【リニア】会見でも言及なし!川勝知事が頬かむりするJR東海への「風評加害」問題|小林一哉

【リニア】会見でも言及なし!川勝知事が頬かむりするJR東海への「風評加害」問題|小林一哉

虚言、妄言、ごまかしばかりの「川勝劇場」。そして、自分自身に不利なことは決して言わない。JR東海への風評加害もその一つだ。


繰り返される嘘、ごまかし

岸田総理宛の意見書を読み上げた川勝知事の1月24日会見(静岡県庁、筆者撮影)

「リニアは静岡県に何のメリットもない。デメリットだけである」
「370万人の県民に何のメリットもないリニア新幹線など静岡県には要らない」
 
こう川勝平太知事が何度も吠えたのは、静岡県のリニア騒動が始まった2017年冬のことである。

ところが、岸田政権が発足した直後の2021年10月6日の会見になると、川勝知事は「リニアに対して、一度だって反対したことはない。

のぞみ機能がリニアに移ると、ひかりとこだまの本数が増える。従って、リニアは静岡県にとってメリットがある。だから、一度だってリニアに反対していない」などと自信たっぷりに述べている。

この2つの発言は、全く同じ人物の口から出ている。真逆のことを言っているから、別人の発言かと錯覚してはいけない。

静岡県HPにある知事会見の議事録を読み返せば、間違いなく川勝知事本人の発言だとわかる。
いろんな場面に合わせて都合のよいことを言うから、過去のことなど覚えていない。これを「二枚舌」だと厳しく批判しても仕方ない。そのような性格なのだ。

これぞまさしく、「川勝劇場」である。筆者は何度も「川勝劇場」に立ち会ってきた。川勝知事はいろんな嘘やごまかしを繰り返す。だんだん驚かなくなるから不思議だ。

2021年10月6日会見の前段で、岸田首相がリニア推進を指示したことに、「(岸田政権が)静岡県の流域住民に宣戦布告した」と言った。「宣戦布告」されたら、ふつうならば驚くだろう。

それだけではない。「静岡県民の神経を逆なでする」「いきなりぶん殴られた」などと、県民たちがこぞって川勝知事に言ってきたというのだ。

本当なのかと疑ってはいけない。川勝知事の頭の中で、県民たちが怒っているのだ。これも「川勝劇場」の一場面に過ぎない。

川勝知事が頬かむりした間違い

ただ「川勝劇場」では、自分自身に不利なことは決して言わない。相手をこきおろすだけで、本人の間違いは棚に上げてしまう。

今回、リニア推進の岸田首相の指示で、リニア開業による東海道新幹線の利便性向上に伴う静岡県のメリットがとりまとめられた。
 
報告書の内容は、ひかり、こだまの本数が増えて現状の1・5倍程度になり、地域にもたらす経済波及効果を1679億円と試算、雇用効果は年約15万6000人を生み出すとしている。
 
リニア開業によって、新幹線利用者が3割程度減ることを想定して、さまざまな数式を使って具体的に試算した。2021年10月6日の知事発言を踏まえれば、この結果に驚くものはないが、妥当である。

ところが、10月23日の会見で、川勝知事は、国交省鉄道局に対して、「算数の計算を子どもにさせるようなもので大官僚組織がやるほどのことか」と憤慨した上で、「お粗末であきれている」とこきおろした。
ふつう社会常識を持った政治家はそんなことを言えるはずがない。「川勝劇場」だから許さるのだろう。
 
ただマスコミ報道は川勝発言をもっともらしく伝えるから、信憑性があるように思い込んでしまう。多くの人は実際のところはわからないのだ。
 
今回の報告書に関して、川勝知事のほうからは何も言わなかったが、決して忘れてはいけない間違いを紹介する。
 
川勝知事が2023年10月23日送った岸田首相宛の意見書の重大な間違いについてひと言も口にしないことだ。
 
岸田首相の「リニア開業後の静岡県のメリットを出せ」という国交省への指示に対して、川勝知事の意見書は、2027年品川・名古屋間を開業した場合、ひかり号、こだま号の大増発はムリだから、静岡県にメリットはないなどを県民にわかるように説明するよう求める趣旨のものだった。

関連する投稿


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった


最新の投稿


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!