自衛隊式片づけ術 整理整頓が命を守る!|畠山大樹(お掃除レンジャー社長)

自衛隊式片づけ術 整理整頓が命を守る!|畠山大樹(お掃除レンジャー社長)

いま自衛隊の防災ノウハウが注目を集めていますが、実は片付け・掃除にも、目からウロコが落ちるテクニックがあるんです! 年末の大掃除に活用したくなる自衛隊式片付け術をご紹介!


自衛隊は整理、片付けにこだわる

私は22歳の時、自衛隊に入隊し、空挺部隊に所属。もともと、体を鍛えたり、動かしたりするのが好きだったので、自衛隊は向いているだろうと思ったら違いました。まず、掃除、片付けを徹底的に叩き込まれるのです。

たとえば、定期的に「台風」という訓練があります。教官が部屋に入ってきて、洋服を引き出しからひっくり返したり、ベッドをぐちゃぐちゃにしたり、わざと散らかすのです。その時に、Tシャツなど1つ2つ、その部屋から物を持ち出していきます。

私たちは部屋に戻り、片付けながら、持ち出されたものを確認していく。教官のところに行って持ち出されたものを伝えると返してもらえる、というもの。
部隊によっては、部屋を整頓できていなかった時の罰として「台風」を行う場合もあるようですが、私のいた空挺部隊では、所有しているものをきちんと掌握できているかどうかを確認する訓練として行っていました。

教育期間中は、私物を保管するロッカーの抜き打ち検査があり、きちんと整理していないと、収納物を部屋にぶちまけられます。

なぜそこまで整理、片付けを徹底的に叩き込むのか。それは、整理の悪さは、有事の際、命取りになる可能性があるからです。

たとえば有事の際、備品1つなくしただけで、それを敵に発見されたら部隊の居場所が特定されてしまう。待ち伏せされ、命を落とす危険もあるわけです。

また、緊急で出動する際、整理が悪くて準備に手間取っていたら、全体に迷惑をかけるだけでなく、誰かの命が危険に曝されることもあるでしょう。

だからこそ、自衛隊では整理、片付けにこだわるのです。
 
私は自衛隊で培った整理術を活かし、2年前に清掃会社「お掃除レンジャー」を立ち上げました。
年末年始に大掃除をされる方も多いでしょうから、今回は「自衛隊式片付け術」を伝授したいと思います。

面(ツラ)を揃える

自衛隊では、物の位置を隣の物ときっちり合わせることを徹底的に教え込まれます。「綺麗に見せる」ということをとても大切にするのです。自衛隊では、これを「面を揃える」と言います。面を揃えると見た目が綺麗なだけでなく、ホコリが溜まる位置も一定なので、サッと掃除するだけでよくなります。

お掃除レンジャーではホテルなど宿泊施設の清掃も行っていますが、この見た目の綺麗さは重要です。いくら部屋を徹底的に掃除したとしても、シャンプー、リンスなどの位置が揃っていないと、宿泊者に「手を抜いた」 「整っていない」という印象を与えてしまいます。

普段の生活では、面を揃えて置くだけで、少し掃除は手を抜いたとしても部屋が整って見えますから、ぜひ活用してください。

面(ツラ)を揃えるだけで、こんなに美しく(筆者の自宅より)

服は色の系統を揃えて収納する

自衛隊は見た目を綺麗にすることを大切にするといいましたが、これもその一つ。色を揃えるメリットは大きく三点あります。

1つは、服が探しやすくなります。たとえば「今日はあの赤色の服を着よう」と思った時に、クローゼット、収納ボックスのなかに赤い色の服があちこちにあると、すべてチェックしなければいけません。
しかし色を揃えていると、自分のほしい色のところだけ見れば済みますから、時間の節約になるのです。

2つめは、色を揃えることで服の定位置が決まります。定位置をとくに決めず、ランダムに服を収納していると、「あの服、どこにしまったっけ?」といったことが起こりますが、色で揃えることで、自ずと戻す位置も決まってくるので、自動的に整理されます。
 
3つめは、同じような服を買わなくて済むようになります。色ごとに分かれているので、買い物をしていても、「同じような色の服を持っていたな」とブレーキがかかるのです。

一目で全容を把握できるようにしておく

みなさんは引き出しを開けた際、一目で入っているものが確認できるようになっているでしょうか。物が溢れて一目で把握できないのであれば、まず物を減らしましょう。
探すのに、一度すべてひっくり返さなくてはいけないとなると時間と手間の無駄です。自衛隊では、一瞬で必要なものが取り出せないことは命取りですから、一目で把握できるようにしておきます。

物を減らし、面を揃えておけば、一目であるものが把握できるし、取り出しやすくなります。
クローゼットで言えば、私はハンガーのフックの位置を等間隔(指二本分)にしています。
等間隔にすることで、そこから服を一着抜いた時に空きができます。そのまま戻すのを忘れてしまったとしても、クローゼットを開けた時、抜けているのが一目でわかりますから、元の場所に戻すことができる。

等間隔に並べるメリットはもう1つあります。服の量を一定に保つことができるのです。服を買い足すと、当然、等間隔で並べることができなくなりますから、古い服を処分しなくてはなりません。等間隔に並べることで、服の量の基準がつくられるわけです。

誰かにチェックしてもらう

一人で片付けていると、どうしても見逃してしまうところが出てきますから、誰かに新鮮な目でチェックしてもらいましょう。

自衛隊時代、部屋が整理されているかどうか、チェックは営内に住んでいない営内班長がする決まりでした。どれだけ完璧に掃除したと思っても、かならず抜けがあるもの。カーテンレールにホコリが溜まっていたり、髪の毛が落ちていたりしたら即やり直しを命じられます。

粗を探すのは簡単ですが、粗をなくすのは難しいのです。部屋を掃除したら、同じ部屋に住んでいない隊員に「意地悪な目線で、汚いところを探してくれ」とお願いしていました。誰かにチェックしてもらうのは、お掃除レンジャーでも活用しています。

Getty logo

重たい物は下に収納

自衛隊員は地震が起きた際、まず頭上に注意します。キッチンなどでも、上に収納するものはプラスチック製の軽い物にし、割れ物、重たい物は下に収納しましょう。腰から下であれば、重たい物が落ちたとしても、致命傷になることはありません。

物の置き場所は動線を意識する

自衛隊は有事の際、すばやく行動できなくてはいけません。そのとき、動線に物があると邪魔ですから、部屋の動線には物は一切置きませんでした。

災害が起きた時、すばやく行動しなくてはいけないのは一般の人も同じ。玄関、窓、階段など、避難経路には家具、観葉植物は一切置かないようにしましょう。

とくに気にしてほしいのがベッドの周辺です。災害が起きた時、いる可能性が高いのがリビングか寝室。起きている時は、多少動線に物があっても避けられますが、寝ぼけている時は危険です。教官からは、部屋のベッドの周りにはなにも置くなと言われていました。

動線を確保するために、物は基本的に外に出さず、収納するのがベターです。駐屯していた時は、動線を妨げないようベッドの下に収納ボックスを置いていました。

教官からは「収納スペースは“つくれ”」とよく言われました
たとえばソファーであれば、脚付きで下に空間ができるタイプのものにして、そこに収納ボックスをしまう、テレビ台の下にちょっとしたスペースがあれば、収納ボックスを買ってきてそこにしまう。

動線の妨げにならないところにちょっとした隙間、スペースがあったら、収納ボックスを活用してしまうといいでしょう。

ルーティン化してしまう

いまでこそ自宅も整理が行き届いている私ですが、自衛隊に入るまでは、どちらかといえば整理整頓は得意ではありませんでした。実家の部屋の押し入れを開けると、物が溢れて崩れ落ちてくるなんてこともあったくらいです。

偏見かもしれませんが、基本的に自衛隊に入隊するのは大雑把な人間が多く、四人で共同生活を始めた時は、部屋は荒れ放題。ルームメイトたちの整理整頓の無頓着さに驚きました。

そんな隊員たちでも、次第に整理整頓ができるようになっていきました。なぜかといえば、掃除、片付けをルーティン化するからです。

教官からはこう言われていました。

「掃除、整理整頓は、毎日続けることが大事だ」

自衛隊はルーティンを非常に重んじます。何時に起きて、ベッドメイキングをして、何時までに支度をして……はじめは大変ですが、ルーティン化してしまえば、意識せず、息をするようにこなせるようになる。

掃除、整理整頓も同じです。着替える時、ついでにハンガーの間隔、服の色を揃える。物を取ったついでに面を揃える。

すると、いつのまにか整理整頓しているという感覚がなくなり、常に整っているという状態になるのです。だから駐屯地の営内はいつも清潔でした。

そして以上のようなことを実践するためにいちばん大事なのは、物を減らすこと。

お掃除レンジャーでは個人宅の掃除、片付けも承っていますが、散らかっている人に共通しているのは物が多いことです。

物が多い人はみな、「使う」 「使わない」の判断をする時、ほとんどを「使う」のほうにジャッジをしてしまっています。

片付けられなかった私だからこそ自信を持って言えますが、日常生活において、必要な物はそれほど多くありません。ほとんどの物はなくても困らないのです。

有事の際、「決断力」がその後を左右します。大災害が起きて、すぐに大事なものを持って避難しなくてはいけない時、物が多いと本当に大事な物をピックアップできなくなります。

年末年始の大掃除では、多少、思い入れがあったとしても、「一年以上使っていない物は思い切って捨てる」と基準を設けて、取捨選択をしてほしいと思います。

自分ではどうしても難しいという人は、先述したように、誰かに新鮮な目で「使う」 「使わない」のジャッジをしてもらうといいでしょう。

Getty logo

「一瞬で行動できるように、一生整頓し続けろ!」

整理整頓することはリスクヘッジでもあります。

自衛隊時代、私の部屋ではなかったのですが、整理整頓が苦手なAさんがいました。その人だけ、いつも初動が遅く、周りに迷惑をかけることも多かった。

ある日、急遽、翌日に山ごもりの訓練をすることになりました。私は普段からきちんと整理整頓していますから、5分もかからずに翌日の準備は完了。しかしAさんは整理が悪いから、準備に夜遅くまでかかっていた。

翌日、Aさんは寝不足でフラフラ。山をずっと歩き続ける訓練で限界に達し、脱落していました。

これが戦場だったらどうでしょう。準備に時間がかかって、寝不足による不注意で怪我をしてしまった。そしたら、彼を介護する人が必要になります。一人のミスによって、大きく戦力が削がれるのです。

これは、ビジネスマンにも通じる話ではないでしょうか。明日、急に出張に行かなくてはならなくなったとします。その時、整理が悪いと準備に時間がかかります。夜遅くまでかかって寝不足になったら、翌日の仕事のパフォーマンスにも響きます。さっと準備ができたら、あまった時間で残っている仕事を片付けられたかもしれません。整理のいい人と悪い人では、人生の「持ち時間」も変わってくるのです。

教官からはいつもこう言われていました。

「一瞬で行動できるように、一生整頓し続けろ」

災害大国・日本では、一瞬の遅れが命を左右することもあります。ぜひこの年末年始、先述したようなことを気にしながら、大掃除してもらいたいと思います。
(月刊『Hanada』2019年2月号より転載)

自衛隊式片づけ術 (生き残りたければ片づけろ!)

¥ 1320

本記事では紹介しきれなかった、片付け術を収録した『自衛隊式片づけ術 (生き残りたければ片づけろ!)』(飛鳥新社)が絶賛発売中!

畠山大樹(はたけやま・だいき) | Hanadaプラス

https://hanada-plus.jp/articles/266

株式会社お掃除レンジャー代表取締役。1990年、北海道生まれ。 大学卒業後、陸上自衛隊の精鋭部隊、第1空挺団(パラシュート部隊)に入隊。 日本一過酷とされる訓練を経験する。 備品ひとつなくすことが命にかかわる厳しい状況下で、徹底的に整理整頓、片付けの大切さを叩き込まれる。 退団後、自衛隊で培った技術を生かして清掃会社「お掃除レンジャー」を起業。 ホテルや民泊、個人宅など月間約1000件以上の清掃業務を請け負っている。 不屈の精神と高い技術を武器に、日本一のお掃除部隊を目指す。

関連するキーワード


自衛隊 畠山大樹 片づけ術

最新の投稿


「桜を見る会」をめぐる“集団リンチ”野党合同ヒアリング|坂井広志

「桜を見る会」をめぐる“集団リンチ”野党合同ヒアリング|坂井広志

年が明けても、サクラ、サクラ、サクラ。そんな野党に対して、「桜はもう散った。早くこの問題から次の建設的な議論に移していかないといけない」と苦言を呈した二階幹事長。多くの国民もそう思っているのではないだろうか。野党の「おもちゃ」になっている「野党合同ヒアリング」とはいったいなんなのか。官僚を吊るし上げる「愚劣な政治ショー」の核心に迫る!


【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

【スクープ!】中国ドローン侵略はすでに始まっている|山崎文明

いま世界中あらゆる場面で使用されているドローン。ところが、その市場シェアの8割が中国製であることはあまり知られていない。中国に蓄積され続ける空撮データ、“丸裸”にされる日本の国土、このままでは近い将来、人民解放軍のドローン攻撃に晒される日が確実に来る――。報じられない中国ドローン侵略の実態を緊急レポート。


岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』/中国の「ハイブリッド侵攻」に備えよ

「このままでは先島諸島の防衛は不可能」……元陸自トップが衝撃の告白。37年間の自衛隊勤務経験に基づく豊富な事例と教訓から、自衛隊という組織と人に本気の改革を迫る一冊。「新しい戦争」の世界的変化についていけない日本人に向けて、ハイブリッド戦による侵略の脅威を完全解説した本書の書評です。


【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(前編)|李主成

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。


【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成

【脱北作家 慟哭の独占手記】 文在寅は脱北者虐殺犯だ!(後編)|李主成

「文在寅は人権派弁護士、親北派政治家として知られているが、その実は政治目的のためなら人命をも犠牲にする冷酷で残忍な男だ。私は文在寅の本性、脱北者がおかれている現状を日本の読者に何としても知ってもらいたいと思い、筆をとった」ーーある脱北作家が命懸けで綴った慟哭の手記。