なべやかん遺産|「ハロウィン」

なべやかん遺産|「ハロウィン」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ハロウィン」!


もし宇宙人が現れたら

10月のイベントといったらハロウィンだ。ハロウィンが来るまでは十五夜お月さんを見て団子を食べる日本だった。

ハロウィンとは全く縁のない日本で定着するとは思っていなかったが、さすが日本、他の国の文化をうまく取り入れ我が国流の文化に変えてしまう。こんな国であるからこそ戦争で負けても日本文化を失わずに済んだのだろう。

UFO研究家にこんな話を聞いた。アメリカの極秘文書には「もし宇宙人が現れたら?」という項目があり、それに対し「日本人を見習え」という解答が書かれていたという。戦争で負けた国は、勝った国の文化に変わっていくが普通だが、日本はそうならなかった。

アメリカの文化もうまく取り入れ日本流にしていったからだ。文化が劣っている国は進んでいる国に飲み込まれるというのも現実。宇宙人が来たら現代の地球より進んでいるはずなので、全てが変わってしまう可能性があるので、日本人のようにしましょうというのが専門家の意見であるようだ。

日本という国は珍しい。新年を迎える時の事を思い出せばわかると思う。お寺で除夜の鐘を叩き、年が明けたら神社で初詣。お腹が空いたら露天商の屋台でケバブを食べる。

こんな事で驚いてはいけない。うちの近所の教会なんて、立て直しの時、神主を呼んで地鎮祭をやっていたからね。

日本流になったハロウィンは、やはりおかしい。ハロウィン=コスプレの日。それが日本流になっている。普通にディズニープリンセスのコスプレをして街やディズニーランド&シーにいる女子が多いが、本来なら血だらけであるとか目玉や内臓が飛び出しているとかでないと駄目だ。

オバケのコスプレが基本なのだから、そちらに寄せないと。

本場のハロウィンのすごさ

ニュージャージー州のニューアークで行われたチラー祭に行った時、アメリカでハロウィン体験が出来た。チラー祭はホラーのイベントだったので、本格的メイクをした人が多かったので面白かった。

ただし夜の移動が怖かった。ホテルのエレベーターに乗ると頭にナイフが刺さった人が乗っているし、ホテルの表に出たらオデコから血を流している人がいて「さすが本場」と思ってしまった。でも、オデコから血はコスプレではなく本当の怪我人だった。

日本流ハロウィンをおこなうなら、和的な妖怪や怪談が良いだろう。そして、神的なものもアリではないかと思っている。宮崎駿監督作品『千と千尋の神隠し』には様々な神が登場する。だが、それらの神は妖怪と見分けがつかない姿だし、ある意味、恐怖さえ感じる。

実は子供の頃から神様は怖い存在と感じていたので、あの映画を観た時は見事に共感してしまった。例えば、一人で神社で拝んでいる時、自分の願いを念じると「よし、わかった」と声が聞こえたら怖いでしょ?

実はこの恐怖を感じたのは、子供の頃トイレが近く夜中に何度も行っていると、父親から「トイレの神様に、夜中にトイレに行かないで済むようにして下さいとお願いすれば」と言われた事から始まっている。

夜寝る前にトイレで小便を済ませた後、トイレの神様にお願いした。でも、この時、トイレの神様が姿を現したらどうしよう、声が聞こえたらどうしようって想像したら怖くなったのだ。それ以来、神様は怖い、妖怪やオバケと変わらないと思うようになった。

子供の生首。目が開いているのが怖さを倍増する。

関連する投稿


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)