新年早々、川勝知事が「リニア妨害」宣言!|小林一哉

新年早々、川勝知事が「リニア妨害」宣言!|小林一哉

「難航している南アルプスの自然、生態系の保全とリニアとの両立は2037年までに解決すればいい」 新年会見で、真っ向からリニア妨害に徹することを宣言した川勝知事。 しかも、JR東海側の発表を曲解し……。


意味不明な「部分開業」論

記者たちを煙に巻く川勝知事の会見(静岡県庁、筆者撮影)

静岡県の川勝平太知事は1月4日の新年会見で、「難航している南アルプスの自然、生態系の保全とリニアとの両立は2037年までに解決すればいい」などと、真っ向からリニア妨害に徹することを宣言した。
 
県政トップによるとんでもない発言を静岡新聞などのメディアがそのまま取り上げたことで、間違った情報に基づく誤解を多くの県民に与えた。
 
昨年12月14日、JR東海は静岡工区の未着工を理由に、東京・品川、名古屋間の開業を「2027年以降」に変更することを発表した。
 
2027年に開業できない理由を「静岡県の対応にあること」を明確にして、リニア建設促進期成同盟会副会長で、早期の建設推進を担うはずの川勝知事へ強い「抗議」の姿勢をはっきりと示したことになる。
 
このJR東海の発表に対して、川勝知事は「2037年の全線開通を一刻も早く実現するために、できるところから開通していくべきである」と珍妙な「部分開業」論を唱えた。
 
さらに、そのコメントには「静岡工区を理由に、工事完了の予定時期を変更するとしているが、静岡工区のみならず全工区の進捗状況や工事計画を明らかにしてほしい」とつけ加え、「静岡工区の未着工」をやり玉に挙げたことに不満を露わにした。
 
その不満をかたちにしたのが、昨年12月26日の会見である。
 
川勝知事は「丹羽(俊介)社長、事業主体のJR東海は、名古屋まで2027年までにつくるといっていた。全線は大阪までだから、名古屋までの開通は部分開業ではないか」と、あたかもJR東海が「部分開業」を唱えたかのような発言をした。
 
その上で、「(JR東海は)その部分開業をしないと言っている、(名古屋までは)2027年以降とされた。もう1つ、それ以上伸ばしてはいけない期限がある。全線開通について、2037年とリニア建設促進期成同盟会に加入する際、わたしもそれに賛同して入会したので、2037年、全線開通まで部分開業はしない、とふうに取っている」などと一般の人には理解できない、わけのわからないことをまくしたてた。
 
つまり、JR東海の発表を曲解して、勝手な「部分開業」論を唱えたのだ。

理解力は小学生以下?

まず間違った情報の1点目は、JR東海は東京・品川、名古屋間の開業を「部分開業」などとひと言も言ったことはないことだ。
 
昨年12月県議会で、記者会見での静岡県のリニア問題の解決策を持っているとの不用意な発言が追及され、最終的に、川勝知事は「『部分開業』がリニア問題の解決策である」と答弁して、逃げた。
 
その苦し紛れのごまかしから、「部分開業」論を持ち出して、それを引っ込めるわけにいかなくなっただけである。
 
2点目は、「大阪まで2037年開業」があたかもJR東海の事業計画かのような真っ赤な嘘を並べ立て、記者たちを煙に巻いたことだ。
 
JR東海は全国新幹線鉄道整備法に基づいて、名古屋までの2027年開業を実施計画として国の認可を受けている。昨年12月、「2027年以降」の開業変更を申請して、国は12月28日に認めた。
 
JR東海は「大阪まで2037年開業」を目標としてきたが、名古屋以西について、その完成年を含めて事業計画を作成しているわけではない。
 
JR東海は「第一段階として名古屋開業後、経営体力を回復して速やかに大阪開業に取り組む」としている。
 
これを読めば、どう考えても、「第一段階」の名古屋開業が遅れれば、当然、大阪開業も遅れることくらい、小学生でもわかる。
 
そんな小学生でもわかることが川勝知事には理解できないようだ。
 
自分勝手な理屈を並べたてて、「リニア開業で2037年は伸ばしてはいけない期限」としてしまい、ことし1月4日の会見で、「静岡のリニア問題は、2037年までに解決すればいい」とするとんでもない結論を導き出した。
 
当然、事務方はちゃんと承知していたはずだ。
 
JR東海の金子慎社長(当時)が2020年8月5日の会見で、大阪までの開業は、目標とする「2037年は難しい」とはっきりと述べているからだ。
 
それも2037年の大阪開業が遅れる理由が、「静岡工区の未着工だ」と、その時点でも金子社長は指摘していた。
 

関連する投稿


【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

川勝知事が辞任し、突如、終幕を迎えた川勝劇場。 知事の功績ゼロの川勝氏が、静岡に残した「負の遺産」――。


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)