日本共産党と性犯罪|松﨑いたる

日本共産党と性犯罪|松﨑いたる

繰り返される党員や党議員によるわいせつ事件。共産党はこれらの事件や不祥事のたびに、空虚な「反省声明」を出してきた。これからも党員や党議員によるわいせつ事件がなくなることはないだろう。『日本共産党 暗黒の百年史』の著者で元共産党員の松崎いたる氏による「こんなに変だよ日本共産党」第2弾!


繰り返されるわいせつ事件

共産党ではこれまでも党員や党議員によるわいせつ事件が繰り返されてきた。

2003年12月10日、福井県鯖江市の駅前駐輪場で「赤旗」記者の男(42)が女子高生のスカート内をビデオカメラで盗撮し逮捕。

05年9月25日、「赤旗」記者が池袋西口公園で開催中の催し物会場で女性の体を触ったとして逮捕。

05年11月24日、「前衛」元編集長の党中央委員が通勤途上での痴漢行為で逮捕。略式起訴による罰金刑を受けた。

08年4月3日、大阪西・港・浪速地区委員会の男性地区委員長(43)が電車内で女性の脚を触ったとして現行犯逮捕。

2018年6月には、当時現職の長野市議が女子高校生の⾃転⾞のサドルに体液を付着させたとして器物損壊罪で起訴。その後、10代⼥性に背後から抱き着く強制わいせつの疑いでも再逮捕された。

これらは事件当時に大きく報道されたもので、公表されないわいせつ事案はこれよりはるかに多いはずだ。共産党はこれらの事件や不祥事のたびに、空虚な「反省声明」を出し、当事者を処分するだけの対応を繰り返してきた。これでは、これからも共産党活動家によるわいせつ事件はなくなることはないだろう。

とくに2018年の党長野市議による事件は、Aの再逮捕容疑とまったく同じ「サドルに体液をかける」という特異な犯行だった。Aが、共産党の〝同志〟である市議の犯行に影響され、模倣した可能性は高い。2018年にも党は「反省」の声明を出してはいるが、再発防止には何の役には立たなかったのである。

「痴漢ゼロ」の公約の裏で

Getty logo

もちろん、「罪を犯した本人が悪いのであって、所属する組織にまで責任を問うのは酷だ」と意見もある。これは多くの企業や団体、組織にあてはまるごもっとな意見だ。

痴漢、のぞき、盗撮、公然わいせつといった性的な犯罪は、残念なことだが、全国各地で毎日のように発生している。その中で社会的に地位があると思われている人物の犯行がニュースとして報道される。警察官を含む公務員、有名企業の社員、政治家や政党関係者によるわいせつ事件の報道は枚挙にいとまがないほどだ。いくらコンプライアンス管理を徹底したところで、個人の〝性癖〟までは管理できないだろう。

それでも日本共産党に組織としての責任を問うのは、この党が「痴漢撲滅」を党の主要な政策に掲げているからである。

2月2日に発表された同党の統一地方選挙政策アピールでは、重点政策として「ジェンダー平等をすすめる政治」を掲げ、「性暴力・DV根絶へ、痴漢・セクハラ対策、被害者支援を強化します。ワンストップ支援センター・民間シェルター等の強化・支援をはかります」と公約している。

志位委員長も、2月17日の演説会で同党の東京都議団の活動を絶賛し、「都議会で米倉春奈都議が先頭に立って、共産党の都議団が『痴漢ゼロの東京』をつくろうという提案をしました。この提案は世論に大きなインパクトを与えて、ついに1月27日、東京都は、23年度に5千万円の予算をつけて『痴漢撲滅プロジェクト』を始めることを明らかにしました。運動と論戦でつくった大きな成果であり、『痴漢ゼロの東京』が実現するまで、力をあわせていく決意を申し上げたいと思います」などと述べている。

Aが逮捕されたのは千葉県だが、まさか「東京と千葉は別だ」なんて言い訳はしまい。共産党には「痴漢ゼロ」の公約を果たす義務があるのだ。

関連する投稿


「みなさまのNHK」ではなく、「俺が偉くなるためのNHK」|和田政宗

「みなさまのNHK」ではなく、「俺が偉くなるためのNHK」|和田政宗

2月20日、NHKの船岡久嗣アナウンサーが、住居侵入の疑いで逮捕された。私は、NHKの事なかれ主義や、組織のいびつな体質がこうした事件の遠因になっていると考える。今回は、これらNHKのおかしな状況について記したい。


無限定の「LGBT差別禁止」の危険|島田洋一

無限定の「LGBT差別禁止」の危険|島田洋一

いま日本の国会では、差別の定義が曖昧なLGBT法案を、歯止め規定の議論も一切ないまま、性急に通そうとする動きが出ている。少なくともいったん立ち止まって、米国その他の事例をしっかり研究すべきだろう。


「党員除名」日本共産党の規約が怖すぎる|松崎いたる

「党員除名」日本共産党の規約が怖すぎる|松崎いたる

党員ジャーナリストの松竹伸幸氏の除名問題で露呈した“崖っぷち志位和夫委員長”の焦り。そして、志位氏による除名正当化の“トンデモ主張”からわかる共産党規約の恐ろしさ。『日本共産党 暗黒の百年史』の著者で元共産党員の松崎いたる氏による「こんなに変だよ日本共産党」第1弾!


党員除名で異質さを露呈した共産党|梅澤昇平

党員除名で異質さを露呈した共産党|梅澤昇平

もし日本に共産党主導の政権ができれば、猛毒が国民に及ぶのは必至だろう。国民が亡ぶか、共産党が自家中毒で亡ぶか、共産党内の騒動は見ものである。


【読書亡羊】党内の異論を封殺する日本共産党に外交なんて無理なのでは? 松竹伸幸『シン・日本共産党宣言』(文春新書)

【読書亡羊】党内の異論を封殺する日本共産党に外交なんて無理なのでは? 松竹伸幸『シン・日本共産党宣言』(文春新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


最新の投稿


評価できる新たな謝罪の回避|西岡力

評価できる新たな謝罪の回避|西岡力

尹錫悦韓国大統領が先週訪日した時、私は韓国にいた。韓国のマスコミでは、尹大統領が戦時労働者問題で大きく譲歩したとして、岸田文雄首相が明確な謝罪の言葉を述べるかどうかに注目が集まっていた。


バイデン政権の基本姿勢と実行力への疑問|島田洋一

バイデン政権の基本姿勢と実行力への疑問|島田洋一

左翼イデオロギーに迎合しつつ、様々な政治的思惑から腰が定まらず、ともすれば言葉と行動の乖離が目立つバイデン米政権。対中政策も矛盾と弱さに満ちている。


不当逮捕された国民栄誉賞受賞ジャーナリストの獄中記|石井英俊

不当逮捕された国民栄誉賞受賞ジャーナリストの獄中記|石井英俊

中国の影響を強く受けるモンゴルで、長年中国問題を取材してきた国民栄誉賞受賞のジャーナリスト・ムンヘバヤル氏が不当逮捕された。絶望の中でも決して希望を失わないムンヘバヤル氏が獄中で綴った魂のメッセージ。


日銀新総裁に期待する物価安定目標の貫徹|本田悦朗

日銀新総裁に期待する物価安定目標の貫徹|本田悦朗

植田氏の指摘する金融緩和の副作用は、低金利によって銀行や国債ディーラーといった業界の利益が縮小すると言っているにすぎず、むしろある程度は想定の範囲内である。金融緩和の枠組みの早すぎる撤廃(即ち利上げ)は、日本経済の再生を脅かす。


なべやかん遺産|「昭和のプロップ遺産」

なべやかん遺産|「昭和のプロップ遺産」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「昭和のプロップ遺産」!