あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

《沈黙は賛同であると言われ、強く反省しています。私はいかなる性差別にも反対します》と世界陸上銅メダルの為末大。ならば、問う。「森発言」のどこが「女性差別」にあたるのか。《沈黙は賛同》であるならば、中国が行うウイグルでの「ジェノサイド」にこそ声を上げるべきだ。


「女性差別」でも「女性蔑視」でもない

Getty logo

森前会長の「女性は会議が長い」という発言、「女性差別」でもなければ、「女性蔑視」でもありゃしない。まず、朝日、毎日などが、そう書いて、ニューヨークタイムズなど外国メディアに流す。アジア、ことに日本では女性が虐げられているというのは、欧米のメディアが大好きな話題だから、わっと飛びつく。
 
NYタイムズ、「森氏の年齢と時代遅れの態度が本当の問題」、英紙、『フィナンシャル・タイムズ』では「東京五輪のトップが国家的恥をさらした」などなど。すかさず、「外国でも問題に」と批判を逆流させて騒ぎ立てる――。従軍慰安婦などと全く同じ構図だ。
 
そして、利用されるのが、今回はスポーツ選手。
世界陸上銅メダルの為末大(敬称略、以下同)。
「沈黙していることは賛同と同じと見られる。東京大会が開かれたら、あなたはその時に何を言ったのか聞かれる。私はいかなる性差別にも反対します」
性差別に賛成する人間はいないだろう。問題は森発言が「性差別」かどうかだ。
 
リオ五輪400メートル個人メドレー金メダルの競泳の萩野公介。
「がっかりした。そういう発言をする思考回路に行きつくのが信じられない」
 
競泳、ロンドン五輪銀メダリストの鈴木聡美。
「自分にも大きく影響が出ると思うので多くは語れないが、怒りも正直あった」
 
テニスの大坂なおみ。
「少し無知。立場のある人は発言する前に少し考えてみれば」
大坂なおみに、「無知」と言われちゃ、森前会長、立つ瀬があるまい。

ウイグルでの「ジェノサイド」には沈黙か

森前会長に最も厳しかったのはアイスホッケーで4回連続金メダルのカナダ代表だったヘイリー・ウィッケンハイザーIOC委員。
「五輪開催で東京に行ったら、朝食会場のビュッフェでこの男性を絶対に追い詰める。東京で会いましょう」
 
海千山千のIOC委員たちと、時には水面下で交渉を行い、招致が決まったら決まったでスポンサーに頭を下げ……。病気を抱え、週3回の透析をしながら、森前会長がどれほどの苦労をしてきたか。余人をもって替え難しというが、森前会長でなければ東京五輪は実現できなかったろう(コロナでまだ開催できるかどうか未定だが)。
 
一昨年、日本中を熱狂させた、ラグビーのワールドカップ。あれだって森前会長でなければ不可能だったろう。選手たちがオリンピックという最高の場で、自らの力を発揮できるのも長年にわたる森前会長の努力あってこそではないか。
 
そんな森前会長に対して感謝のひとつもなぜ言えないのか。
 
いずれも、取材する記者の側から「女性差別」「女性蔑視」とすり込まれた上での発言だから、ま、しかたない面もあろうが、マラソンで、シドニー、金メダルの高橋尚子、五輪4連覇のレスリング吉田沙保里など「発言を控え」た選手も少なくない。
 
最後に為末大をはじめとする森前会長を批判したアスリートに問いたい。
「あなたたちは北京五輪をボイコットしますか」、と。

「女性差別」「女性蔑視」どころじゃない。
中国は日々、ウイグルで女性虐待、女性暴行を繰り返している。モンゴルでも、チベットでも。
「そんな北京五輪に参加するんですか」と問いたい。
ウィッケンハイザーIOC委員、「あなたは北京のビュッフェで、習近平を追い詰めますか」。

関連する投稿


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

CSISシミュレーション 中国を撃退する“4つ”の条件|和田政宗

1月9日、米国の戦略国際問題研究所(CSIS)が、中国による台湾侵略シミュレーションの結果をレポートにして発表した。24通り中22回は中国を台湾から撃退することができたが、では残りの2回は何なのか。


「白紙の乱」で犯した習近平の致命的失態|石平

「白紙の乱」で犯した習近平の致命的失態|石平

「白紙の乱」を巡って習近平はある致命的な失態を犯した。中国の「繁栄と安定」の時代が終焉し、国全体は「動乱の時代」を迎える。 習近平政権は崩壊の危機から逃れるためには対外戦争に打って出る以外にないだろう。台湾有事が予定よりも早まる危険性がある。


最新の投稿


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


〝太陽光の直接受益者〟三浦瑠麗を政策立案に関与させた官邸の大罪|山口敬之【WEB連載第23回】

〝太陽光の直接受益者〟三浦瑠麗を政策立案に関与させた官邸の大罪|山口敬之【WEB連載第23回】

1月20日、三浦瑠麗氏は「今般、私の夫である三浦清志の会社が東京地方検察庁による捜索を受けたという一部報道は事実です。私としてはまったく夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ないことではございますが、捜査に全面的に協力する所存です」とコメントを発表。本当に「まったく」「関与」していないのか? (サムネイルは「三浦瑠麗チャンネル」より)