「反原発・親共産」の野党再編|梅澤昇平

「反原発・親共産」の野党再編|梅澤昇平

立憲民主党と国民民主党と野合によって「帰ってきた民主党」が誕生。このあとに来るのは、共産党、社民党などとの国政における選挙協力だ。日本を破滅させる「新・立憲民主党」に国民の支持は到底集まらない。今こそ国民民主党の残留組が日本維新の会と提携するなど新たな改憲勢力を形成すべき時だ!


立憲民主党が国民民主党の大部分などと合流し、野党の大きな塊が生まれたが、旧「民主党」の焼き直しにすぎず、新鮮味に欠ける。新代表選びの討論会でも、国内に目を向けた議論ばかりで、厳しい国際情勢を睨んでの発言はなかった。同じことを同時期に行われた自民党総裁選の論議でも感じたが、日本の政治家の多くは世界の戦後体制に大変化が生じていることへの認識が甘い。

前例のない労組主導の政党づくり

今回の政界再編劇は、野党の結集なしに総選挙を戦えないとの危機感に駆られ、右往左往した結果であることは誰の目にも明らかである。問題は、連合という労働組合の中央団体が立憲民主、国民民主の両党を呼びつけ、合流の判をつかせたことだ。労組主導の政党づくりは前例がない。かつて社会党は「総評政治部」と揶揄やゆされたが、ここまで露骨に労組の言いなりにならなかった。政党と労組の関係の一線を越えるものだ。労組が政党支持で股裂きを避けるという自己都合を優先した。政党は国民全体の利益を考え、労組は組合員もしくは労働者の利益を考える集団だ。かつて左右社会党の統一でも、両党は議論を重ね、統一綱領を作り上げた。今回とは全然違う。

この新党の特徴は、一口で言えば「反原発・親共産」だ。

このあとに来るのは、共産党、社民党などとの国政における選挙協力だ。というより、これが本来の狙いだ。ところが、この選挙協力で、どんな日本をつくり上げるのか、その構想が見えない。自民党と社会党が対峙したいわゆる55年体制の時代には、民社党と公明党との選挙協力、社会党と公明党との選挙協力があった。しかし、そのためお互いに政権構想を練り上げた。中道連合政権構想、社公政権合意などだ。これは結構時間をかけて作った。今、次の総選挙へ向けて野党間で政権構想を練り上げようという動きはない。「反自民」の野合になりかねない。

統一戦線戦術の罠にはまるか

この再編の動きの背景には、反自民の政権樹立に再び執念を燃やす小沢一郎氏と、共産党がいると見る。共産党は、今年1月の党大会でも「共産党排除の壁」が崩れたと鼻息が荒い。昨年の参院選挙では「市民連合」というトリックを使い、他の野党に13項目の政策要求を押しつけた。安保法制廃止、防衛費削減、辺野古基地建設中止、改憲阻止、原発ゼロ、消費税引き上げ中止など、日本を破滅させる項目を並べた。このままだと共産党に同じ手を使われる。

野党はこの体たらく、自民党も安倍晋三首相の失速で、改憲のめどが立たない。この停滞した状況を壊すためには、国民民主党の残留組が日本維新の会と提携し、連合の民間産別(民間系の産業別労働組合)が頑張り、新たな改憲勢力を形成して自民党と渡り合うことである。新たな政治の枠組みづくりの方向に進むなら、ピンチはチャンスになる。(2020.09.14国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

梅澤昇平

https://hanada-plus.jp/articles/504

昭和16年、北海道生まれ。早稲田大学政経学部卒業。民社党政策審議会事務局長、広報局長等を経て尚美学園大学総合政策学部教授。現在、同大学名誉教授、友愛労働歴史館研究員、国家基本問題研究所評議員長。近著に『こんなに怖い日本共産党の野望』(展転社)がある。

国家基本問題研究所「今週の直言」
国家基本問題研究所「入会のご案内」

関連する投稿


学界正常化へ学術会議を解散せよ|西岡力

学界正常化へ学術会議を解散せよ|西岡力

私が慰安婦問題と北朝鮮による日本人拉致問題の研究を始めた1980年代後半、私の研究は学界でほぼ完全に孤立していた。慰安婦に関する研究は、朝日新聞が2014年に自社の誤報を一部認めたことで、私の学説がやっと学界の一部で認められるかに思えた。しかし――。


インド太平洋同盟への脱皮を期待する|湯浅博

インド太平洋同盟への脱皮を期待する|湯浅博

自由の同盟は中国共産党の軍門に下らない!中国の威嚇が、それまで中国の出方を恐れてきたインドと豪州を近づけた。中国の領域侵犯と懲罰外交に対しては、周辺国が結束して不測の事態に備え、中国をサプライチェーン(供給網)から切り離すなど、その代償を払わせなければならない。


学術会議こそ学問の自由を守れ|奈良林直

学術会議こそ学問の自由を守れ|奈良林直

日本学術会議が推薦した左翼教授の任命拒否など当然だ!画期的な研究を「軍事研究」といって潰すだけでなく、中国科学技術協会と相互協力の覚書まで締結。日本国民の生命と財産を守る防衛に異を唱え、特定の野党の主張や活動に与して行動する学術会議こそ、学問の自由を侵害している。学術会議よ、学問の自由を守れ!


菅首相に欠けている国家像|田久保忠衛

菅首相に欠けている国家像|田久保忠衛

自民党総裁選を戦った菅、石破茂、岸田文雄の3候補に共通するのは国家観の欠如だ。国際情勢の中で日本がいかなる位置にあるのかを正確に把握しない限り、国家観は生まれてこない。


菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

日本が習近平主席の天皇陛下との会見に道を開けば、香港弾圧や軍事力による周辺国への恫喝を認めてしまうことになる。まして、習主席から天皇ご訪中を要請されれば、1989年の天安門事件後、天皇ご訪中により西側の経済制裁に風穴を開けてしまった悪夢の再来だ。


最新の投稿


なべやかん遺産|「ハロウィン」

なべやかん遺産|「ハロウィン」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ハロウィン」!


自制が利かない「手負いの龍」習近平|湯浅誠

自制が利かない「手負いの龍」習近平|湯浅誠

ロバート・オブライエン大統領補佐官、クリス・レイFBI長官、ウイリアム・バー司法長官、そしてポンペオ国務長官の「反共四騎士」が行った立て続けの演説は何を意味するのか――それはアメリカがついに新たな危機に対応するパラダイムシフト(枠組み転換)に踏み切る宣言だった! 11月の大統領選挙でどちらが勝ったとしても、アメリカの対中強硬策は変わらない。ならば日本はどうすべきか?(初出:月刊『Hanada』2020年10月号)


「2020年12月号」新聞広告大公開!

「2020年12月号」新聞広告大公開!

12月号の新聞広告は、西日本新聞と山口新聞以外はパーフェクト!●●になったのは、やはり、あの部分……。「差別を助長する」という理由なのでしょうが、気に入らない総理を「ヒトラーだ!」と呼ぶほうが、よほど問題なのではないでしょうか。おもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


【告知!】「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」スタート!!

【告知!】「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」スタート!!

今月号より、グルメ通販記事「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」がスタートしました!


学界正常化へ学術会議を解散せよ|西岡力

学界正常化へ学術会議を解散せよ|西岡力

私が慰安婦問題と北朝鮮による日本人拉致問題の研究を始めた1980年代後半、私の研究は学界でほぼ完全に孤立していた。慰安婦に関する研究は、朝日新聞が2014年に自社の誤報を一部認めたことで、私の学説がやっと学界の一部で認められるかに思えた。しかし――。