心から感謝申し上げます。安倍総理の岩盤支持層の一人として|渡辺康平

心から感謝申し上げます。安倍総理の岩盤支持層の一人として|渡辺康平

「共通の認識と情熱」を持った人々――安倍総理の岩盤支持層とは、総裁選挙から政権発足、そして今日の日まで共に歩み続けてきた名もなき人々だった-――。欲を言えばもっと近くで、もっと長く安倍総理をお支えしていきたかったです。安倍総理の辞意表明を受けて、一人の岩盤支持層としての応援録。


午後5時から安倍総理は記者会見にて辞意を表明し、持病の潰瘍性大腸炎が悪化したことを明らかにされ、自ら7年8か月の最長政権に幕を下ろしました。総理大臣の辞意表明という歴史の転換点となる記者会見です。それなのにも関わらず「モリ・カケ問題」や「プロンプターの使用」といったレベルの低い記者の質問に対して、ツイッターでは「記者の質問がひどすぎる」「誰もねぎらいの言葉すらないのか」と記者クラブやフリージャーナリストたちへの批判が集中していました。

安倍政権のこれまでを振り返ると、新聞記者やテレビ局さらにはフリージャーナリストといった報道関係者との闘いであったのではないでしょうか。つまり「メディア」との攻防を制してきたことが長期政権の要因の一つだったと推測します。

メディアは常に「安倍政権の支持率が30%を割り込まないのは岩盤支持層がいるから」と報道してきました。特に安倍総理の岩盤支持層は「左派メディア」にとって憎たらしい存在です。

その安倍総理岩盤支持層の一人として、安倍総理の辞意表明に伴い、これまで語ることはなかった応援の記録を書いていきます。

平成24年9月の自由民主党総裁選挙

振り返るのは今から8年前の平成24年9月の自由民主党総裁選挙です。当時は与党民主党の支持率が低迷し、自民党への政権交代が有力視される中での総裁選として、大きな注目を集めました。

私は航空自衛官を辞めて、とある経済評論家の事務所に勤めていました。社長である某経済評論家から「安倍晋三総裁候補を全面的に応援する」という指示を受け、私はビデオカメラを持ち、安倍総裁候補の集会に参加していくことになったのです。

当時の手帳を読み返すと3つの集会に参加していました。

・平成24年9月19日、星陵会館で開かれた「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」主催による「安倍晋三 総裁選決起集会」

・同年9月20日、秋葉原駅前ロータリーで開かれた「自民党総裁選挙演説会 安倍晋三候補個人演説会」

・同年9月26日、自民党総裁選当日、自民党本部前における安倍晋三候補応援街宣

この3つの集会の内、秋葉原駅前ロータリーでの個人演説会、自民党本部前での応援街宣はニコニコ動画に私が撮影した動画が残っています。

https://nico.ms/sm18933037
https://nico.ms/sm18933430
https://nico.ms/sm18980093
https://nico.ms/sm18980661

中川昭一先生の無念を晴らさなければいけない

Getty logo

関連する投稿


日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日中首脳会談が約1年ぶりに開催された。岸田総理は日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置されたブイの即時撤去等を求めたが、中国は「ゼロ回答」であった。聞く耳を持たない中国とどう向き合っていけばいいのか。(サムネイルは首相官邸HPより)


望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

望月衣塑子記者の暴走と自壊するジャーナリズム|和田政宗

ジャニーズ事務所会見での「指名NGリスト」が騒ぎになっているが、そもそも記者会見とは何か、ジャーナリズムとは何か、それらをはき違えた人物たちにより我が国のジャーナリズムが破壊されることは、ジャーナリズム出身者としても許せない。(サムネイルはYouTubeより)


親日国パラオに伸びる中国の〝魔の手〟|和田政宗

親日国パラオに伸びる中国の〝魔の手〟|和田政宗

パラオは現在、中国による危機にさらされている。EEZ(排他的経済水域内)に海洋調査船などの中国公船が相次いで侵入しており、まさに日本の尖閣諸島周辺に近い状況となっている――。(サムネイルは筆者撮影)


仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

仙台市議選で見えた、自民党への根強い不信感|和田政宗

今回の仙台市議選において自民党は5つの選挙区で、現職の公認候補3人が落選した。私が選挙戦を通して感じたのは、岸田内閣の政策への厳しい評価である。“サラリーマン増税”について岸田総理は否定したものの、「岸田政権では増税が続く」と考えている方がとても多かった。


今回の韓国への措置は日本の外交史上、例を見ない汚点|和田政宗

今回の韓国への措置は日本の外交史上、例を見ない汚点|和田政宗

日本外交には理念があるのかと疑問に思う事態が続いている。外交上の大チャンスを逃したり、詰めるべき点を詰めない「なあなあ外交」が行われている――。


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった