何度も読み返し、身体に溶け込ませたい『安倍晋三 回顧録』|和田政宗

何度も読み返し、身体に溶け込ませたい『安倍晋三 回顧録』|和田政宗

安倍総理が私にお話になったのは、外交のあり方や各国首脳とのエピソード、経済とアベノミクス、そして何よりも重視していたのは選挙であった。『回顧録』の中でもこれらについての記述が多数を占めるが、今回の寄稿では、選挙について記していきたい。


『安倍晋三 回顧録』は第一級の史料だ

今月発売された『安倍晋三 回顧録』を読み終えた。安倍晋三元総理大臣が、どのように考え、どのように国のため国民のために政策を実行してきたのかが分かる第一級の史料である。

総理時代、そして総理退任後に私にもお話し下さった内容が多く含まれており、改めて安倍元総理が何を考え行動されていたか学ぶことができ、政治家として何度も読み返し、身体に溶け込ませていかなくてはならない内容だと感じた。

私は、安倍元総理から中堅若手議員の中でも特に近しくご指導を頂いたのではないかと思う。元々、昭恵夫人の東日本大震災被災地支援からのご縁であるが、憲法改正や国のあり方に対する考えを評価して下さり、まだ私が第三極野党である次世代の党時代から、食事の機会を頂くなどして様々お話を伺ってきた。

また、私の発信力にも注目して下さり、平成29(2017)年9月に自民党に入党した直後に安倍総理から直接お電話があり、党の広報副本部長に任命され、翌月の衆院選では党の広報統括をさせて頂いた。こうしたことをはじめ、本当に近くで安倍家のご家族ぐるみでご指導を頂き、首相公邸やご自宅で伺ったお話はとてもとても貴重なものであった。

その中で特に安倍総理が私にお話になったのは、外交のあり方や各国首脳とのエピソード、経済とアベノミクス、そして何よりも重視していたのは選挙であった。『回顧録』の中でもこれらについての記述が多数を占めるが、今回の寄稿では、選挙について記していきたい。

『回顧録』にもあるように選挙の勝利によって強い基盤を獲得することが内政外交における強い実行力のために何よりも不可欠であると安倍総理は考えていたからである。

Getty logo

2017年衆院選、脅威だった「小池旋風」

私は平成29(2017)年10月の衆院選で広報統括をさせて頂いたと述べたが、この時の安倍総裁出演の自民党のCMはテレビ、ラジオ、ネットとも私が全てコメントを書いた。広告代理店の方々と一緒に制作にあたり、映像構成などを含めCMの総監督を務めた。

この選挙においては、解散の正式発表の直前に、小池百合子東京都知事が「希望の党」を結党。その年の都議選の大勝利で勢いに乗っていた小池旋風が脅威であった。そのため、自民党として、より明確で国民に届く政策の打ち出しが重要であり、幼児教育・保育の無償化など、それまでの自民党にない思い切った政策が公約として掲げられた。

これらは『回顧録』の中でも述べられているが、私がこの衆院選のCMで安倍総裁に冒頭に言って頂いたのは、「豊かで平和な日本を守り抜く。未来に責任を持つ確かな政策を自民党は実行し続けます」であった。

アベノミクスで暮らしを守り、北朝鮮の脅威には国防力を高め平和を守る。新興の政党の付け焼き刃的な政策と違い、未来に責任を持つ確かな政策を実行し続ける。自民党とは何か、安倍政権とは何かを語りかけてもらった。そして、CMの最後には「ぜひあなたの声を聞かせてください」という言葉を言って頂いた。

当時はメディアやネットなどで「安倍総理は人の話を聞かない」との間違った風説が流れており、あえてこの言葉を安倍総理に言って頂いた。これに対する「アンチ安倍」の人たちの反応は「何を言うか」と激しいものであったが、このコメントを安倍総理は柔和な表情で言って下さったので、一般の方々の反応はとても良かった。

安倍総理は国民にしっかりと政策が届く発信になっているかを常に気になさっており、このCMについては評価して頂いた。

関連する投稿


日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


「パンダ」はいらない!|和田政宗

「パンダ」はいらない!|和田政宗

中国は科学的根拠に基づかず宮城県産水産物の輸入禁止を続け、尖閣への領海侵入を繰り返し、ブイをEEZ内に設置するなど、覇権的行動を続けている。そんななか、公明党の山口那津男代表が、中国にパンダの貸与を求めた――。(写真提供/時事)


なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

これは宗教団体に対する「人民裁判」ではないか。キリスト教、仏教、神道などのリーダーを含む宗教法人審議会が解散命令請求に全会一致で賛成したことに戦慄を覚えた。


日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日中首脳会談が約1年ぶりに開催された。岸田総理は日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置されたブイの即時撤去等を求めたが、中国は「ゼロ回答」であった。聞く耳を持たない中国とどう向き合っていけばいいのか。(サムネイルは首相官邸HPより)


ミツカン「種馬事件」、再び、敗訴|西牟田靖

ミツカン「種馬事件」、再び、敗訴|西牟田靖

2013年、中埜大輔さんは、ミツカンの創業家出身のオーナー経営者である中埜和英会長の次女、聖子さんと結婚、翌年には男の子が誕生した。だが、彼の人生は義父母によって破壊された。生後4日目の子供を義父母の養子に差し出すよう強要されたのに始まり、別居の命令、離婚の強要、親子引き離し(実子誘拐)を目的とした日本への配転、告発報道の取材に応じたことを理由に即日解雇――。まるで中埜一族に「種馬」のように使われ、放り出されたのだ。


最新の投稿


【今週のサンモニ】反原発・反核原理主義を大爆発!|藤原かずえ

【今週のサンモニ】反原発・反核原理主義を大爆発!|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今週は原発や核兵器をめぐって、反原発・反核原理主義を大爆発させておりました。


日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

日本防衛の要「宮古島駐屯地」の奇跡|小笠原理恵

「自衛官は泣いている」と題して、「官舎もボロボロ」(23年2月号)、「ざんねんな自衛隊〝めし〟事情」(23年3月号)、「戦闘服もボロボロ」(23年4月号)……など月刊『Hanada』に寄稿し話題を呼んだが、今回は、自衛隊の待遇改善のお手本となるケースをレポートする。


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

川勝知事のヤバすぎる「不適切発言」が止まらない!|小林一哉

議会にかけることもなく、「三島を拠点に東アジア文化都市の発展的継承センターのようなものを置きたい」と発言。まだ決まってもいない頭の中のアイデアを「詰めの段階」として、堂々と外部に話す川勝知事の「不適切発言」はこれだけではない!


【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

【今週のサンモニ】田中優子氏「立ち止まれ」発言の無責任|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。外交交渉の具体的アイデアを全く示すことができないコメンテーターたち。