永田町の政治家が読むべき、菅総理の愛読書|花田紀凱

永田町の政治家が読むべき、菅総理の愛読書|花田紀凱

ついに発足した菅内閣。菅総理は、どういった基準で人選していったのか。そのヒントとなるのが、菅総理の愛読書『リーダーを目指す人の心得』(コリン・パウエル著、飛鳥新社刊)。本書の内容を紹介しながら、菅内閣人事の核心に迫る!


菅内閣の“スパイス”

菅新内閣が発足。

新鮮味は少ないが、手堅い布陣。ま、来年秋まで1年ちょっとの短期、本格的な菅内閣は次にということだろう。

なかには女性問題で早速”文春砲”に狙い撃ちされそうな方もいるが、重々、気を引き締めて任に当たっていただきたい。

15日の産経抄でも触れていたが・菅新総理の愛読書はアメリカの元国務長官コリン・パウエルの『リーダーを目指す人の心得』。

わが飛鳥新社の刊行で、2012年に発行以来、四六判、文庫判合わせて10万部以上売れている。

黒人として初めて米陸軍の大将になり、史上最年少で統合参謀本部議長に就任。レーガン政権で国家安全保障問題担当の大統領補佐官、ブッシュ政権では5年にわたって国務長官を務めた。

そのコリン・パウエルが、自らの人生について、そして仕事について書いたこの本は、日本のビジネスパーソンや組織にも役に立つ。すぐに応用できそうなことばかり。

菅さんは度々、この本に言及しているから、今回の閣僚選びにも参考にしているに違いない
第3章「人を動かす」の中に「人材の組み合わせの妙」という章がある。

コリン・パウエルは部下に何を求めるか。

〈特に変わったものはなく、能力、知性、個性、倫理性、度胸、優しさを伴う厳しさ、士気高揚の力、忠誠心などだ。〉

〈私よりも前に問題に気づき、私が知らないうちに対処してくれる部下は宝だと思う。誰よりも早くチャンスに気づき、リスクや危険を早期に察知できる部下も宝だと思う。〉

菅さんが選んだ、新閣僚にこれらの条件を満たしている政治家が何人いることやら。

〈シチューには少量のスパイスが必要だ。だから私は個性的な人間も欲しい。一風変わった人物がいたほうが、チームに活気が出るのだ。〉

さしづめ、河野太郎行政改革相あたりが、菅内閣にとっての「スパイス」なのではないか。

Getty logo

副官については、自分よりも厳しくて怖い人を

コリン・パウエルは、第101空挺師団で直属の上司だった人物で、数々の勲章を受け”タイガー”の異名をとるウェルドン・ハニーカット准将のこんなエピソードを紹介している。

〈ある週末、師団上層部が集められ、「組織的効率」に関する2日間のセミナーがおこなわれた。民間大学から招かれた講師は、冒頭、目標と目的をリストアップし、その内容についてどう思うかを話し合うと説明。
 ところが、この説明が終わったとたん、タイガーは手を挙げて「こんなやろうにいったいいくら払ってるんだ?」とたずねると、部屋から出ていってしまった。〉

菅新内閣にこんな人物はいるだろうか。ま、いないだろうなぁ。

〈副官については、私よりも厳しくて怖い人を必ず探す。〉

ここで紹介されているのは第101空挺師団第2師団時代の副官ソニー・タッカー少佐のエピソード。

〈なにか問題に感じることがあったとき、私は、ソニー少佐にそのことを伝えるだけでいい。その日のうちに、すぐとなりにあるソニー少佐の執務室から次のような声が聞こえてくるのだ。
「お前、大佐殿のご機嫌を損ねるようなことをしたらしいな。大佐殿のご機嫌が悪くなると、オレも虫の居所がおかしくなるんだ。徹底的に締めあげてやるから覚悟するんだな」〉

副官ともいうべき、加藤官房長官にこんなことができるだろうか(菅さんはできたと思うが)。

ちなみにソニー少佐は除隊後、牧師になったそうだ。

ビジネスパーソンはもちろん、永田町の政治家が読むべき本。

リーダーを目指す人の心得 文庫版

花田紀凱

https://hanada-plus.jp/articles/183

月刊『Hanada』編集長。1942年、東京生まれ。66年、文藝春秋入社。88年、『週刊文春』編集長に就任。部数を51万部から76万部に伸ばして総合週刊誌のトップに。94年、『マルコポーロ』編集長に就任。低迷していた同誌部数を5倍に伸ばしたが、95年、記事が問題となり辞任、1年後に退社。以後『uno!』『メンズウォーカー』『編集会議』『WiLL』などの編集長を歴任。2016年4月より現職。

関連するキーワード


菅義偉 コリン・パウエル

関連する投稿


菅首相に欠けている国家像|田久保忠衛

菅首相に欠けている国家像|田久保忠衛

自民党総裁選を戦った菅、石破茂、岸田文雄の3候補に共通するのは国家観の欠如だ。国際情勢の中で日本がいかなる位置にあるのかを正確に把握しない限り、国家観は生まれてこない。


「菅義偉総理」待望論|小川榮太郎

「菅義偉総理」待望論|小川榮太郎

心にぽっかり空いた穴――。安倍総理辞任の報道を受けて、多くの人たちが同じような気持ちになったのではないだろうか。しかし、この国はいつまで“安倍依存症”を続けるつもりなのだろう――。「米中激突」で世界がより不安定になるなか、感傷に浸っている時間はない。6月の時点で「『菅義偉総理』待望論」を打ち上げたのはなぜなのか、その理由がついに明かされる!


最新の投稿


なべやかん遺産|「ハロウィン」

なべやかん遺産|「ハロウィン」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ハロウィン」!


自制が利かない「手負いの龍」習近平|湯浅誠

自制が利かない「手負いの龍」習近平|湯浅誠

ロバート・オブライエン大統領補佐官、クリス・レイFBI長官、ウイリアム・バー司法長官、そしてポンペオ国務長官の「反共四騎士」が行った立て続けの演説は何を意味するのか――それはアメリカがついに新たな危機に対応するパラダイムシフト(枠組み転換)に踏み切る宣言だった! 11月の大統領選挙でどちらが勝ったとしても、アメリカの対中強硬策は変わらない。ならば日本はどうすべきか?(初出:月刊『Hanada』2020年10月号)


「2020年12月号」新聞広告大公開!

「2020年12月号」新聞広告大公開!

12月号の新聞広告は、西日本新聞と山口新聞以外はパーフェクト!●●になったのは、やはり、あの部分……。「差別を助長する」という理由なのでしょうが、気に入らない総理を「ヒトラーだ!」と呼ぶほうが、よほど問題なのではないでしょうか。おもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年12 月鶺鴒号

月刊『Hanada』2020年12 月鶺鴒号

12月号の総力大特集は「日本学術会議と中国共産党」。日本学術会議の任命問題は憲法違反でもなければ、学問の自由の侵害でもない。では、問題の本質はどこにあるのか。「日本学術会議」はもちろん、「菅総理」「尖閣諸島」「米国大統領選」「安倍政権7年8カ月」「慰安婦像」「実子誘拐」「人種問題」「新型コロナ」などあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


【告知!】「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」スタート!!

【告知!】「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」スタート!!

今月号より、グルメ通販記事「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」がスタートしました!