なべやかん遺産|「パーツ&破片コレクション」

なべやかん遺産|「パーツ&破片コレクション」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「パーツ&破片コレクション」!


数えるのが困難なほど多いコレクション

芸能界に入る前からコレクション関連の取材が多い。素人時代からコレクター界ではそこそこ有名人だったので、雑誌や新聞などの取材を受けたり専門誌に資料提供したりしていた

。資料提供は現在もやっているので、特撮関係の専門誌やDVDやイベント図録の巻末を見ると“協力”という形で名前が出ているものもある。

 テレビ番組のコレクション取材を受けた時に必ず聞かれるのがコレクション数である。この質問は愚問であるので、とりあえず「数が数えられるうちはコレクターとして“白帯”クラス。“黒帯”クラスは数が数えられなくなってから」と答えている。

 時には「コレクションをデーターベース化しませんか?」と言ってくる企業もいるが、こちらとしては、どうぞ勝手にやって下さいって感じだ。数えられるものなら数えてデータ管理してもらいたいくらいだ。
 なぜ数えられないのか?

それは物によっては紙きれ一枚がコレクションである場合もある。そして、コレクションと呼ぶには微妙というものもある。そんな微妙な物がダンボールで何十箱もあるのだから嫌になる。これを数えるのは刑務所に入れられて、数える事が毎日の仕事にならない限り無理だろう。

 それに比べ、立体物のコレクションは良いよね。数も数えやすいし存在感もある。だが、立体物も同じでダンボールやクリアケースに大小様々な物が何十箱も収納されているので、こちらも刑務所での刑罰でない限り数えるのは嫌だ。

70年代後半のゴジラ背びれ(上)、ゴジラ2000の爆破用背びれ(右下)、大怪獣総攻撃ゴジラの背びれ小サイズ(左下)。

貴重な情報を得られるお宝

そんな数あるコレクションの中から、今回は撮影用プロップコレクション、さらに絞って「パーツ&破片コレクション」をご紹介しよう。

「パーツ&破片コレクション」は物の一部分であるので価値があるのかないのかよくわからない。だからといって全く価値がないわけでもない。でも『なんでも鑑定団』のような番組では値段が付けにくいので出品は無理だろうな。

そんなものを何故所有しているのかというと、それらから様々な情報を得られるからである。色、素材、作り方、これらがわかるだけでも物凄い情報なのだ。

 恐竜の化石、永久凍土の中から出て来た太古の生物、土器、骨、ミイラ、等々。考古学界でも様々なパーツから多くの情報が得られるが、それと同じだ。

こういった情報がないと、正しいプロップ復元も難しくなる。何となくの復元と正確な復元はえらい違いだ。考古学であれば炭素測定法などで年代を調べるが、プロップは映画&テレビ番組作品の年代がわかっているのでその心配はない。

パーツといっても大小様々だ。まずは大きなものから紹介していこう。1970年代のゴジラの背びれ。おそらくアトラク用(アトラクションやアクションショーに使用されるもの)だと思われるが、撮影用と作りはさほど変わらない。発泡スチロールを削り、布を貼ってラテックスが塗られている。

1980年頃、東宝特美倉庫に保管されていたゴジラ達を見た事があるが、撮影用もアトラク用も全て全身が真っ黒で背びれは銀色だった。そういった事から、その時代の背びれである事がわかる。

 同じゴジラ背びれでもミレニアム時代は作りや色が違ってくる。『ゴジラ2000 ミレニアム』(1999)に登場したゴジラの背びれ先端はメタリックパープルだ。この背びれは発泡スチロール製で、爆破でふっ飛ばされたもの。まさに破片。

 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(2001)に登場したゴジラ背びれ。この背びれは中央メインの背びれの脇に並んでいる小さい背びれで、予備で作られたもの。素材は発泡ウレタンなので硬いけど弾力がある。

関連する投稿


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


なべやかん遺産|「エモリ宇宙人」

なべやかん遺産|「エモリ宇宙人」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エモリ宇宙人」!


憲法改正がなぜ必要なのか|和田政宗

憲法改正がなぜ必要なのか|和田政宗

2022年4月、「危機に乗じて憲法9条を破壊し、日本を『軍事対軍事』の危険な道に引き込む動きを、日本共産党の躍進で断固として止めよう」と訴えた日本共産党の志位和夫委員長。共産党の言う「9条生かした外交で平和をつくりだす」は本当に可能なのか。日本の隣国である中国、ロシア、北朝鮮は果たして「平和を愛する諸国民」と言えるのか。


橋下徹よ、「不戦」はプーチンに言え|有本香

橋下徹よ、「不戦」はプーチンに言え|有本香

「中国をこっちに引き寄せるには、お願いかお土産が先やろ。制裁をちらつかせるのは最後の手段。こんな建前政治は、解決能力なし。ほんまアカン」と橋下徹氏。「ほんまアカン」のはいったい誰なのか? 月刊『Hanada』の大人気連載「香論乙駁」(2022年5月号)を特別公開!


なべやかん遺産|「ショッカー」

なべやかん遺産|「ショッカー」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ショッカー」!


最新の投稿


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】