自衛隊式片づけ術 整理整頓が命を守る!|畠山大樹(お掃除レンジャー社長)

自衛隊式片づけ術 整理整頓が命を守る!|畠山大樹(お掃除レンジャー社長)

いま自衛隊の防災ノウハウが注目を集めていますが、実は片付け・掃除にも、目からウロコが落ちるテクニックがあるんです! 年末の大掃除に活用したくなる自衛隊式片付け術をご紹介!


自衛隊は整理、片付けにこだわる

私は22歳の時、自衛隊に入隊し、空挺部隊に所属。もともと、体を鍛えたり、動かしたりするのが好きだったので、自衛隊は向いているだろうと思ったら違いました。まず、掃除、片付けを徹底的に叩き込まれるのです。

たとえば、定期的に「台風」という訓練があります。教官が部屋に入ってきて、洋服を引き出しからひっくり返したり、ベッドをぐちゃぐちゃにしたり、わざと散らかすのです。その時に、Tシャツなど1つ2つ、その部屋から物を持ち出していきます。

私たちは部屋に戻り、片付けながら、持ち出されたものを確認していく。教官のところに行って持ち出されたものを伝えると返してもらえる、というもの。
部隊によっては、部屋を整頓できていなかった時の罰として「台風」を行う場合もあるようですが、私のいた空挺部隊では、所有しているものをきちんと掌握できているかどうかを確認する訓練として行っていました。

教育期間中は、私物を保管するロッカーの抜き打ち検査があり、きちんと整理していないと、収納物を部屋にぶちまけられます。

なぜそこまで整理、片付けを徹底的に叩き込むのか。それは、整理の悪さは、有事の際、命取りになる可能性があるからです。

たとえば有事の際、備品1つなくしただけで、それを敵に発見されたら部隊の居場所が特定されてしまう。待ち伏せされ、命を落とす危険もあるわけです。

また、緊急で出動する際、整理が悪くて準備に手間取っていたら、全体に迷惑をかけるだけでなく、誰かの命が危険に曝されることもあるでしょう。

だからこそ、自衛隊では整理、片付けにこだわるのです。
 
私は自衛隊で培った整理術を活かし、2年前に清掃会社「お掃除レンジャー」を立ち上げました。
年末年始に大掃除をされる方も多いでしょうから、今回は「自衛隊式片付け術」を伝授したいと思います。

面(ツラ)を揃える

自衛隊では、物の位置を隣の物ときっちり合わせることを徹底的に教え込まれます。「綺麗に見せる」ということをとても大切にするのです。自衛隊では、これを「面を揃える」と言います。面を揃えると見た目が綺麗なだけでなく、ホコリが溜まる位置も一定なので、サッと掃除するだけでよくなります。

お掃除レンジャーではホテルなど宿泊施設の清掃も行っていますが、この見た目の綺麗さは重要です。いくら部屋を徹底的に掃除したとしても、シャンプー、リンスなどの位置が揃っていないと、宿泊者に「手を抜いた」 「整っていない」という印象を与えてしまいます。

普段の生活では、面を揃えて置くだけで、少し掃除は手を抜いたとしても部屋が整って見えますから、ぜひ活用してください。

面(ツラ)を揃えるだけで、こんなに美しく(筆者の自宅より)

服は色の系統を揃えて収納する

自衛隊は見た目を綺麗にすることを大切にするといいましたが、これもその一つ。色を揃えるメリットは大きく三点あります。

1つは、服が探しやすくなります。たとえば「今日はあの赤色の服を着よう」と思った時に、クローゼット、収納ボックスのなかに赤い色の服があちこちにあると、すべてチェックしなければいけません。
しかし色を揃えていると、自分のほしい色のところだけ見れば済みますから、時間の節約になるのです。

2つめは、色を揃えることで服の定位置が決まります。定位置をとくに決めず、ランダムに服を収納していると、「あの服、どこにしまったっけ?」といったことが起こりますが、色で揃えることで、自ずと戻す位置も決まってくるので、自動的に整理されます。
 
3つめは、同じような服を買わなくて済むようになります。色ごとに分かれているので、買い物をしていても、「同じような色の服を持っていたな」とブレーキがかかるのです。

一目で全容を把握できるようにしておく

みなさんは引き出しを開けた際、一目で入っているものが確認できるようになっているでしょうか。物が溢れて一目で把握できないのであれば、まず物を減らしましょう。
探すのに、一度すべてひっくり返さなくてはいけないとなると時間と手間の無駄です。自衛隊では、一瞬で必要なものが取り出せないことは命取りですから、一目で把握できるようにしておきます。

物を減らし、面を揃えておけば、一目であるものが把握できるし、取り出しやすくなります。
クローゼットで言えば、私はハンガーのフックの位置を等間隔(指二本分)にしています。
等間隔にすることで、そこから服を一着抜いた時に空きができます。そのまま戻すのを忘れてしまったとしても、クローゼットを開けた時、抜けているのが一目でわかりますから、元の場所に戻すことができる。

等間隔に並べるメリットはもう1つあります。服の量を一定に保つことができるのです。服を買い足すと、当然、等間隔で並べることができなくなりますから、古い服を処分しなくてはなりません。等間隔に並べることで、服の量の基準がつくられるわけです。

誰かにチェックしてもらう

一人で片付けていると、どうしても見逃してしまうところが出てきますから、誰かに新鮮な目でチェックしてもらいましょう。

自衛隊時代、部屋が整理されているかどうか、チェックは営内に住んでいない営内班長がする決まりでした。どれだけ完璧に掃除したと思っても、かならず抜けがあるもの。カーテンレールにホコリが溜まっていたり、髪の毛が落ちていたりしたら即やり直しを命じられます。

粗を探すのは簡単ですが、粗をなくすのは難しいのです。部屋を掃除したら、同じ部屋に住んでいない隊員に「意地悪な目線で、汚いところを探してくれ」とお願いしていました。誰かにチェックしてもらうのは、お掃除レンジャーでも活用しています。

Getty logo

重たい物は下に収納

自衛隊員は地震が起きた際、まず頭上に注意します。キッチンなどでも、上に収納するものはプラスチック製の軽い物にし、割れ物、重たい物は下に収納しましょう。腰から下であれば、重たい物が落ちたとしても、致命傷になることはありません。

物の置き場所は動線を意識する

自衛隊は有事の際、すばやく行動できなくてはいけません。そのとき、動線に物があると邪魔ですから、部屋の動線には物は一切置きませんでした。

災害が起きた時、すばやく行動しなくてはいけないのは一般の人も同じ。玄関、窓、階段など、避難経路には家具、観葉植物は一切置かないようにしましょう。

とくに気にしてほしいのがベッドの周辺です。災害が起きた時、いる可能性が高いのがリビングか寝室。起きている時は、多少動線に物があっても避けられますが、寝ぼけている時は危険です。教官からは、部屋のベッドの周りにはなにも置くなと言われていました。

動線を確保するために、物は基本的に外に出さず、収納するのがベターです。駐屯していた時は、動線を妨げないようベッドの下に収納ボックスを置いていました。

教官からは「収納スペースは“つくれ”」とよく言われました
たとえばソファーであれば、脚付きで下に空間ができるタイプのものにして、そこに収納ボックスをしまう、テレビ台の下にちょっとしたスペースがあれば、収納ボックスを買ってきてそこにしまう。

動線の妨げにならないところにちょっとした隙間、スペースがあったら、収納ボックスを活用してしまうといいでしょう。

ルーティン化してしまう

いまでこそ自宅も整理が行き届いている私ですが、自衛隊に入るまでは、どちらかといえば整理整頓は得意ではありませんでした。実家の部屋の押し入れを開けると、物が溢れて崩れ落ちてくるなんてこともあったくらいです。

偏見かもしれませんが、基本的に自衛隊に入隊するのは大雑把な人間が多く、四人で共同生活を始めた時は、部屋は荒れ放題。ルームメイトたちの整理整頓の無頓着さに驚きました。

そんな隊員たちでも、次第に整理整頓ができるようになっていきました。なぜかといえば、掃除、片付けをルーティン化するからです。

教官からはこう言われていました。

「掃除、整理整頓は、毎日続けることが大事だ」

自衛隊はルーティンを非常に重んじます。何時に起きて、ベッドメイキングをして、何時までに支度をして……はじめは大変ですが、ルーティン化してしまえば、意識せず、息をするようにこなせるようになる。

掃除、整理整頓も同じです。着替える時、ついでにハンガーの間隔、服の色を揃える。物を取ったついでに面を揃える。

すると、いつのまにか整理整頓しているという感覚がなくなり、常に整っているという状態になるのです。だから駐屯地の営内はいつも清潔でした。

そして以上のようなことを実践するためにいちばん大事なのは、物を減らすこと。

お掃除レンジャーでは個人宅の掃除、片付けも承っていますが、散らかっている人に共通しているのは物が多いことです。

物が多い人はみな、「使う」 「使わない」の判断をする時、ほとんどを「使う」のほうにジャッジをしてしまっています。

片付けられなかった私だからこそ自信を持って言えますが、日常生活において、必要な物はそれほど多くありません。ほとんどの物はなくても困らないのです。

有事の際、「決断力」がその後を左右します。大災害が起きて、すぐに大事なものを持って避難しなくてはいけない時、物が多いと本当に大事な物をピックアップできなくなります。

年末年始の大掃除では、多少、思い入れがあったとしても、「一年以上使っていない物は思い切って捨てる」と基準を設けて、取捨選択をしてほしいと思います。

自分ではどうしても難しいという人は、先述したように、誰かに新鮮な目で「使う」 「使わない」のジャッジをしてもらうといいでしょう。

Getty logo

「一瞬で行動できるように、一生整頓し続けろ!」

整理整頓することはリスクヘッジでもあります。

自衛隊時代、私の部屋ではなかったのですが、整理整頓が苦手なAさんがいました。その人だけ、いつも初動が遅く、周りに迷惑をかけることも多かった。

ある日、急遽、翌日に山ごもりの訓練をすることになりました。私は普段からきちんと整理整頓していますから、5分もかからずに翌日の準備は完了。しかしAさんは整理が悪いから、準備に夜遅くまでかかっていた。

翌日、Aさんは寝不足でフラフラ。山をずっと歩き続ける訓練で限界に達し、脱落していました。

これが戦場だったらどうでしょう。準備に時間がかかって、寝不足による不注意で怪我をしてしまった。そしたら、彼を介護する人が必要になります。一人のミスによって、大きく戦力が削がれるのです。

これは、ビジネスマンにも通じる話ではないでしょうか。明日、急に出張に行かなくてはならなくなったとします。その時、整理が悪いと準備に時間がかかります。夜遅くまでかかって寝不足になったら、翌日の仕事のパフォーマンスにも響きます。さっと準備ができたら、あまった時間で残っている仕事を片付けられたかもしれません。整理のいい人と悪い人では、人生の「持ち時間」も変わってくるのです。

教官からはいつもこう言われていました。

「一瞬で行動できるように、一生整頓し続けろ」

災害大国・日本では、一瞬の遅れが命を左右することもあります。ぜひこの年末年始、先述したようなことを気にしながら、大掃除してもらいたいと思います。
(月刊『Hanada』2019年2月号より転載)

自衛隊式片づけ術 (生き残りたければ片づけろ!)

¥ 1320

本記事では紹介しきれなかった、片付け術を収録した『自衛隊式片づけ術 (生き残りたければ片づけろ!)』(飛鳥新社)が絶賛発売中!

著者略歴

畠山大樹(はたけやま・だいき) | Hanadaプラス

https://hanada-plus.jp/articles/266

株式会社お掃除レンジャー代表取締役。1990年、北海道生まれ。 大学卒業後、陸上自衛隊の精鋭部隊、第1空挺団(パラシュート部隊)に入隊。 日本一過酷とされる訓練を経験する。 備品ひとつなくすことが命にかかわる厳しい状況下で、徹底的に整理整頓、片付けの大切さを叩き込まれる。 退団後、自衛隊で培った技術を生かして清掃会社「お掃除レンジャー」を起業。 ホテルや民泊、個人宅など月間約1000件以上の清掃業務を請け負っている。 不屈の精神と高い技術を武器に、日本一のお掃除部隊を目指す。

関連する投稿


空自出身議員が重大証言!ブルーインパルス妨害工作の「真犯人」|渡辺康平

空自出身議員が重大証言!ブルーインパルス妨害工作の「真犯人」|渡辺康平

新型コロナウイルス感染症と戦う医療従事者に感謝と敬意を表すため、都心上空を飛行したブルーインパルス。それを政権批判に利用するメディアや文化人たち。繰り返される組織的な妨害活動など知られざるブルーインパルス苦難の歴史を航空自衛隊出身の議員が初めて告発。


「実子誘拐ビジネス」の闇 ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たち|池田良子

「実子誘拐ビジネス」の闇 ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たち|池田良子

「実子誘拐」告発キャンペーン第2弾!なぜ日本は「子どもの拉致国家」と呼ばれているのか。その裏には、ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たちの暗闘があった――。なぜ人権派は共同養育に反対するのか。子どもの権利をどう考えているのか。海外のケースだけではない。国内でも「実子誘拐」は日常的に行われているのだ。実名告発!誰も触れられなかった禁断の扉がついに開かれる!


山本太郎ファクトチェック|坂井広志

山本太郎ファクトチェック|坂井広志

「空気を読めるから、空気を読まない」。“歩く風評被害”と呼ばれる山本太郎がついに、東京都知事選に立候補。“おもしろい”選挙戦になることは間違いないが、“おもしろい”で本当にいいのだろうか。空気に流されないために、山本太郎の過去の言説をファクトチェック!彼は民主主義の救世主か、それとも……。“ファンタジー・ヤマモトタロウ”の正体とは?


感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

命令権の発動なしにここまで達成したのは、日本でなければできない立派なことだ。ただウイルスとの闘いはこれからも恐らく長く続くだろう。第2波、第3波の襲来を現体制で乗り切れるのか。わが国の危機対応体制はこのままでよいのか。


三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

「安倍政権は死因までも誤魔化しているのだ」。安倍政権のコロナ対応は失敗だったのか。日本はウイルスの抑え込みに最も成功した国であるにもかかわらず、なぜ、支持率は急落したのか。安倍政権の一連の対応を振り返りながら、“集団免疫獲得”の実像に迫る!L型の流入の有無こそが、日米伊の分水嶺となった――。


最新の投稿


「2021年1月号」新聞広告大公開!

「2021年1月号」新聞広告大公開!

1月号の新聞広告は、●●なし!伏字ファンの皆さま、申し訳ございません…。「Hanadaも丸くなったのか?」。違います。報道しない自由を大手メディアが行使するなか、弊誌は今月号もタブーなしのストレート勝負です!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年1月若水号

月刊『Hanada』2021年1月若水号

「報道しない自由」で国民を情報弱者にする大手メディアに喝!1月号の総力大特集は「日米メディアが報じないトランプVSバイデン全内幕」。米大統領選をめぐり数々の陰謀論が飛び交っているが、日米メディアの多くが「反トランプ」であり、露骨な偏向報道をしているのは事実だ。「米大統領選中も続く中国の侵略」「NHK『軍艦島ドキュメント』偏向の全手口」「ウイグル人強制労働プログラム」「川勝平太静岡県知事の正体」など1月号もあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器|山崎文明

ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器|山崎文明

日本は脆弱すぎる!世界で多発する中国の情報窃取。事件は既に日本でも起きている!ファーウェイ、Zoom、TikTok…核より怖い中国のサイバー兵器に食い物にされる日本の危うさ。


日本学術会議は即刻、解散せよ!|島田洋一

日本学術会議は即刻、解散せよ!|島田洋一

政府の防衛事業を組織を挙げて妨害する、人事はすべて自分たちで決める、黙って税金からカネを出せといった虫の良い話をいつまで許すのか?政府は6人の任命拒否をこう説明すべきだろう。「この6人には税金を使って提言してもらうほどの見識がなく、また国際交流に関与させると国益を損なう言動をする可能性が高いと判断した」と。


「中華民族」という虚構|石平

「中華民族」という虚構|石平

この地球上に「中華民族」という「民族」はどこにも存在しない。単に、人工的に作り出された一つの虚構の概念である。この本質を見なければ「中国」を見誤る。