【リニア妨害】川勝知事の「現実離れ」した嫌がらせ|小林一哉

【リニア妨害】川勝知事の「現実離れ」した嫌がらせ|小林一哉

産経新聞が報じた、非公式の場で、川勝知事がJR東海に品川―名古屋間の先行開業を取り下げるよう、繰り返し要請してきたというスクープ。しかし、川勝知事は産経の報道を否定した。はたしてその真相は――。


産経以外は無視した「否定」報道

産経新聞ウエブ記事を否定した川勝知事(静岡県庁、筆者撮影)

2023年6月14日付朝刊各紙は、川勝平太・静岡県知事が「山梨県内の調査ボーリングをやめろ」の言いがかりを撤回しないことなどを詳報した。
そんな中で、産経新聞(地方版)だけが、新聞各紙のどこも報道しなかったニュースを最後に伝えていた。ニュースは以下の通りである。
〈川勝知事の会見ではまた、公式、非公式を問わず国の関係者にリニア中央新幹線の大阪までの一括開業と、県内を通らないルートへの変更を要請したことがあるか問われ、知事は全面的に否定した。〉

なぜ、このようなニュースが掲載されたのか?
 13日の知事会見で、幹事社の毎日新聞記者が真っ先にこのニュースに関わる質問をしたからだ。

「知事が国などの関係者に対して、開業日程であるとかルート変更を非公式の場で打診したと6月2日に一部報道があった。具体的には、名古屋、大阪間の開業に合わせた全線一括開業と静岡県内を通らないルート変更を非公式に要請したという内容だった。
ネット等々でも反響があって、6日の閣議後の会見で斉藤国交相が、この報道に関連して現行案が最も適当であり、計画変更を否定するような発言を行った。知事は、こうした要請を公式、非公式を問わず、国の関係者にしたことがあるのか」
 
この質問に対して、川勝知事は「いいえです」と素っ気なく否定した。

「一部報道」とは、6月2日公開の産経新聞ウエブ記事である。だから、産経新聞が川勝知事の「否定」を記事にした。つまり、「産経新聞ウエブ記事の内容は正しくない」と川勝知事が明言したことを記事にしたのだ。

知事の「否定」に対して、会見に出席していた産経記者は再度の質問などで追及しなかった。逆に、6月2日産経新聞ウエブ記事が間違っていることを認めるような14日付の記事になってしまった。どうして、他社のように無視しなかったのか不思議である。

川勝知事「2つの提案」は周知の内容

 6月2日産経新聞ウエブ記事は、
〈「大阪まで一括開業すると国が言ってほしい」。(国などの)関係者によると、川勝知事は昨年12月頃、非公式の場で、JR東海に品川―名古屋間の先行開業を取り下げるよう、繰り返し要請してきたという〉

〈同時に長野県内の停車駅を現計画の飯田市よりも約100キロ北の松本市に設置し、静岡県内を通らないルートに変更することも求めたとされる〉
 
と2つの“提案”を伝えていた。
 
産経新聞の独自ダネだったが、他のメディアはどこも後追いをしなかった。

産経新聞の独自ダネの内容は、筆者をはじめ県内の記者にはなじみの深い内容だった。過去に何度も川勝知事が話題にしていたからだ。
 
1つ目の“提案”は、品川―名古屋間の2027年開業を取り下げて、2037年を予定する品川―大阪間の全線一括開業を川勝知事が要請したという。
 
2つ目の“提案”は、静岡県を通らない長野県の松本空港とつなげる「う回ルート」案である。2020年11月号の雑誌中央公論に寄稿した論文『国策リニア中央新幹線プロジェクトにもの申す』の中に同じことを書いていた。
 
中央公論の論文では「交通アクセスとしては飛行場が必要ですが、中津川(※岐阜県のリニア駅)の北には松本空港があります。そこまでリニアを延伸すれば空港と連結できます。日本には新幹線と空港を連結させている所はどこにもありません。松本空港はリニアと連結できる唯一の候補地です」などと川勝知事は論文でも提案するほど熱心だった。
 
ただ地元の長野県では、南アルプスを貫通する直線ルートに決まる前、木曽谷ルート、伊那谷ルートの2ルートを要望していたが、「松本空港ルート」など誰ひとり言っていなかった。どう考えても、「松本空港ルート」は川勝知事の単なるいやがらせでしかなかった。

関連する投稿


【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

川勝知事が辞任し、突如、終幕を迎えた川勝劇場。 知事の功績ゼロの川勝氏が、静岡に残した「負の遺産」――。


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)