【一周忌を終えて】安倍元総理の精神は政治家の鑑|和田政宗

【一周忌を終えて】安倍元総理の精神は政治家の鑑|和田政宗

7月8日、芝・増上寺において安倍晋三元総理の一周忌法要が執り行われた。その後の集会で昭恵夫人のスピーチを聞き、改めて昨年7月8日の衝撃が私の身体にもよみがえり、涙が流れた――。今回は安倍元総理のお人柄とエピソードを皆様にお伝えしたい。


みんな安倍総理が大好きだった

こんなエピソードがある。

まだ総理在任期間中に、私はある青年を昭恵夫人から紹介された。まだ大学生で起業したばかりの青年だった。真面目で意欲のある青年だったので私も気にかけ折々に連絡していたが、ある時、その青年が「そういえば先日、総理のご自宅に伺ってご夫妻とご飯食べてきました」と写真を見せたのである。

私は驚いたが、総理も夫人も笑顔で、とても楽しい会だったのだなとわかる写真だった。話は弾んで学生生活から世界のことまで多岐にわたり、2時間以上に及んだとのこと。このように、たとえ大学生であっても安倍総理は機会があれば親しく話を聞いた。なお、この青年は、社会起業家としてその発想と実力で今は順調に会社を成長させ、社会に貢献している。

今回の昭恵さんの話では、LGBTの友人の方々は安倍元総理と議論の後、「大変喜んで納得をして」帰ったとのことだが、会って意見が変わらなかったとしても一度お会いした方々は、安倍元総理や昭恵さんのことを好きになっていった。

東日本大震災の被災地でも安倍総理は常に大歓迎された。その優しさは触れ合えば皆が感じることであり、仮設住宅や復興住宅には様々な考えの方もいたが、安倍総理に嫌な顔をする方は一人もいなかった。

なお、昭恵さんは、安倍元総理がLGBTの方々への理解促進について、「一つ一つの課題に対して、法律にしなくても、これはこういう解決方法があるんだ」と述べていたことを明らかにした。やはり安倍元総理の考えはそうであって、私も安倍元総理から「法案で推進する」ということは一度も聞いたことはない。

なお、昭恵さんのこのスピーチの際には、法案を推進した党幹部たちも着席して話を聞いていた。

「この国のために」という不屈の精神

Getty logo

そして、安倍元総理の不屈の精神についても昭恵夫人からお話があった。平成24(2012)年の自民党総裁選再立候補の際の夫妻の会話である。

「もし落選したらどうするのと聞いたところ、今回もし一生懸命頑張ってだめだったら、命を奪われるわけではないので、また次再チャレンジすると、その次ダメでもまた再チャレンジすればいい。自分の経験を生かし何度でも挑戦して、この国のために働きたい」

安倍元総理はひたすら「国のために」ということを考え、そのことのみに不屈の精神で邁進していた。

さらに、1回失敗しても「再チャレンジ」できる社会を目指し政策を打った。意欲があれば何度でも挑戦できる機会が得られるようにする。「もうどうやっても無理だ」という閉塞感がある社会ではなく、あきらめずに挑戦し続けた人が報われる社会を目指した。

実は、この「再チャレンジ」は、安倍元総理が大学卒業後に就職した神戸製鋼での失敗も元になっている。安倍元総理から直接この経験について伺ったが、新人時代に様々な寸法のパイプを大量に発注する際、寸法を間違って発注してしまったとのこと。

クビ覚悟で上司に申告したところ、「勉強だと思って次に活かしなさい」と上司は言い、奮起して仕事に一層精を出したとのことである。このように安倍元総理は実業の世界において、働くことの大変さや1円を稼ぐことの大変さを学んできた。だからこそ、雇用の安定や、働く人が将来に希望が持てる経済にすること、「再チャレンジ」もできる社会を目指した。

安倍元総理は、常に国民が豊かで平和に暮らせているかを考えていた。世の中や経済の動向をいつも気にしており、総理になられても庶民感覚のある方だったし、ご自身でネット検索もするなど、ちまたの事を良くご存じであった。私が、世間の声などをお伝えすると、「へえ、今そういう意見が強いんだね」と世の中のことや意見を敏感に捉えようとしていた。

昭恵夫人は、「志を受け継ぐ集い」でのお話を最後にこう締めくくった。

「これから皆さま方、主人がいなくなって悲しいという思いは持たれていると思います。私も本当に悲しいですけども、怒りの感情を持つのではなく、恨みの感情を持つのではなく、どうか主人が亡くなったことで奮起をしていただき、この日本の国のために皆さんの力を合わせていただくことが主人に対する供養だと思います」

ひたすら国のために尽くされた安倍晋三元総理の精神は我々政治家の鑑である。そして、我が国の未来永劫の発展のために今を生きる我々は力を合わせて尽くしていかなくてはならない。政治家としても常に安倍元総理の精神と向き合い、しっかり行動していきたい。

関連する投稿


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


最新の投稿


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!


【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

大丈夫か、自衛隊! 航空自衛隊の高級幹部選抜試験で不正発覚!|小笠原理恵

「海自ヘリ墜落、2機が空中衝突」(4月20日)、「手榴弾爆発で20代の隊員1人死亡」(5月30日)などトラブル続きの自衛隊だが、最高幹部階級への登竜門である選抜試験でも不正が発覚した――。