【処理水】国際社会に問え!「日本と中国、どちらが信頼できるか」|上野景文

【処理水】国際社会に問え!「日本と中国、どちらが信頼できるか」|上野景文

福島第一原子力発電所の処理水放出を開始した途端、喧しく反対する中国。日本はどのように国際社会に訴えるべきか。


中国の得意技

「真逆」になるが、中国政府は「存在しているもの」を「存在していない」と言い張る癖、得意技も持っている。
 
その典型は、新疆における「強制収容所」だろう。当初、そのようなものは「存在しない」と言っていたが、それでは防戦できないとわかると、「職業訓練所」であると言い換えた。が、強制収容所の「存在」は、今日に至るまで認めていない。
 
コロナの発生につき、当初「存在せず」と隠し通そうとしたことは、記憶に新しいところだ。この点については、さすがに認めざるを得なくなったが、不透明な部分は今日まで残っている。
 
彼らが「存在」を認めないものの最たる事例は、天安門事件だ。同事件は、中国では公には今日なお「不存在」の扱いだ。つまり、独裁制の下では、不都合なことは当局が「不存在」と宣言すれば「不存在」になるというわけだ。

そのようなマインドセットを持った中国政府だ。日本政府や国際機関が「存在」するとしている「安全」を「不存在」と言い張ることなど、朝飯前である。
 
さらに、日本に対し「科学への尊重が見られない」とも批判しているが、これも「あるもの」を「ない」という実に独りよがりな主張だ。
 
中国人は、政府というものは危険を「隠蔽する」ものだとの思い込みがあるのだろう。民主主義、オープンな社会で、そのようなこと(隠蔽)が不可能なことは、民主主義体制に馴染んだ人には自明であるが、中国では当たり前ではないのだ。
 
だから、「日本はごまかしている」「日本の言い分はフェイクだ」という突飛な発言が出てくるのである。

中国は日本を同類視?

今日の日本は、衛生基準、公衆衛生、環境面で、世界でも最も厳しい規制を課している国のひとつだ。
 
たとえば、国民の平均寿命は、数十年にわたり世界でもトップクラス。コロナ禍の下でも、日本の死亡者は世界で最低の水準にあった。それも、ほとんど強制的なロックダウンを実施することなく成し遂げた。

ひとえに、国民全体の衛生意識が高いことの賜物と言える。トイレなども過剰なくらい清潔だ。そのような衛生・環境面で国民の厳しい眼が光っているなかで、政府が国民を裏切るようなことができるはずがない。
 
これとは対照的に、たとえば冬期における北京市の空気の汚染は、国際的に有名だ。当局は有効な手を打つに至っていない、つまり「汚染」を事実上放置している。
 
また、清潔とは言い難いトイレが少なくない。失礼を承知で言うが、それが同国の衛生レベルなのだ。
 
が、今回、中国のメディアは、日本が世界の海を「汚している」とするどぎつい動画やアニメを一斉に流すことで印象操作を図っている。まさに「捏造」(フェイク)そのもので、私には、彼らの「自画像」を流しているように感じられる。
 
つまり、日本政府も自分たちと同様、汚染(の垂れ流し)など気にしてはいないはずだとの思い込み(前提)があるのだ。日本は「垂れ流し」をしながら「そんなことはしていない」と「ごまかしている」と。
 
日本が、汚染水をクリーン水にするためにどれほど努力しているかは、はなから眼中にはないのだ。
 
先述したように、中国は日本を自分たちと同レベル、同類と見ている。「とんでもない誤解」であり、そんな「思い込み」で日本のことをここまでこき下ろすなど、普通のセンスではできない芸当だ。
 
衛生面で進んでいる日本が、よりによって、衛生面でかなり遅れている中国からとやかく言われるのは心外だ、と感じている日本人は少なくないはずだ。

何やら、女性の扱いにつき、タリバンがスウェーデンに説教しているのと似た構図とでも言うべきか。「上から目線」的もの言いになるが、中国には自分たちを超える(もっと「まとも」な)世界があることを学んでいただきたい。 
 
中国は、日本が「危険」を隠蔽しているとの思い込みに立ち、あるいは確信犯的にフェイク情報を流すことで日本の科学論を否定してみせた。これとは対照的に、日本国政府がそのようなフェイク情報をもてあそぶことはまずない。生真面目過ぎるという難はあるが。

正々堂々、対処せよ

関連するキーワード


中国 処理水 上野景文

関連する投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


最新の投稿


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!