自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

“詐欺師”と“詐欺師”の痴話喧嘩で、積もり積もった嘘と不正がついに噴出!元慰安婦支援団体「挺対協(現・正義連)」とはいったいどんな組織なのか。北朝鮮との関係、日本社会党との秘密会談、「挺対協」結成の経緯が改めて明らかに。銭ゲバたちによる“慰安婦像ビジネス”はもう終わりにすべきだ。


“詐欺”と“詐欺”の痴話喧嘩で恥部が露呈!

嘘つき VS 嘘つき “自称元慰安婦”の叫び!

“自称元慰安婦”の李容洙(イ・ヨンス)氏と挺対協(現・正義連)元代表の尹美香(ユン・ミヒャン)氏の痴話喧嘩は結果として挺対協の恥部を白日の下に晒しました。

イ・ヨンス氏を“自称元慰安婦”と呼ぶのは、本当に元慰安婦だったのかどうかわからないからです。イ・ヨンス氏が初めてユン・ミヒャン氏に電話でコンタクトした際、「私は被害者ではなく、被害者の友人なのですが」と語ったことをユン・ミヒャン氏が自身のFacebookで暴露し、広く報道されました。

元々、イ・ヨンス氏の証言が一貫性に欠けることは広く知られていました。今回の痴話喧嘩が発端となって、元慰安婦支援の募金がユン・ミヒャン氏とその一族によって不正に流用された疑惑が高まっています。検察の強制調査も入りました。

活動が利権化し、積もり積もった嘘と不正がついに噴出してしまったのでしょう。
さもありなんです。

しかし、問題の本質は単なる金銭疑惑ではありません。この挺対協という組織の成り立ちの経緯と本来の目的こそが重要です。挺対協は、これまで日韓両政府の慰安婦問題解決の努力をことごとく妨害してきました。

1995年のアジア女性基金、2015年の日韓合意。いずれも、挺対協は元慰安婦が和解金を受け取ることを妨害し、受け取ったお婆さんを売春婦と罵倒しました。こんな団体がまともな目的をもった組織であるはずがありません。

どう考えても、日韓の和解を妨害することが目的です。実際、挺対協の北朝鮮との繋がりは長く指摘されてきました。ユン・ミヒャン氏の夫とその妹が北朝鮮のスパイ容疑で逮捕され有罪になったことは広く知られています。

“内なる敵”日本社会党が仲介役に!

今回、挺対協結成の経緯が改めて明らかになりました。

1987年8月、広島・長崎で開催された「原水爆禁止世界大会」に、「韓国教会女性連合会」会長の故李愚貞(イ・ウジョン)氏が来日し、KCIA(大韓民国中央情報部)の監視を逃れるために長崎湾に浮かぶ船上で日本社会党の清水澄子氏と秘密会談を持ったことに端を発するとのことです。

その席上で李愚貞氏と清水澄子氏は李愚貞氏が会長を務める「韓国教会女性連合会」(後の「挺対協」の母体)と、「日本社会党婦人部」、そして北朝鮮の統一戦線部傘下の「祖国統一民主主義戦線」の三者の連帯の実現に向けて努力することを誓いました。

その後、1990年11月に韓国で「挺対協」が結成。1991年の5月には日本社会党傘下の「日本婦人会議」が企画する「アジアの平和と女性の役割シンポジュウム」の第1回が東京で開催され、北朝鮮代表の呂燕九(ヨ・ヨング)祖国統一民主主義戦線議長と当時の韓国「挺対協」共同代表の尹貞玉(ユン・ジョンオク)氏と李効再(イ・ヒョジェ)氏がそこに参加し、南北共闘に合意したとのこと。

つまり、日本という第三国、日本社会党の仲介で南北朝鮮が共闘を誓ったということです。

慰安婦問題の拡大に日本社会党が深く関わっていたことは聞いていましたが、やはり、挺対協もまた誕生当時から北朝鮮の工作機関(統一戦線部)と一体だったのです。

これで、挺対協の目的が慰安婦問題の解決ではなく、逆に慰安婦問題を解決不能になるまで悪化させ、日韓関係を破綻させる方向で活動していることが腑に落ちます。北朝鮮の利益のために活動してきたのです。その挺対協が文在寅政権下で活発化したのは偶然ではありません。

北朝鮮こそが民族的正統性を有していると信じる文在寅政権は、親北極左革命政権であり、いわば挺対協と同類です。だからこそ、ユン・ミヒャン氏が与党国会議員になれたのです。

これが慰安婦問題の正体です。そして、挺対協(正義連)とは、元慰安婦と自称元慰安婦を政治的に利用し、日韓関係を崩壊させながら私腹を肥やした悪徳活動家集団です。ユン・ミヒャン氏が慰安婦像ビジネスでいくら稼いだかもこの際、精査されるべきでしょう。

慰安婦問題解決のために、非常に多くの人が努力し、税金を含む多額のお金が使われました。また、慰安婦問題のせいで、多くの海外在住日本人がいわれのない嫌がらせを受けました。

日本はもう慰安婦問題に関わるべきではありません。そして、挺対協が世界中にばら撒いた欺瞞の象徴である慰安婦像はすべて撤去されるべきであることは言うまでもありません。

それが結局、分断工作と被害者詐欺ビジネスという最悪の姿を晒す結果となってしまいました。しかし、これもまた、挺対協が誕生した瞬間に定められていた宿命だったのでしょう。

英訳はこちら( English version)

著者略歴

山岡鉄秀(Tetsuhide Yamaoka)

https://hanada-plus.jp/articles/206

情報戦略アナリスト。日本国際戦略研究所(DMMオンラインサロン)主催者。公益財団法人モラロジー研究所研究員。1965年、東京都生まれ。中央大学卒業後、シドニー大学大学院、ニューサウスウェールズ大学大学院修士課程修了。22014年4月豪州ストラスフィールド市で中韓反日団体が仕掛ける慰安婦像公有地設置計画に遭遇。シドニーを中心とする在豪邦人の有志と共に反対活動を展開。オーストラリア人現地住民の協力を取りつけ、一致団結のワンチームにて2015年8月阻止に成功。現在は日本を拠点に言論活動中。著書に、国連の欺瞞と朝日の英字新聞など英語宣伝戦の陥穽を追及した『日本よ、もう謝るな!』(飛鳥新社)など。

関連する投稿


韓国メディアに大反論!「極右思想家」とは片腹痛い|花田紀凱

韓国メディアに大反論!「極右思想家」とは片腹痛い|花田紀凱

月刊『Hanada』8月号に掲載した柳錫春(延世大学教授)の「でっちあげられた『慰安婦事件』」という「独占手記」が韓国内で問題視されており、韓国メディアが一斉に弊誌を誹謗中傷。「極右思想家である花田紀凱」「本人名義で発行する」「日本の極右月刊誌」と言われたのには驚いた!


연세대 발전사회학(發展社會學) 강의 징계 전말(顚末)|류석춘 (연세대 교수·사회학)

연세대 발전사회학(發展社會學) 강의 징계 전말(顚末)|류석춘 (연세대 교수·사회학)

한국의 명문・ 연세대 류석춘 교수가 수업 중에 한 발언이 큰 논란이 되고 한국에서 사회 문제로 발전!와중의 류 교수가 월간 『Hanada』에 완전 독점수기를 기고. 한국에서 보도되지 않는 발언의 진의, 정론 · 사실을 봉살하고 발언자의 존재 자체를 말살하려는 한국 사회의 이상한 실태를 고발! 한일 전 국민 필독!


暴露された慰安婦支援団体の偽善|西岡力

暴露された慰安婦支援団体の偽善|西岡力

元慰安婦の李容洙氏が支援団体の元代表、尹美香氏を寄付金使途不明などで激しく批判したことを契機に、不正会計、寄付金横領疑惑、活動の政治利用などが連日暴露され、ついに検察が本格的捜査に入った。ついに韓国でも真実の力がウソを打ち破る日が来るのか――。


日本国民が直面する「中国の夢」という危機/『目に見えぬ侵略』解説|山岡鉄秀

日本国民が直面する「中国の夢」という危機/『目に見えぬ侵略』解説|山岡鉄秀

中国共産党の海外工作ネットワークの本格研究本『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』。オーストラリアで中国が侵略を進めていっていたが、本書の刊行が強烈な「ウェイクアップ」となり、オーストラリアを変え、アメリカにも大きな影響を与えた――本書の監訳者・山岡鉄秀氏が解説を特別公開!


慰安婦ハルモニ、すべて、真っ赤な嘘だったのですか?|山岡鉄秀

慰安婦ハルモニ、すべて、真っ赤な嘘だったのですか?|山岡鉄秀

嘘つき VS 嘘つき。元慰安婦の李容洙(イ・ヨンス)さんが、支援団体元代表の尹美香(ユン・ミヒャン)さんを猛攻撃。「30年にわたり騙されるだけ騙され、利用されるだけ利用された!」。これに対して、ユン・ミヒャンさんは「実は本人は慰安婦ではなかった……」と暴露(?)。ふたりの間に、いったい、何があったのか。“偽り”の仮面を捨てて、真実を語ってほしい――。どちらも、だ。


最新の投稿


なべやかん遺産|「雛形」

なべやかん遺産|「雛形」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「雛形」!


米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

米の対中強硬方針は日本への戒め |田久保忠衛

ポンペオ米国務長官がカリフォルニア州のニクソン図書館で行った「共産主義中国と自由世界の将来」と題する演説の真意とは何か。日本の政財界指導者にとって、ポンペオ演説は頂門の一針になろう。


追悼 李登輝 |渡辺利夫

追悼 李登輝 |渡辺利夫

「李登輝、消えゆくの報。頭(こうべ)を深く床に伏す。ありがとうございました」これ以上、私には言葉がない。


今日もねこびより|花田紀凱

今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、新連載がスタート!花田家のねこをほぼ毎日、紹介いたします。記念すべき第1回は「気が強いリスベット」。


今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

今こそ「昭和史の声」に耳を澄ませてほしい|早坂隆

史実を追い求め各地へ何度も足を運び、先人たちの貴重な証言を丹念に追い続けてこられたノンフィクション作家の早坂隆さん。取材生活20年余の集大成となる『昭和史の声』が遂に8月4日発刊となります。戦後75年、令和を生きる全ての世代にお読み頂きたい戦史ノンフィクションの決定版です。