なべやかん遺産|「ミニチュアヘッド」

なべやかん遺産|「ミニチュアヘッド」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ミニチュアヘッド」!


うちには大量の生首が

我がプロップコレクションの多くは実寸大である。実寸大というのは撮影時に使われるマスク(頭部)のことで、キャラクターの頭であったり役者の顔を型取りしたライフマスクであったり、動物の頭だった様々だ。

物によっては角が生えていたり頭が長かったり巨大な耳が付いていたりするので飾るスペースも必要になる。普通サイズの人間は良い方で、水牛の頭なんか実寸なのでこれもかってくらい邪魔な大きさだ。

顔だけでも大きいのに立派な角が付いているので厄介。牛はもう一頭いて、メカニックタイプの頭もある。これも実寸で角が立派すぎるくらい長い。

それ以上なのが身長5メートルのゴリラの顔である。実寸なのでとてつもない大きさだ。普通のゴリラだって顔がでかいからね。それが怪物サイズだと置き場が畳半畳必要になる。しかも二つあるから一畳場所が必要って事だ。
その他にも人間の生首が沢山ある。ボウリング場のハウスボールを思い出してくれるとわかりやすい。

大勢でボウリングに行くと全員分のボウリングの玉がボールリターンの所に溜まってくる。玉の色が同じだと自分のはどれか探すのが大変だが、それらが玉でなく全て人間の生首だったらどうだろう?
つまり我が家にはボウリング大会レベルの数の生首があるって事だ。

うちにはボウリングの玉はありませんが生首が大量にあります。

実寸は好きだが徐々に置き場がなくなっているのも事実。そんな時、二分の一とか三分の一サイズで出来の良い物(頭)があれば倍の数置けるのではと考えてしまう。

コレクションに加える条件は、説得力があり自分が納得出来る造形力の高い物でないとダメだ。その辺のリアルさには拘りがかなりある。

作った人がプロの特殊造形師だったりすると最高。撮影プロップ感が漂っているのが良い。いくら良く出来ていてもガレージキット的だとダメ。細部が実物と違っても、ざっくり感があっても、撮影プロップの雰囲気が出ている物が良い。実際、撮影用プロップはざっくりしているからね。

見飽きることのないプロの作品

特殊造形師・山田太一さんが作のキングコングミニチュアヘッド。

では、そういったミニチュアヘッドをご紹介しよう。

最近手に入れたキングコングのミニチュアヘッドは特殊造形師の山田太一さんがプライベートで作った作品だ。『ゴジラvsメカゴジラ』(1993)でラドンの造形をしている山田さんが作ったのは、ジョン・ギラーミン監督版の『キングコング』(1976)でアカデミーメイクアップ賞を計7回受賞したリック・ベイカーさんの作ったキングコング。

当時リック・ベイカーさんは数種類の表情のキングコングを作っていて、その中でも自分が一番好きだった怒った顔バージョンを選んで作っていたのだ。SNSで写真を見て直ぐに欲しいと思い連絡をして購入させていただいた。プロの作る作品はやっぱり見ていて飽きない。

関連する投稿


なべやかん遺産|「ノアの神」

なべやかん遺産|「ノアの神」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ノアの神」!


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


最新の投稿


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

安倍元総理の命日にあたり、その功績を改めて記す|和田政宗

本日は安倍晋三元総理の命日。安倍元総理が凶弾に倒れてから2年を迎えた。改めてご冥福をお祈りするとともに、非道な暗殺を満身の怒りをもって非難する。


【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

【今週のサンモニ】投票日でもお構えなし|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

【読書亡羊】トランプ陣営も「これ」で献金を巻き上げた⁉ ハリー・ブリヌル著『ダークパターン』(BNN)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

習近平「チベット抹殺政策」と失望!岸田総理|石井陽子

すぐ隣の国でこれほどの非道が今もなお行なわれているのに、なぜ日本のメディアは全く報じず、政府・外務省も沈黙を貫くのか。公約を簡単に反故にした岸田総理に問う!