これ「薄い本」ですよね――前川喜平×山田厚史『前川喜平「官」を語る』|編集部

これ「薄い本」ですよね――前川喜平×山田厚史『前川喜平「官」を語る』|編集部

編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」


編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」 『前川喜平「官」を語る』

編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」

旬の「リベラル本」、どんなことが書いてあるのか確認したいけれど……。そんな本をご紹介するこのシリーズ。4冊目は前川喜平×山田厚史『前川喜平「官」を語る』(宝島社)。

前川+朝日OBに期待は高まったが……

またまた前川本が続いてしまいましたが、この本、前回ご紹介した『面従腹背』発売後、わずか2週間程度で発売になっています。

前川ファン、前川びいき、そして前川ウォッチャー(アンチ含む)がどの程度、存在しているかは定かではありませんが「両方買う!」という人はそれほど多くないはず(当欄は買ったわけですが)。売れ行きが心配です。

とはいえ、今回、聞き手は元朝日新聞編集委員の山田厚史氏。期待は高まるわけです。

ところが、開いてみてびっくり。あまりに字が大きい。本誌と比較してもこれ。

お分かりいただけただろうか……。

前川さんの講演を聞きにやってくるのは〈年配の方々が中心で、若い人は少ない〉(198ページ)とのことですので、この字の大きさもニーズに合わせたものでしょうか。

字が大きい=字数が少ないということ。新書の倍近い値段(1380円)ながら、新書より字数が少ないことに驚きます。

やっぱり「君が代」が嫌い

肝心の中身はどうなのか。せめてネタにでもしなけりゃ元が取れんぞ、との思いでこの欄で取り上げているわけですが、悲しいことに、新しい話がほとんどない。例の意味ではない「薄い本」になってしまいました。

それも当然で、『面従腹背』と丸被りな部分が多々あるからです。

自身が辞任することになった天下り問題について前著よりも少し詳しく書いてある点は評価できるのですが、前川さんの半生などは前著と重なっているので、既視感が半端ない。

そしてやっぱり「君が代」に対する嫌悪感も半端ない。前回も書いたことですが、前川さんはやっぱり「君が代」の強制が何よりもお嫌いなご様子。

文科省では永年勤続20年表彰の儀式で君が代を歌うそうなのですが、山田氏から「前川さんは君が代を歌いますか」と聞かれた前川さんはこう答えています。

〈歌いました。面従腹背で(笑)〉

〈文科省の会議室に対象者が集められて、人事課長が「国歌斉唱!」と言って君が代が流れるんですよ。いろいろおかしい表彰式なので、私も適当に声帯を振動させて発声はしていましたが(以下略)〉

1度は「歌いました」と言っているのに、2度目は断じて「歌った」とは言わない。

こういうところが、リベラルの方々にはウケるんでしょうけどね。

おそらく多くの編集者が考え、すでに企画が進んでいるかもしれませんが、望月衣塑子さんとの対談を楽しみにお待ちしております。

【本書の「気になるポイント」】

インタビュアーの山田厚史さんは元朝日新聞編集委員。前川さんに負けず劣らず輝かしいご経歴を掲載していますが、昨年末に立憲民主党から衆院選に立候補して落選したことがプロフィールから抜けています。

落選は隠さなければならないことではないし、読者にとっては必要な情報なので、きちんと明記された方がよろしいかと思います。まだ前回選挙から1年未満ですからね。

ちなみに、「選挙を通じて感じたことは、敵は安倍政権ではない。有権者の無関心、政治不信こそ市民選挙が戦う最大の障害」とのこと。お疲れ様でした。

暑い夏にこそ、国際情勢の背筋も凍る現実を直視せよ!

関連する投稿


【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

いま世界中あらゆる場面で使用されているドローン。ところが、その市場シェアの8割が中国製であることはあまり知られていない。中国に蓄積され続ける空撮データ、“丸裸”にされる日本の国土、このままでは近い将来、人民解放軍のドローン攻撃に晒される日が確実に来る――。報じられない中国ドローン侵略の実態を緊急レポート。


岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

「このままでは先島諸島の防衛は不可能」……元陸自トップが衝撃の告白。37年間の自衛隊勤務経験に基づく豊富な事例と教訓から、自衛隊という組織と人に本気の改革を迫る一冊。「新しい戦争」の世界的変化についていけない日本人に向けて、ハイブリッド戦による侵略の脅威を完全解説した本書の書評です。


【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。


【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。


문재인 대통령, 선거 개입의 "전과"(文在寅大統領に選挙介入の"前科")|변희재(邊熙宰)

문재인 대통령, 선거 개입의 "전과"(文在寅大統領に選挙介入の"前科")|변희재(邊熙宰)

"문재인 정권은 울산 시장과 같은 공직자의 선거 뿐만 아니라, 독립적인 민간 단체에까지 개입하고, 반대자나 보수파, 반공파들을 경찰과 검찰의 수사, 정부기관의 감사를 사용하고 섬멸시키고 있다. 보도되지 않는 문재인의 ‘전과’를 고발한다!


最新の投稿


事実を言って何が悪い!『反日種族の常識』発刊|室谷克実

事実を言って何が悪い!『反日種族の常識』発刊|室谷克実

これまで日本ではほとんど伝えられていなかった反日種族の常態(思考の仕方と行動)を一冊に纏めました。本書に書かれた「18のファクト」は全て韓国も認め報じています。ところが日本では「ヘイトだ!」と批判され一切報じられません。「韓国に関しては、事実であっても書いてはいけないことがある」と自制している限り、日本の国益は永遠に損なわれ続けるでしょう。今こそ全国民が知っておきたい韓国批判の新常識。


尖閣諸島に米軍基地設置 早ければ2021年にも|山崎文明

尖閣諸島に米軍基地設置 早ければ2021年にも|山崎文明

「2021年に新たな基地を尖閣に作ることを検討している」――米陸軍長官による驚きの発言!次世代の戦い「マルチドメイン作戦」とは何か。戦略重要拠点としての尖閣、米陸軍長官発言の真意と意味を緊急分析。今、日米同盟は試されている!!


「2020年3月号」新聞広告大公開!

「2020年3月号」新聞広告大公開!

「違い」がわかるみなさまへ。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!あなたが読みたい記事が、ここにはある!


中国外務省が大絶賛したNHKスペシャル「731部隊の真実」に重大疑問|早坂隆

中国外務省が大絶賛したNHKスペシャル「731部隊の真実」に重大疑問|早坂隆

史実を殺す過剰な演出、故人を一方的に批判し断罪、結論ありきの構成。「NHKスペシャル 731部隊の真実~エリート医学者と人体実験」はあまりにも問題が多すぎる。NHKは膨大な予算(受信料)をかけて「中国を喜ばせるプロパガンダ番組」を制作しているのではないか。


月刊『Hanada』2020年3月春雷号

月刊『Hanada』2020年3月春雷号

「はい、終わり。日本は終わりです」の「山本太郎」、野党連合政権を目指す「共産党」、逃げ恥「ゴーン」、韓国最大の反日組織「VANK」、皇室を歪める「内閣法制局」、野党の「軍事音痴」、暴飲暴食が止まらない「金正恩」、無能の帝王「習近平」、主権を守った「台湾」、「除染詐欺」の広告塔「森ゆうこ」、反日種族主義代表幹事(?)の「青木理」など、3月号も話題の記事が満載!「なんでも反対」の野党やメディアに代わって、重要課題を提起!読みたい記事が、ここにはある!