「公私混同大国」日本は ゴーンを責められるか|デービッド・アトキンソン

「公私混同大国」日本は ゴーンを責められるか|デービッド・アトキンソン

ゴーン氏の逮捕にはいくつかの違和感を覚えます。まず、私が非常に違和感を覚えるのは、ゴーン氏が経費を「私的に使ったこと」が逮捕の理由の1つとされていることです。


中小企業社長は全員逮捕?

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン氏

5年間で約100億円の役員報酬を受けるよう手配していながら、その半分しか有価証券報告書に記載していなかったとして日産自動車元会長のカルロス・ゴーン氏が逮捕されました。


報酬の過少申告の是非については、専門家の間でも有罪になるか無罪になるか意見が別れているところなので、ここでは論じません。


私はアメリカの会社に勤めているとき、高額報酬に関しては違和感を覚えていました。ゴールドマン・サックスは私が入社した時は非上場の会社。役員の報酬はそれなりでしたが、上場してからさらに高騰したのです。欧州はアメリカほど役員の高額報酬に肯定的ではなく、私もどちらかと言えば欧州的な考え方で、あまりいいとは思いません。


ですが、ゴーン氏の逮捕にはいくつかの違和感を覚えます。


まず、私が非常に違和感を覚えるのは、ゴーン氏が経費を「私的に使ったこと」が逮捕の理由の1つとされていることです。


ゴーン氏はリゾート地など複数の私的な住居購入費用に日産の投資資金を流用したり、私的な投資で発生した損失を日産に付け替えたりしていました。また、業務実態がないゴーン氏の姉とアドバイザー業務契約を結び、日産が毎年10万ドルを支出していたほか、結婚式や家族旅行の費用を日産が負担していた疑いが出ており、日本のマスコミは「けしからん」「背信行為だ」と猛烈に批判しています。


もちろん、おっしゃるとおりですが、経費の私的乱用がダメだというなら、約360万人いる日本の中小企業の社長はほとんど逮捕されなくてはいけなくなります。


私の知る限り、日本は「公私混同大国」です。大企業はそれほどでもなくなりましたが、ゴーン氏と同じようなことをしている中小企業のトップを私は大勢知っています。

茶室建設も「経費」

まったく会社の仕事と関係していないのに、社長の父親を会長、会長の母親を顧問にして、家を提供。家賃を経費で落とすだけでなく、「掃除代」としておこづかいまであげている。お茶が趣味なので、茶室をつくって、その経費を会社に回した人もいます。


会食もそうです。厳密に言えば、仕事とは関係のない、「人脈づくり」と称した会食を経費として落としている人なんてざらでしょう。


小さいことでは、会社のコピー機。中小企業であれば、仕事とは関係のない私的なことであっても、印刷してしまう。それが罪だという意識すらありません。経営者が「俺の会社だから」と言って、公私混同しているのは、ある意味、日本の文化ではないでしょうか。


「国税を払うのはバカバカしい。経費で落とせ」


こういう考え方がいまだに蔓延していることと、生産性が低い中小企業が多いことは、無関係ではないでしょう。


私がゴールドマン・サックスにいた時は、経費の使い方については厳しく、私的に使うことなんてありえませんでした。


たとえば、誰かと会食するまえに「誰とどんなことを話すのか」「いくらの売り上げが期待できるか」「最近の売り上げはどうなっているか」まで部長から追及されます。会社のコピー機も、私的なことには絶対使わせないし、会社の電話、メールであっても、友人に連絡するなど私的なことには使ってはいけませんでした。


頻繁に同じお客さんと話していることがわかると、上司の命令で「なぜこの人とそんなに話しているのか」「その分だけ会社の売り上げに貢献はあるのか」と私が部下を追及することもありました。それはなにも社員だけではなく上の役職の社員も同じでした。


私が来日した1990年、日本の大企業はかなり経費の使い方が荒かったのですが、いまは厳しくなっているようです。しかし、大企業の上層部と中小企業の公私混同については、昔とそれほど変わっていないように思います。にもかかわらず、ゴーン氏を「公私混同だ」と批判していることに矛盾を感じるのです。

関連する投稿


2050年脱炭素化には原子力活用しかない|奈良林直

2050年脱炭素化には原子力活用しかない|奈良林直

「2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出を実質ゼロにする脱炭素社会の実現を目指す」と宣言した菅義偉首相。その一連の発言には、安全な原発の新増設への端緒をつくろうとする菅首相の深謀遠慮が冴え渡る。理想論ではない、CO2の排出ゼロ実現のための現実的な解を示す。


原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

原発処理水は、南鳥島に海洋放出しかない|松沢成文(日本維新の会参議院議員)

福島原発の処理水の現状を放置したままでは原発の廃炉は進まず、福島の復興はありえない。政府は一刻も早く処分方法を決定し、実行しなければならない。一方で懸念されるのが風評被害の拡大だ。そこで、各方面からの反対意見を最小化し、早期に実現できる画期的な方策を緊急提言する。


朝日新聞「伝承館語り部検閲記事」は即刻、撤回すべきだ|渡辺康平

朝日新聞「伝承館語り部検閲記事」は即刻、撤回すべきだ|渡辺康平

被災者を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい!「東日本大震災・原子力災害伝承館」を巡る悪意に満ちた印象操作と誘導尋問――いま朝日新聞の報道によって深刻な被害が生じている。繰り返される報道被害。被災者を貶め続ける朝日新聞の大罪!


零細企業の倒産が日本にとってプラスな理由|デービッド・アトキンソン

零細企業の倒産が日本にとってプラスな理由|デービッド・アトキンソン

厚生労働省の調査によると、このコロナ禍の影響で仕事を失った人は、見込みも含め、製造業では1万人を超えたという。しかし、目先の数字に一喜一憂してはいけない、大事なのは数字の「中身」だと、デービッド・アトキンソン氏は説く。 伝説のアナリストが、中小企業神話の嘘を暴く!


한국 미디어에 대반박!  ‘극우 사상가’ 우스꽝스럽다 | 하나다 가즈요시(花田紀凱)

한국 미디어에 대반박! ‘극우 사상가’ 우스꽝스럽다 | 하나다 가즈요시(花田紀凱)

월간‘Hanada’8월호에 게재한 류석춘 (연세대 교수)의 “날조된 ‘위안부 사건’”이라는 ‘독점수기’가 한국에서 문제시되고 있어, 한국 미디어가 일제히 우리 잡지를 비방. “극우 사상가인 하나다 가즈요시” “본인 명의로 발행하는” “일본의 극우 월간지”라는 표현을 쓴 것에는 놀랐다!


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

いま世界で横行するキャンセル・カルチャー。 ノーベル賞作家、カズオ・イシグロも危機感を抱くキャンセル・カルチャーとはいったいなんなのか。 その歴史と問題点を徹底追及!


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!