日本では報道されない世界を驚愕させた首相電撃辞任の裏側、アジア最後の巨人・マハティール独占インタビュー|末永恵

日本では報道されない世界を驚愕させた首相電撃辞任の裏側、アジア最後の巨人・マハティール独占インタビュー|末永恵

95歳、アジア最後の巨人・マハティール前首相への完全独占インタビューが実現。首相電撃辞任の裏側に隠されたかつてない政治闘争。政変の背後には首謀者と王族との結託までもが見え隠れする。日本では報道されないマレーシア政界の知られざる暗闘を現地在住ジャーナリストの末永恵氏が緊急レポート。


95歳の世界的指導者

1925年生まれ。“95歳、マレーシア政界の戦士”マハティール前首相は、政敵・ムヒディン首相打倒に闘志を燃やす。しかし、勇ましい行動や辛辣な言動とは裏腹に、素顔は物静かで物腰も柔らか。どちらかというと、不器用で恥ずかしがり屋の一面も。口癖は、「work,work,work!」、生き甲斐も「仕事」。束の間の仕事の合間には、読書やドライブ、乗馬で気分転換する。尊敬する人は、パナソニック創業者の松下幸之助とソニー創業者の盛田昭夫。好きな食べ物は、果物の王様、ドリアンと日本の肉うどん(クアラルンプール、マハティール氏の執務室。筆者・末永恵撮影)

日本で報道されていない“マハティール首相電撃辞任の真相”の裏側と今後のマレーシア政局の行方を解説する。

マレーシアでは、小さな子供まで、95歳のマハティールのことをよく知っている。日本人が必ず観光で訪問する、かつては世界一の超高層ビルといわれた「ペトロナス・ツインタワー」や日本の霞が関に匹敵する官庁街の新都心区「プトラジャヤ」など、全てマハティールが構想し、完成の指揮をとった。

そんなマハティールをマレーシアの国民や地元メディアは「Tun」(トゥン)と呼ぶ。政治家になる以前は医師だったことから、 正式には「トゥン・ドクター・マハティール・モハマド」だが、親しみも込め、そう呼ぶ。筆者もこれまで、単独インタビューや記者会見で、そう呼ばせてもらってきた。

トゥンとは、国王から授与される最高位の称号で、マハティールは最高位の勲章も下賜されたマレーシアの多大なる貢献者なのだ。2020年2月に第7代首相を電撃辞任したが、前任時代、マレーシアの第4代首相を22年間(1981年から2003年)務めた。国内の反対を押し切って、欧米に追随するアジアの諸外国をよそに、日本の成長モデルをお手本とした「ルック・イースト(東方政策)」を打ち出し、欧米依存型ではない独自の信念と価観に基づく同政策を推し進め、マレーシアを東南アジアでシンガポールに次ぐ工業国に成長させた。

首都クアラルンプールを代表する観光名所でもあるペトロナス・ツインタワー。往年のハリウッドスター、ショーン・コネリーと有名俳優のキャサリン・ゼタ=ジョーンズが主演した米ハリウッド映画「エントラップメント(罠)」(米公開1999年)の撮影舞台にもなった同ビルは、日本の建設会社ハザマがタワー1を建設した(筆者・末永恵撮影)

国際的マネーロンダリング事件

関連する投稿


枝野幸男クン、あんたアホや|九段靖之介

枝野幸男クン、あんたアホや|九段靖之介

衆議院選挙で立憲民主党と日本共産党とが選挙協力をし、立憲が仮に、万が一、あり得ないだろうが、衆院選で政権を取ったら、共産党は「限定的な閣外からの協力」を行うことで合意。いまや「立憲共産党」とも言われているが、この合意から想起するのは、ソ連共産党の権力構図だった――。


菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理のコロナ対応は「先手、先手」だ|下村博文(自民党政調会長)

菅総理はコロナ対応と経済とのバランスを考えたギリギリの判断を行っている。野党もメディアも無責任すぎる!自民党政調会長が「コロナ対応後手、後手」批判に全て答える。(聞き手:政治評論家・田村重信)


北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

北京五輪の開催地変更を求めよ|櫻井よしこ

今こそ問うべきだ。世界を大中華主義で染めたいのか。人権弾圧を続けて民主主義を息絶えさせたいのか。国際法を中華の法の支配に替え、世界秩序を大転換したいのか、と。


“ネット財閥”が民主主義を殺す|久保弾(ジャーナリスト)

“ネット財閥”が民主主義を殺す|久保弾(ジャーナリスト)

現代の公共広場(アゴラ)たるネット空間。 自由に議論できたはずのアゴラが、ネット財閥によって危機にひんしている。 トランプのアカウント停止を支持する自称リベラル派エリートたちの欺瞞を暴く!


菅政権“歴史的”支持率急落の意味|門田隆将

菅政権“歴史的”支持率急落の意味|門田隆将

菅政権の支持率が下がり続けている。報道各社の1月の世論調査で菅政権を支持しない「不支持率」が支持率を相次いで上回った。 その要因はいったいどこにあるのか――。 菅政権が進める“入国フリー政策”の闇を徹底批判!


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。