自衛隊式片づけ術 整理整頓が命を守る!|畠山大樹(お掃除レンジャー社長)

自衛隊式片づけ術 整理整頓が命を守る!|畠山大樹(お掃除レンジャー社長)

いま自衛隊の防災ノウハウが注目を集めていますが、実は片付け・掃除にも、目からウロコが落ちるテクニックがあるんです! 年末の大掃除に活用したくなる自衛隊式片付け術をご紹介!


自衛隊は整理、片付けにこだわる

私は22歳の時、自衛隊に入隊し、空挺部隊に所属。もともと、体を鍛えたり、動かしたりするのが好きだったので、自衛隊は向いているだろうと思ったら違いました。まず、掃除、片付けを徹底的に叩き込まれるのです。

たとえば、定期的に「台風」という訓練があります。教官が部屋に入ってきて、洋服を引き出しからひっくり返したり、ベッドをぐちゃぐちゃにしたり、わざと散らかすのです。その時に、Tシャツなど1つ2つ、その部屋から物を持ち出していきます。

私たちは部屋に戻り、片付けながら、持ち出されたものを確認していく。教官のところに行って持ち出されたものを伝えると返してもらえる、というもの。
部隊によっては、部屋を整頓できていなかった時の罰として「台風」を行う場合もあるようですが、私のいた空挺部隊では、所有しているものをきちんと掌握できているかどうかを確認する訓練として行っていました。

教育期間中は、私物を保管するロッカーの抜き打ち検査があり、きちんと整理していないと、収納物を部屋にぶちまけられます。

なぜそこまで整理、片付けを徹底的に叩き込むのか。それは、整理の悪さは、有事の際、命取りになる可能性があるからです。

たとえば有事の際、備品1つなくしただけで、それを敵に発見されたら部隊の居場所が特定されてしまう。待ち伏せされ、命を落とす危険もあるわけです。

また、緊急で出動する際、整理が悪くて準備に手間取っていたら、全体に迷惑をかけるだけでなく、誰かの命が危険に曝されることもあるでしょう。

だからこそ、自衛隊では整理、片付けにこだわるのです。
 
私は自衛隊で培った整理術を活かし、2年前に清掃会社「お掃除レンジャー」を立ち上げました。
年末年始に大掃除をされる方も多いでしょうから、今回は「自衛隊式片付け術」を伝授したいと思います。

面(ツラ)を揃える

自衛隊では、物の位置を隣の物ときっちり合わせることを徹底的に教え込まれます。「綺麗に見せる」ということをとても大切にするのです。自衛隊では、これを「面を揃える」と言います。面を揃えると見た目が綺麗なだけでなく、ホコリが溜まる位置も一定なので、サッと掃除するだけでよくなります。

お掃除レンジャーではホテルなど宿泊施設の清掃も行っていますが、この見た目の綺麗さは重要です。いくら部屋を徹底的に掃除したとしても、シャンプー、リンスなどの位置が揃っていないと、宿泊者に「手を抜いた」 「整っていない」という印象を与えてしまいます。

普段の生活では、面を揃えて置くだけで、少し掃除は手を抜いたとしても部屋が整って見えますから、ぜひ活用してください。

面(ツラ)を揃えるだけで、こんなに美しく(筆者の自宅より)

関連する投稿


沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

沖縄祖国復帰50年 本土の「捨て石」は正確ではない|和田政宗

大田實海軍中将は自決する直前、海軍次官に宛てた最期の電文を発出。「沖縄県民斯ク戦ヘリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ」。後世の政治家は、この言葉にしっかり応えているのだろうか。思い切った振興政策を行わなければ、こうした状況は改善できない。そこで提唱しているのが、沖縄県を「相続税無税特区」にすることである――。


【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

【読書亡羊】自衛官は「職業」なのか 上野知子・武石恵美子『女性自衛官』(光文社新書)、小幡敏『「愛国」としての「反日」』(啓文社書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


プーチン大統領なら「核」を使う可能性はある!|和田政宗

プーチン大統領なら「核」を使う可能性はある!|和田政宗

ロシア軍は首都キエフから15km地点まで進軍した。キエフ制圧をはじめとする総攻撃において、戦術核兵器を使用する危険性が指摘されている。「ロシアもさすがに核使用まではしないだろう」というのは、甘い見通しだ。必要であれば躊躇なく戦術核を使用するという考えをプーチン大統領は持っている――。


日米防衛予算の注目点|太田文雄

日米防衛予算の注目点|太田文雄

これまで自衛隊は外交上の制約から台湾軍と交流できなかった。しかし、リムパックという多国間合同演習の枠組みに参加すれば、結果的に軍同士の直接交流が可能となる。台湾海軍がリムパックに参加すれば、日台軍事交流の突破口になる。


谷口智彦のこの一冊|兼原信克『安全保障戦略』

谷口智彦のこの一冊|兼原信克『安全保障戦略』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!


最新の投稿


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?