あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

《沈黙は賛同であると言われ、強く反省しています。私はいかなる性差別にも反対します》と世界陸上銅メダルの為末大。ならば、問う。「森発言」のどこが「女性差別」にあたるのか。《沈黙は賛同》であるならば、中国が行うウイグルでの「ジェノサイド」にこそ声を上げるべきだ。


「女性差別」でも「女性蔑視」でもない

Getty logo

森前会長の「女性は会議が長い」という発言、「女性差別」でもなければ、「女性蔑視」でもありゃしない。まず、朝日、毎日などが、そう書いて、ニューヨークタイムズなど外国メディアに流す。アジア、ことに日本では女性が虐げられているというのは、欧米のメディアが大好きな話題だから、わっと飛びつく。
 
NYタイムズ、「森氏の年齢と時代遅れの態度が本当の問題」、英紙、『フィナンシャル・タイムズ』では「東京五輪のトップが国家的恥をさらした」などなど。すかさず、「外国でも問題に」と批判を逆流させて騒ぎ立てる――。従軍慰安婦などと全く同じ構図だ。
 
そして、利用されるのが、今回はスポーツ選手。
世界陸上銅メダルの為末大(敬称略、以下同)。
「沈黙していることは賛同と同じと見られる。東京大会が開かれたら、あなたはその時に何を言ったのか聞かれる。私はいかなる性差別にも反対します」
性差別に賛成する人間はいないだろう。問題は森発言が「性差別」かどうかだ。
 
リオ五輪400メートル個人メドレー金メダルの競泳の萩野公介。
「がっかりした。そういう発言をする思考回路に行きつくのが信じられない」
 
競泳、ロンドン五輪銀メダリストの鈴木聡美。
「自分にも大きく影響が出ると思うので多くは語れないが、怒りも正直あった」
 
テニスの大坂なおみ。
「少し無知。立場のある人は発言する前に少し考えてみれば」
大坂なおみに、「無知」と言われちゃ、森前会長、立つ瀬があるまい。

ウイグルでの「ジェノサイド」には沈黙か

森前会長に最も厳しかったのはアイスホッケーで4回連続金メダルのカナダ代表だったヘイリー・ウィッケンハイザーIOC委員。
「五輪開催で東京に行ったら、朝食会場のビュッフェでこの男性を絶対に追い詰める。東京で会いましょう」
 
海千山千のIOC委員たちと、時には水面下で交渉を行い、招致が決まったら決まったでスポンサーに頭を下げ……。病気を抱え、週3回の透析をしながら、森前会長がどれほどの苦労をしてきたか。余人をもって替え難しというが、森前会長でなければ東京五輪は実現できなかったろう(コロナでまだ開催できるかどうか未定だが)。
 
一昨年、日本中を熱狂させた、ラグビーのワールドカップ。あれだって森前会長でなければ不可能だったろう。選手たちがオリンピックという最高の場で、自らの力を発揮できるのも長年にわたる森前会長の努力あってこそではないか。
 
そんな森前会長に対して感謝のひとつもなぜ言えないのか。
 
いずれも、取材する記者の側から「女性差別」「女性蔑視」とすり込まれた上での発言だから、ま、しかたない面もあろうが、マラソンで、シドニー、金メダルの高橋尚子、五輪4連覇のレスリング吉田沙保里など「発言を控え」た選手も少なくない。
 
最後に為末大をはじめとする森前会長を批判したアスリートに問いたい。
「あなたたちは北京五輪をボイコットしますか」、と。

「女性差別」「女性蔑視」どころじゃない。
中国は日々、ウイグルで女性虐待、女性暴行を繰り返している。モンゴルでも、チベットでも。
「そんな北京五輪に参加するんですか」と問いたい。
ウィッケンハイザーIOC委員、「あなたは北京のビュッフェで、習近平を追い詰めますか」。

関連する投稿


米ミサイルの日本配備へ活発な議論を期待する|太田文雄

米ミサイルの日本配備へ活発な議論を期待する|太田文雄

米国は対中抑止力として中距離戦力を配備したいと考えているが、それを受け入れてくれる国があるかが問題である。北東アジアから東南アジアにかけての配備先候補は、日本しかない。


最低でも外交的ボイコットを―北京五輪|島田洋一

最低でも外交的ボイコットを―北京五輪|島田洋一

ボイコットと言うと「選手たちが可哀そう」という声が直ちに起きるが、「貴賓席」に陣取る習近平氏への「敬礼」を強いることこそ、選手たちにとって「可哀そう」だろう。有志諸国は少なくとも、選手団の行進を含め、開会式への不参加を決めるべきだ。


岸田政権の人権外交に対する二つの注文|西岡力

岸田政権の人権外交に対する二つの注文|西岡力

岸田政権は安倍晋三政権以来設置されてきた歴史認識担当の補佐官も早急に任命すべきだ。そして、人権侵害制裁法を早急に制定せよ!


谷口智彦のこの一冊|兼原信克『安全保障戦略』

谷口智彦のこの一冊|兼原信克『安全保障戦略』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!


精度高まる中国の核戦力|太田文雄

精度高まる中国の核戦力|太田文雄

「2030年までに中国は少なくとも1000発の核弾頭保有を目指している」米国防総省が公表した報告書が世界に衝撃を与えている。中国はなぜ核弾頭の増勢を目指しているのかー―。


最新の投稿


岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田政権は、安倍政権、菅政権とは違った施策を打ちたいのかもしれないが、実績の上がっている「GoToトラベル」を速やかに再開し、予算額を積み増すことが、国民のため、日本経済のためになるのではないか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が、岸田政権に緊急直言!


ジェットジャガー|なべやかん遺産

ジェットジャガー|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ジェットジャガー」!


『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

「私は、好きになってほしかった。少なくとも少し好きでいてくれて、より好きになってほしいと思っていた」。複数の女性との援助交際が発覚し、歴代最短で新潟県知事を辞職した米山隆一氏。あれから3年、彼の“性癖”は本当になおったのか。2020年9月に刊行され、話題を呼んだ『東大出てもバカはバカ』(小社刊)より、「原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一」を特別公開!(写真提供/共同通信)


谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!


【日本原論】太田光大炎上![冒頭先行公開]

【日本原論】太田光大炎上![冒頭先行公開]

10月31日に放送されたTBS選挙特番「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」での爆笑問題・太田光が自民党の甘利明幹事長(当時)に「ご愁傷様でした」、二階俊博氏にも「いつまで政治家続けるつもりですか?」などといったコメントを連発し、ネットから非難の声が殺到! この炎上に、太田光は何を思ったか……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!