新年早々、川勝知事が「リニア妨害」宣言!|小林一哉

新年早々、川勝知事が「リニア妨害」宣言!|小林一哉

「難航している南アルプスの自然、生態系の保全とリニアとの両立は2037年までに解決すればいい」 新年会見で、真っ向からリニア妨害に徹することを宣言した川勝知事。 しかも、JR東海側の発表を曲解し……。


意味不明な「部分開業」論

記者たちを煙に巻く川勝知事の会見(静岡県庁、筆者撮影)

静岡県の川勝平太知事は1月4日の新年会見で、「難航している南アルプスの自然、生態系の保全とリニアとの両立は2037年までに解決すればいい」などと、真っ向からリニア妨害に徹することを宣言した。
 
県政トップによるとんでもない発言を静岡新聞などのメディアがそのまま取り上げたことで、間違った情報に基づく誤解を多くの県民に与えた。
 
昨年12月14日、JR東海は静岡工区の未着工を理由に、東京・品川、名古屋間の開業を「2027年以降」に変更することを発表した。
 
2027年に開業できない理由を「静岡県の対応にあること」を明確にして、リニア建設促進期成同盟会副会長で、早期の建設推進を担うはずの川勝知事へ強い「抗議」の姿勢をはっきりと示したことになる。
 
このJR東海の発表に対して、川勝知事は「2037年の全線開通を一刻も早く実現するために、できるところから開通していくべきである」と珍妙な「部分開業」論を唱えた。
 
さらに、そのコメントには「静岡工区を理由に、工事完了の予定時期を変更するとしているが、静岡工区のみならず全工区の進捗状況や工事計画を明らかにしてほしい」とつけ加え、「静岡工区の未着工」をやり玉に挙げたことに不満を露わにした。
 
その不満をかたちにしたのが、昨年12月26日の会見である。
 
川勝知事は「丹羽(俊介)社長、事業主体のJR東海は、名古屋まで2027年までにつくるといっていた。全線は大阪までだから、名古屋までの開通は部分開業ではないか」と、あたかもJR東海が「部分開業」を唱えたかのような発言をした。
 
その上で、「(JR東海は)その部分開業をしないと言っている、(名古屋までは)2027年以降とされた。もう1つ、それ以上伸ばしてはいけない期限がある。全線開通について、2037年とリニア建設促進期成同盟会に加入する際、わたしもそれに賛同して入会したので、2037年、全線開通まで部分開業はしない、とふうに取っている」などと一般の人には理解できない、わけのわからないことをまくしたてた。
 
つまり、JR東海の発表を曲解して、勝手な「部分開業」論を唱えたのだ。

理解力は小学生以下?

まず間違った情報の1点目は、JR東海は東京・品川、名古屋間の開業を「部分開業」などとひと言も言ったことはないことだ。
 
昨年12月県議会で、記者会見での静岡県のリニア問題の解決策を持っているとの不用意な発言が追及され、最終的に、川勝知事は「『部分開業』がリニア問題の解決策である」と答弁して、逃げた。
 
その苦し紛れのごまかしから、「部分開業」論を持ち出して、それを引っ込めるわけにいかなくなっただけである。
 
2点目は、「大阪まで2037年開業」があたかもJR東海の事業計画かのような真っ赤な嘘を並べ立て、記者たちを煙に巻いたことだ。
 
JR東海は全国新幹線鉄道整備法に基づいて、名古屋までの2027年開業を実施計画として国の認可を受けている。昨年12月、「2027年以降」の開業変更を申請して、国は12月28日に認めた。
 
JR東海は「大阪まで2037年開業」を目標としてきたが、名古屋以西について、その完成年を含めて事業計画を作成しているわけではない。
 
JR東海は「第一段階として名古屋開業後、経営体力を回復して速やかに大阪開業に取り組む」としている。
 
これを読めば、どう考えても、「第一段階」の名古屋開業が遅れれば、当然、大阪開業も遅れることくらい、小学生でもわかる。
 
そんな小学生でもわかることが川勝知事には理解できないようだ。
 
自分勝手な理屈を並べたてて、「リニア開業で2037年は伸ばしてはいけない期限」としてしまい、ことし1月4日の会見で、「静岡のリニア問題は、2037年までに解決すればいい」とするとんでもない結論を導き出した。
 
当然、事務方はちゃんと承知していたはずだ。
 
JR東海の金子慎社長(当時)が2020年8月5日の会見で、大阪までの開業は、目標とする「2037年は難しい」とはっきりと述べているからだ。
 
それも2037年の大阪開業が遅れる理由が、「静岡工区の未着工だ」と、その時点でも金子社長は指摘していた。
 

関連する投稿


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった


川勝知事の「嘘」の根源は静岡県庁の機能不全|小林一哉

川勝知事の「嘘」の根源は静岡県庁の機能不全|小林一哉

新年早々、川勝知事はリニア妨害宣言をし、リニアにとっては苦難の一年になるだろう。 なぜ、川勝知事は、平気で「嘘」を繰り返すのか――。


岸田首相の「政治力」では、川勝知事に太刀打ちできない理由|小林一哉

岸田首相の「政治力」では、川勝知事に太刀打ちできない理由|小林一哉

パーティ券問題が自民党を揺るがし、自民党県議団は知事辞職に求める政局がらみの騒ぎを起こしている余裕がなくなってしまった。 しかし、それ以前に、岸田首相は、本気でリニアを進めようとしているのか……。


「リニア建設反対派と言われるのは明らかに誤解」と発言、川勝知事は“リニア推進派”だった!?|小林一哉

「リニア建設反対派と言われるのは明らかに誤解」と発言、川勝知事は“リニア推進派”だった!?|小林一哉

あらゆるごまかしと虚偽を並べ立てて、リニア妨害に徹している川勝知事が、まさかの「応援をしている」発言。この発言がいかに白々しいか、徹底批判!


最新の投稿


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

速やかなる憲法改正が必要だ!|和田政宗

戦後の日本は現行憲法のおかしな部分を修正せず、憲法解釈を積み重ねて合憲化していくという手法を使ってきた。しかし、これも限界に来ている――。憲法の不備を整え、わが国と国民を憲法によって守らなくてはならない。(サムネイルは首相官邸HPより)