硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


哀悼の思いが自然に湧いてきた

3月30日に硫黄島で行われた「日米硫黄島戦没者合同慰霊追悼顕彰式」に参列した。硫黄島の戦いは1か月を超える先の大戦有数の大激戦であり、日本軍約2万2千人、米軍7千人、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなっている。

今年の日米合同式典には、日本側からは、硫黄島協会の寺本鐵朗会長やご遺族、自衛隊、防衛省、外務省、遺骨収集が所管の厚労省の幹部に加え、超党派国会議員でつくる硫黄島問題懇話会の逢沢一郎会長、遺族代表の新藤義孝経済再生担当大臣など国会議員7人の計110人が参加した。

羽田空港からJALのチャーター便で向かい、2時間10分で硫黄島に到着した。硫黄島は戦前、戦中は1000人超の島民がいたが、昭和19(1944)年の集団疎開、戦後の米国占領を経て、現在は海上自衛隊硫黄島航空基地で任務にあたる自衛隊員や工事関係者のみが滞在している。

硫黄島上空に差しかかり陸地が見えると、この地で多くの方が亡くなったことに対する哀悼の思いが自然に湧いてきた。飛行機は無事に自衛隊基地の滑走路に着陸し、日米合同式典が行われる日米再会記念碑前の会場に向かった。

日米再会記念碑は、昭和60(1985)年2月19日、硫黄島に米軍が上陸して40年目に、「名誉の再会」の式典が開催されるにあたり、日米共同で建立されたものだ。

碑の両面には碑文が刻まれ、山側には日本語で、海岸側には英語で記されている。すなわち、碑の両側に硫黄島の戦いと同じ態勢で日米の碑文が刻まれている。

碑文は次のように刻まれている。

硫黄島戦闘四十周年に当たり、曾つての日米軍人は本日茲に、平和と友好の裡に同じ砂浜の上に再会す。

我々同志は死生を越えて、勇気と名誉とを以て戦ったことを銘記すると共に、硫黄島での我々の犠牲を常に心に留め、且つ決して之を繰り返すことのないよう祈る次第である。

先人の尊さと平和の尊さを体感

昭和60年の「名誉の再会」式典には、硫黄島の戦いに参加した日米両軍の兵士、遺族ら502名が参列し、日米再会記念碑を挟んで、山側には日本人参加者、海岸側には米国人参加者が整列した。日米双方の参加者は、献花の後、お互いに歩み寄り、抱擁を交わし合った。40年経って、ついに日米の戦いの交わりは平和の交わりとなったのである。

その後、当初は10年ごと、関係者が高齢となった近年は毎年、日米合同式典が開催されてきた。会場に着くと、自衛隊と米海兵隊の音楽隊が合同で演奏していた。

米国側からは米国硫黄島協会のデービッド・バイス海兵隊退役少将、レイモンド・グリーン駐日首席公使と第三海兵遠征軍司令官のロジャー・ターナー中将など約100名が参加した。

式典では、日米両国国旗の入場、国歌斉唱が行われ、日米双方代表からスピーチがあった後、献花と献水が行われた。献水は日本側のみで行われ、水に窮した硫黄島で散華されたご英霊を供養するものである。そして、鎮魂歌として、日本側は「ふるさと」、米国側は「アメイジンググレイス」の奉唱があり、黙とうが行われた。両国参加者は改めて、命を懸け祖国を守ってきた先人の尊さと平和の尊さを体感した。

その後、日本側参加者は、硫黄島戦没者の碑(天山慰霊碑)に移動し、慰霊追悼顕彰式が行われた。そして、島内の巡拝へ。

まず、天山慰霊碑の下にある地下壕・天山壕の中に入ったが、驚愕した。坑道はとても狭く、這うように身をかがめて進んだが、壕の中の温度は65度で、熱気が四方八方から襲う。とても長時間過ごせるような環境ではない。こうした壕に1か月以上もこもり戦闘を継続したとは、本当に気の遠くなるような思いを感じた。

それでもご英霊は、祖国を守り家族を守ろうと戦い続け、玉砕したのである。硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本があると改めて噛み締めた。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員靖国参拝で防衛省内に共産党の内通者|松崎いたる

自衛隊員の靖国参拝の情報を赤旗と毎日新聞にリークした者を突き止めようとする防衛省と、防衛省内にいる内通者を守ろうとする共産党――事の本質は安全保障に直結する深刻な問題だった。


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

私は、東日本大震災の津波で救えなかった命への後悔から、その後、大学院で津波避難についての修士論文をまとめた。国会議員に立候補したのも震災復興を成し遂げるという意志からであった。だが、災害などの緊急時に対応できる憲法に現行憲法はなっていない――。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。