“新冷戦”で「命」が守れない日本人|門田隆将

“新冷戦”で「命」が守れない日本人|門田隆将

ウイルスと共に世界を侵略し、民主主義の本家・米大統領選まで破壊した中国。2021年も、中国の覇権主義は止まらないだろう。このままでは日本が滅びかねない――日本が生き残るための唯一の道とは。


“太平の眠り”から醒めない日本人

大混迷の米大統領選は、私たちに何を教えたのか。12月2日、憲政記念館での「国会に憲法改正論議を求める! 国民集会」に参加した私は、そんなことを考えていた。  

コロナで大打撃のはずの中国が逆にウイルスと共に世界を侵略し、民主主義の本家・米大統領選まで破壊。しかし、全体主義が世界を覆い始めているというのに、日本人は未だに“太平の眠り”から醒めることもない。  

このままでは日本は滅ぶ──そんなことを考えていたらスピーチの順番が巡ってきた。私は、そのままこんな話をさせてもらった。

「昨日、2030年まで中国やロシアの巨大な脅威に対する同盟国の行動指針を提案する『NATO(北大西洋条約機構)2030』が発表された。そこで最も多くのページを割いて強調されていたのは中国の脅威だ」

「NATOはソ連の軍事的脅威と対峙し、集団的自衛権を使って抑止力を強化した。加盟の一国にでも攻撃してきたら、全体への攻撃とみなし、全体で反撃するというものだ。NATOはこの抑止力によってソ連の介入と攻撃を未然に防ぎ、国民の命を守ってきた」

「冷戦が終わって中国の台頭で“新冷戦時代”となった。2049年までに世界の覇権を奪取すると広言する中国によって“最前線”はヨーロッパから東アジアに移った。しかし、私たちは未だに“アジア版NATO”である環太平洋・インド洋条約機構さえ持っていない。それは日本が憲法の制約で未だに集団的自衛権を保有できないからだ」

「私たち、そして子や孫、その先……国民の命を守るために憲法改正で集団的自衛権を獲得し、抑止力を高めて中国の“力による現状変更”を止めなければならない。日・米・豪・印のクアッドを基軸に、多くの国の参加を得てアジアの平和を守ることが必要。それが私たちが生き残るための唯一の道だ」

私はそんなスピーチをして、「なぜこのことを国民に訴えないのか」と、出席していた与野党の政治家たちを叱咤した。  

米大統領選でわかったのは、もはやアメリカの民主党さえかつての姿を失い、アンティファやBLMといった左翼暴力集団に引っ張られて「先鋭化」していることだ。かつての民主党とは似て非なるものになったことに、背後で中国が関わっているとの指摘は枚挙に遑がない。

だが、唯一の同盟国であり、日米安保条約により日本に平和をもたらしてくれたアメリカの変貌にも、日本人は関心がない。自分たちの命の危機に気づかないのだ。

Getty logo

アジア版NATOの構築を

米ソ超大国が対峙した冷戦時代。ソ連が敗れ去ってロシアが誕生し、アメリカ一強時代が訪れた時、自由主義陣営は「自由と民主主義が勝利した」と疑いなく信じ、安心しきっていた。

6000万人もの犠牲者を出した第二次世界大戦の「戦後秩序」が維持されたと思い込んだのだ。だが、その戦後体制を破壊するモンスターが現われた。  

中国である。仮面をかぶり、長く衣の下に鎧を隠してきたこのモンスターは、力による現状変更への批判をものともせず、国際社会に挑戦し、同時にそれぞれの国の内部に浸透し、中国共産党による世界支配に突き進んでいる。

「アヘン戦争以来の“百年の恥辱”を晴らし、“偉大なる中華民族の復興”を果たす」という目的のために軍事力を膨張させ、周辺国に露骨な圧迫をくり返しているのだ。

「戦後秩序などという欧米の論理になぜ従わなければならないのか。われわれは、誇りを持って中華を中心とした“華夷秩序”を取り戻すのだ」という彼らの論理は恐ろしい。  

時が経てば状況は変わる。国際情勢は特にそうだ。最も大切な国民の命と領土を守るために各国は憲法を改正し、法律をつくり、叡智を結集して“来たるべき危機”に対処してきた。

『NATO2030』にもその鉄則は貫かれている。日本と同じ敗戦国であるドイツは戦後、憲法を六十三回も改正し、隣のフランスも、すでに27回も改正している。  

しかし、自分の命を米国に丸投げしてきた日本では、国際情勢の激変を前にしても、憲法を改正する気運さえ感じられない。いや、国民が憲法改正の意思を表示することを許されたことさえ“皆無”なのである。  

冷戦下では、ただアメリカに寄りかかり、日米安保条約に頼っていれば、なんとか命は守れた。私自身も、憲法改正の必要性を感じてはいなかった。

だが激変する世界情勢がその“常識”を一変させた。アメリカ自体が中国の掌中に入るかもしれない時に、これまでの防衛策だけでは、とても「足りなくなっている」のは明らかなのだ。  

日本は国民的議論のもとに憲法改正で集団的自衛権を獲得し、アジア版NATOを構築しなければならない。抑止力によって中国の“力による現状変更”を止めなければならないのである。いでよ、救国の政治家──。

(初出:月刊『Hanada』2021年2月号)

関連する投稿


防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

12月7日、「防衛費増額の財源 一部は増税で 与党幹部が合意」(TBS)との速報が流れたが、安倍元総理が提唱していた「防衛国債」の発行の話はどこに行ってしまったのか。そもそも防衛費の増額がなぜ必要なのか。自民党の和田政宗議員が緊急提言!


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

中国を脅威でないと言い切れるのか|田久保忠衛

フランスの歴史人口学者・家族人類学者エマニュエル・トッド氏の発言は、日本人の常識を超えるものだった。


最新の投稿


防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

防衛費増額、増税しなくても財源は確保できる!|和田政宗

12月7日、「防衛費増額の財源 一部は増税で 与党幹部が合意」(TBS)との速報が流れたが、安倍元総理が提唱していた「防衛国債」の発行の話はどこに行ってしまったのか。そもそも防衛費の増額がなぜ必要なのか。自民党の和田政宗議員が緊急提言!


「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

「習近平は退陣せよ」中国抗議デモと江沢民氏の死去|和田政宗

中国でゼロコロナ政策に対する抗議デモが拡大するなか、闘病中だった江沢民・元国家主席が亡くなった。独裁体制が盤石となった習近平国家主席は、毛沢東も成し遂げられなかった台湾統一に向けた動きを着々と進めている――。


【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。