新年早々、川勝知事が「リニア妨害」宣言!|小林一哉

新年早々、川勝知事が「リニア妨害」宣言!|小林一哉

「難航している南アルプスの自然、生態系の保全とリニアとの両立は2037年までに解決すればいい」 新年会見で、真っ向からリニア妨害に徹することを宣言した川勝知事。 しかも、JR東海側の発表を曲解し……。


リニア問題解決の兆しゼロ

JR東海の金子社長が2020年6月、静岡県庁で川勝知事と対談したが、不発に終わった。この時点で、2027年名古屋、2037年大阪の開業が絶望的となった(筆者撮影)

その際、大阪までの区間着工は、東京、名古屋の開業によって、リニアによる収入が生まれるようになってからだと説明した。
 
当然、「名古屋開業の前に、前倒しで大阪の工事を着工することは経営面で難しい」ともつけ加えた。
 
大阪府の吉村洋文知事に、「2037年開業が難しい」を伝えたことも明らかにした。
 
また丹羽社長は昨年8月3日の大阪市での会見で、「2037年開業は難しい」との認識をあらためて示している。
 
一方、川勝知事は1月4日の会見でも、「リニア中央新幹線建設促進同盟会に静岡県が入会する条件として、2027年名古屋まで開通、2037年大阪まで全線開通、この方針を受けてわたしは入会した。

しかし、2027年という数字が実質消えて、2037年までに東京から大阪まで全線開通という、これが残された最後の期限ということになる。従って、そのときまでに、環境保全とリニアとの両立という件は、2037年までに解決すればいいとわたしは受けとめている」と述べた。
 
このあと、記者が「リニアを巡る問題について、昨年10月の定例会見で、山にたとえると1合目より少し進んだと言っていたが、ことし1年で何合目まで進めたいのか」と尋ねた。
 
川勝知事は「南アルプスが守られたって意味では、1回下山した、登らないで下山したってこと」と答えた。
 
もともと解決する姿勢のない知事に、「何合目か」を聞くほうも聞くほうだが、これで、2024年も静岡県のリニア問題は解決の兆しさえないことだけがわかった。
 
川勝知事の欺瞞の正体を暴くことが、本当にリニア計画を推進することにつながっているのかどうか、筆者には見えない部分が多い。
 
何よりも、リニアに対する国民の関心の低さが、川勝知事の勝手気ままな主張を許しているからだ。
 
だから、リニア計画を一方的に批判する側は、川勝知事を熱烈に支持する構図となっている。
 
国は、水問題、自然環境での有識者会議の結論が出たのだから、川勝知事を含めたシンポジウムを開催したらどうか?
 
その席で、いったい何が正しいのか、間違っているのか、はっきりとさせたほうがいい。このままでは、リニア計画そのものが危ういものになってしまうかもしれない。
 
新年を迎え、高浜虚子の名句が、昨年からの難題にことしも直面していることを教える。
 
去年今年(こぞことし=新年の季語)貫く棒の如きもの

小林一哉(こばやし・かずや)

https://hanada-plus.jp/articles/886

「静岡経済新聞」編集長。1954年静岡県生まれ。1978年早稲田大学政治経済学部卒業後、静岡新聞社入社。政治部、文化部記者などを経て、2008年退社。現在、久能山東照宮博物館副館長、雑誌『静岡人』編集長。著作に『静岡県で大往生しよう』(静岡新聞社)、『家康、真骨頂、狸おやじのすすめ』(平凡社)などがある。

関連する投稿


【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

川勝知事が辞任し、突如、終幕を迎えた川勝劇場。 知事の功績ゼロの川勝氏が、静岡に残した「負の遺産」――。


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


最新の投稿


【読書亡羊】初めて投票した時のことを覚えていますか? マイケル・ブルーター、サラ・ハリソン著『投票の政治心理学』(みすず書房)

【読書亡羊】初めて投票した時のことを覚えていますか? マイケル・ブルーター、サラ・ハリソン著『投票の政治心理学』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】暴力を正当化し国民を分断する病的な番組|藤原かずえ

【今週のサンモニ】暴力を正当化し国民を分断する病的な番組|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


正常脳を切除、禁忌の処置で死亡!京都第一赤十字病院医療事故隠蔽事件 「12人死亡」の新事実|長谷川学

正常脳を切除、禁忌の処置で死亡!京都第一赤十字病院医療事故隠蔽事件 「12人死亡」の新事実|長谷川学

正常脳を切除、禁忌の処置で死亡――なぜ耳を疑う医療事故が相次いで起きているのか。その実態から浮かびあがってきた驚くべき杜撰さと隠蔽体質。ジャーナリストの長谷川学氏が執念の取材で事件の真相を暴く。いま「白い巨塔」で何が起きているのか。


トランプ前大統領暗殺未遂と政治家の命を軽視する日本のマスメディア|和田政宗

トランプ前大統領暗殺未遂と政治家の命を軽視する日本のマスメディア|和田政宗

7月13日、トランプ前大統領の暗殺未遂事件が起きた。一昨年の安倍晋三元総理暗殺事件のときもそうだったが、政治家の命を軽視するような発言が日本社会において相次いでいる――。


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。