自衛隊式片づけ術 整理整頓が命を守る!|畠山大樹(お掃除レンジャー社長)

自衛隊式片づけ術 整理整頓が命を守る!|畠山大樹(お掃除レンジャー社長)

いま自衛隊の防災ノウハウが注目を集めていますが、実は片付け・掃除にも、目からウロコが落ちるテクニックがあるんです! 年末の大掃除に活用したくなる自衛隊式片付け術をご紹介!


自衛隊は整理、片付けにこだわる

私は22歳の時、自衛隊に入隊し、空挺部隊に所属。もともと、体を鍛えたり、動かしたりするのが好きだったので、自衛隊は向いているだろうと思ったら違いました。まず、掃除、片付けを徹底的に叩き込まれるのです。

たとえば、定期的に「台風」という訓練があります。教官が部屋に入ってきて、洋服を引き出しからひっくり返したり、ベッドをぐちゃぐちゃにしたり、わざと散らかすのです。その時に、Tシャツなど1つ2つ、その部屋から物を持ち出していきます。

私たちは部屋に戻り、片付けながら、持ち出されたものを確認していく。教官のところに行って持ち出されたものを伝えると返してもらえる、というもの。
部隊によっては、部屋を整頓できていなかった時の罰として「台風」を行う場合もあるようですが、私のいた空挺部隊では、所有しているものをきちんと掌握できているかどうかを確認する訓練として行っていました。

教育期間中は、私物を保管するロッカーの抜き打ち検査があり、きちんと整理していないと、収納物を部屋にぶちまけられます。

なぜそこまで整理、片付けを徹底的に叩き込むのか。それは、整理の悪さは、有事の際、命取りになる可能性があるからです。

たとえば有事の際、備品1つなくしただけで、それを敵に発見されたら部隊の居場所が特定されてしまう。待ち伏せされ、命を落とす危険もあるわけです。

また、緊急で出動する際、整理が悪くて準備に手間取っていたら、全体に迷惑をかけるだけでなく、誰かの命が危険に曝されることもあるでしょう。

だからこそ、自衛隊では整理、片付けにこだわるのです。
 
私は自衛隊で培った整理術を活かし、2年前に清掃会社「お掃除レンジャー」を立ち上げました。
年末年始に大掃除をされる方も多いでしょうから、今回は「自衛隊式片付け術」を伝授したいと思います。

面(ツラ)を揃える

自衛隊では、物の位置を隣の物ときっちり合わせることを徹底的に教え込まれます。「綺麗に見せる」ということをとても大切にするのです。自衛隊では、これを「面を揃える」と言います。面を揃えると見た目が綺麗なだけでなく、ホコリが溜まる位置も一定なので、サッと掃除するだけでよくなります。

お掃除レンジャーではホテルなど宿泊施設の清掃も行っていますが、この見た目の綺麗さは重要です。いくら部屋を徹底的に掃除したとしても、シャンプー、リンスなどの位置が揃っていないと、宿泊者に「手を抜いた」 「整っていない」という印象を与えてしまいます。

普段の生活では、面を揃えて置くだけで、少し掃除は手を抜いたとしても部屋が整って見えますから、ぜひ活用してください。

面(ツラ)を揃えるだけで、こんなに美しく(筆者の自宅より)

関連する投稿


オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

安倍元総理暗殺事件でテロ行為のハードルが下がった。すでにテロリストたちが動き出した予兆は多数ある。そんななか、銃弾や砲弾を作るための機器類が日々、オークションにかけられている……。山上徹也容疑者のように一人静かに自宅で銃弾や砲弾等の爆発物を作っている人物がどこかにいる可能性は否めない。


航空自衛隊のアラートハンガーも!「撮影禁止!」できない日本の病|小笠原理恵

航空自衛隊のアラートハンガーも!「撮影禁止!」できない日本の病|小笠原理恵

潜水艦や戦闘機、空母の改修工事まで撮影可能な稀有な国として、外国から軍事ファンが大量に押し寄せる日本。自衛隊施設や関連工場が見物できる場所に公園や展望台を置き、ベンチを設置する自治体も多い。軍事情報を観光資源にしてもいいのか。


軍事情報ダダ漏れ!2⃣ 潜水艦への魚雷搭載動画が全世界配信!|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ!2⃣ 潜水艦への魚雷搭載動画が全世界配信!|小笠原理恵

2019年4月1日、東京新聞は《宮古島の陸上自衛隊駐屯地に「弾薬庫」 島民には「保管庫」と説明 防衛省「説明不十分だった」》とスクープ。大きな役割を果たしたのは、市民団体の基地周辺の写真撮影、ドローンでの空撮だった……。日本政府はいつまでおおらかに自衛隊の情報を撮影させ続けるのだろうか。


軍事情報ダダ漏れ!1⃣ YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

軍事情報ダダ漏れ!1⃣ YouTubeに溢れかえる「空母改修工事」|小笠原理恵

陸海空の自衛隊の基地や航空機・潜水艦など様々な動画が撮影され、動画サイトに溢れかえっている――。日本では、当たり前のように自衛隊基地を撮影できるが、これは世界から見るとかなり特殊だ。いつまで日本政府と国会は軍事情報をダダ漏れさせるのか?


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


最新の投稿


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。


数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

言葉は美しい。だが、防衛省単独の予算を積み上げるより、他省庁の経費も含めた方が本来の防衛予算を抑えつつ「GDP比2%」を達成しやすくなるという思惑がみえみえである。