ退陣しなければならなかったのか。「総花的でぼんやりしている」との厳しい声に岸田内閣はどう向き合えばいいのか。そして、なぜ、矢野財務次官は月刊誌で「このままでは国家財政は破綻する」と政府批判を展開したのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

「水に流す」という言葉があるが、「水に流せない」こともある。2011年、「高濃度汚染地域・東京から山本太郎です。超高濃度汚染地域、福島・東北にお住まいの皆さん、こんにちは」「避難してください。未来はないです。子供たちを無理心中に引き込まないでください。大人として、子供のためにも疎開してください」と発言した山本太郎を再び、国会議員にしてもいいのか。


【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。もう忘れられた感がありますが、某メンタリストのやらかしたことを覚えていますか? 失敗してもやり直せるのはいいことですが、加害者だけがやり直せるのはいかがなものでしょうか。


自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは新たな延長期間に入り、対象年齢もが引き下げられ16歳と17歳への接種が始まった。自衛隊が運営しているだけに、接種会場はシステマティックで、見事な運営がされているという。だが、その一方で「近頃、何でもかんでも自衛隊、これでいいのか?」という危惧の声も聞かれる。自衛隊元最高幹部の問題提起!(初出:月刊『Hanada』2021年9月号)