これ「薄い本」ですよね――前川喜平×山田厚史『前川喜平「官」を語る』|編集部

これ「薄い本」ですよね――前川喜平×山田厚史『前川喜平「官」を語る』|編集部

編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」


編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」 『前川喜平「官」を語る』

編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」

旬の「リベラル本」、どんなことが書いてあるのか確認したいけれど……。そんな本をご紹介するこのシリーズ。4冊目は前川喜平×山田厚史『前川喜平「官」を語る』(宝島社)。

前川+朝日OBに期待は高まったが……

またまた前川本が続いてしまいましたが、この本、前回ご紹介した『面従腹背』発売後、わずか2週間程度で発売になっています。

前川ファン、前川びいき、そして前川ウォッチャー(アンチ含む)がどの程度、存在しているかは定かではありませんが「両方買う!」という人はそれほど多くないはず(当欄は買ったわけですが)。売れ行きが心配です。

とはいえ、今回、聞き手は元朝日新聞編集委員の山田厚史氏。期待は高まるわけです。

ところが、開いてみてびっくり。あまりに字が大きい。本誌と比較してもこれ。

お分かりいただけただろうか……。

前川さんの講演を聞きにやってくるのは〈年配の方々が中心で、若い人は少ない〉(198ページ)とのことですので、この字の大きさもニーズに合わせたものでしょうか。

字が大きい=字数が少ないということ。新書の倍近い値段(1380円)ながら、新書より字数が少ないことに驚きます。

やっぱり「君が代」が嫌い

肝心の中身はどうなのか。せめてネタにでもしなけりゃ元が取れんぞ、との思いでこの欄で取り上げているわけですが、悲しいことに、新しい話がほとんどない。例の意味ではない「薄い本」になってしまいました。

それも当然で、『面従腹背』と丸被りな部分が多々あるからです。

自身が辞任することになった天下り問題について前著よりも少し詳しく書いてある点は評価できるのですが、前川さんの半生などは前著と重なっているので、既視感が半端ない。

そしてやっぱり「君が代」に対する嫌悪感も半端ない。前回も書いたことですが、前川さんはやっぱり「君が代」の強制が何よりもお嫌いなご様子。

文科省では永年勤続20年表彰の儀式で君が代を歌うそうなのですが、山田氏から「前川さんは君が代を歌いますか」と聞かれた前川さんはこう答えています。

〈歌いました。面従腹背で(笑)〉

〈文科省の会議室に対象者が集められて、人事課長が「国歌斉唱!」と言って君が代が流れるんですよ。いろいろおかしい表彰式なので、私も適当に声帯を振動させて発声はしていましたが(以下略)〉

1度は「歌いました」と言っているのに、2度目は断じて「歌った」とは言わない。

こういうところが、リベラルの方々にはウケるんでしょうけどね。

おそらく多くの編集者が考え、すでに企画が進んでいるかもしれませんが、望月衣塑子さんとの対談を楽しみにお待ちしております。

【本書の「気になるポイント」】

インタビュアーの山田厚史さんは元朝日新聞編集委員。前川さんに負けず劣らず輝かしいご経歴を掲載していますが、昨年末に立憲民主党から衆院選に立候補して落選したことがプロフィールから抜けています。

落選は隠さなければならないことではないし、読者にとっては必要な情報なので、きちんと明記された方がよろしいかと思います。まだ前回選挙から1年未満ですからね。

ちなみに、「選挙を通じて感じたことは、敵は安倍政権ではない。有権者の無関心、政治不信こそ市民選挙が戦う最大の障害」とのこと。お疲れ様でした。

暑い夏にこそ、国際情勢の背筋も凍る現実を直視せよ!

関連する投稿


絶対、総理にしてはいけないざんねんな石破茂|阿比留瑠比

絶対、総理にしてはいけないざんねんな石破茂|阿比留瑠比

共同通信の世論調査「次期首相に『誰がふさわしいか』」のトップは石破茂自民党元幹事長で34.3%。しかし石破氏がどんな政治家なのか、本当に理解している人は少ないのでは? 産経新聞社政治部編集委員の阿比留瑠比氏が見た「絶対に総理にしてはいけない」石破茂氏の本当の姿と「後出しじゃんけん」の歴史。(初出:月刊『Hanada』2020年6月号)


「実子誘拐ビジネス」の闇 ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たち|池田良子

「実子誘拐ビジネス」の闇 ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たち|池田良子

「実子誘拐」告発キャンペーン第2弾!なぜ日本は「子どもの拉致国家」と呼ばれているのか。その裏には、ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たちの暗闘があった――。なぜ人権派は共同養育に反対するのか。子どもの権利をどう考えているのか。海外のケースだけではない。国内でも「実子誘拐」は日常的に行われているのだ。実名告発!誰も触れられなかった禁断の扉がついに開かれる!


山本太郎ファクトチェック|坂井広志

山本太郎ファクトチェック|坂井広志

「空気を読めるから、空気を読まない」。“歩く風評被害”と呼ばれる山本太郎がついに、東京都知事選に立候補。“おもしろい”選挙戦になることは間違いないが、“おもしろい”で本当にいいのだろうか。空気に流されないために、山本太郎の過去の言説をファクトチェック!彼は民主主義の救世主か、それとも……。“ファンタジー・ヤマモトタロウ”の正体とは?


感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

命令権の発動なしにここまで達成したのは、日本でなければできない立派なことだ。ただウイルスとの闘いはこれからも恐らく長く続くだろう。第2波、第3波の襲来を現体制で乗り切れるのか。わが国の危機対応体制はこのままでよいのか。


三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

「安倍政権は死因までも誤魔化しているのだ」。安倍政権のコロナ対応は失敗だったのか。日本はウイルスの抑え込みに最も成功した国であるにもかかわらず、なぜ、支持率は急落したのか。安倍政権の一連の対応を振り返りながら、“集団免疫獲得”の実像に迫る!L型の流入の有無こそが、日米伊の分水嶺となった――。


最新の投稿


世界一の要注意人物・習近平の思考回路|石平

世界一の要注意人物・習近平の思考回路|石平

毛沢東以来の、共産党政権最大の独裁者・習近平はいったいどのような思考回路をしているのか? 私はこう断言する!「習近平には、長期的な視点に立って自国の国益を考える余裕もなければその能力もない」と。


空自出身議員が重大証言!ブルーインパルス妨害工作の「真犯人」|渡辺康平

空自出身議員が重大証言!ブルーインパルス妨害工作の「真犯人」|渡辺康平

新型コロナウイルス感染症と戦う医療従事者に感謝と敬意を表すため、都心上空を飛行したブルーインパルス。それを政権批判に利用するメディアや文化人たち。繰り返される組織的な妨害活動など知られざるブルーインパルス苦難の歴史を航空自衛隊出身の議員が初めて告発。


日本でも進む習近平の『目に見えぬ侵略』|クライブ・ハミルトン

日本でも進む習近平の『目に見えぬ侵略』|クライブ・ハミルトン

菅総理に伝えたい習近平の手口。中国の報復を恐れ出版停止が相次いだ禁断の書『目に見えぬ侵略』の著者が緊急警告!中国人による多額の献金、中国のエージェントと化した国会議員――オーストラリアで行われたことは日本でも確実に進行中だ!日本よ、目を醒ませ!


「反原発・親共産」の野党再編|梅澤昇平

「反原発・親共産」の野党再編|梅澤昇平

立憲民主党と国民民主党と野合によって「帰ってきた民主党」が誕生。このあとに来るのは、共産党、社民党などとの国政における選挙協力だ。日本を破滅させる「新・立憲民主党」に国民の支持は到底集まらない。今こそ国民民主党の残留組が日本維新の会と提携するなど新たな改憲勢力を形成すべき時だ!


花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、新連載がスタート!花田家のねこをほぼ毎日、紹介いたします。第10回は、「階段の手すりでくつろぐKIKI」です。