何度も読み返し、身体に溶け込ませたい『安倍晋三 回顧録』|和田政宗

何度も読み返し、身体に溶け込ませたい『安倍晋三 回顧録』|和田政宗

安倍総理が私にお話になったのは、外交のあり方や各国首脳とのエピソード、経済とアベノミクス、そして何よりも重視していたのは選挙であった。『回顧録』の中でもこれらについての記述が多数を占めるが、今回の寄稿では、選挙について記していきたい。


『安倍晋三 回顧録』は第一級の史料だ

今月発売された『安倍晋三 回顧録』を読み終えた。安倍晋三元総理大臣が、どのように考え、どのように国のため国民のために政策を実行してきたのかが分かる第一級の史料である。

総理時代、そして総理退任後に私にもお話し下さった内容が多く含まれており、改めて安倍元総理が何を考え行動されていたか学ぶことができ、政治家として何度も読み返し、身体に溶け込ませていかなくてはならない内容だと感じた。

私は、安倍元総理から中堅若手議員の中でも特に近しくご指導を頂いたのではないかと思う。元々、昭恵夫人の東日本大震災被災地支援からのご縁であるが、憲法改正や国のあり方に対する考えを評価して下さり、まだ私が第三極野党である次世代の党時代から、食事の機会を頂くなどして様々お話を伺ってきた。

また、私の発信力にも注目して下さり、平成29(2017)年9月に自民党に入党した直後に安倍総理から直接お電話があり、党の広報副本部長に任命され、翌月の衆院選では党の広報統括をさせて頂いた。こうしたことをはじめ、本当に近くで安倍家のご家族ぐるみでご指導を頂き、首相公邸やご自宅で伺ったお話はとてもとても貴重なものであった。

その中で特に安倍総理が私にお話になったのは、外交のあり方や各国首脳とのエピソード、経済とアベノミクス、そして何よりも重視していたのは選挙であった。『回顧録』の中でもこれらについての記述が多数を占めるが、今回の寄稿では、選挙について記していきたい。

『回顧録』にもあるように選挙の勝利によって強い基盤を獲得することが内政外交における強い実行力のために何よりも不可欠であると安倍総理は考えていたからである。

Getty logo

2017年衆院選、脅威だった「小池旋風」

私は平成29(2017)年10月の衆院選で広報統括をさせて頂いたと述べたが、この時の安倍総裁出演の自民党のCMはテレビ、ラジオ、ネットとも私が全てコメントを書いた。広告代理店の方々と一緒に制作にあたり、映像構成などを含めCMの総監督を務めた。

この選挙においては、解散の正式発表の直前に、小池百合子東京都知事が「希望の党」を結党。その年の都議選の大勝利で勢いに乗っていた小池旋風が脅威であった。そのため、自民党として、より明確で国民に届く政策の打ち出しが重要であり、幼児教育・保育の無償化など、それまでの自民党にない思い切った政策が公約として掲げられた。

これらは『回顧録』の中でも述べられているが、私がこの衆院選のCMで安倍総裁に冒頭に言って頂いたのは、「豊かで平和な日本を守り抜く。未来に責任を持つ確かな政策を自民党は実行し続けます」であった。

アベノミクスで暮らしを守り、北朝鮮の脅威には国防力を高め平和を守る。新興の政党の付け焼き刃的な政策と違い、未来に責任を持つ確かな政策を実行し続ける。自民党とは何か、安倍政権とは何かを語りかけてもらった。そして、CMの最後には「ぜひあなたの声を聞かせてください」という言葉を言って頂いた。

当時はメディアやネットなどで「安倍総理は人の話を聞かない」との間違った風説が流れており、あえてこの言葉を安倍総理に言って頂いた。これに対する「アンチ安倍」の人たちの反応は「何を言うか」と激しいものであったが、このコメントを安倍総理は柔和な表情で言って下さったので、一般の方々の反応はとても良かった。

安倍総理は国民にしっかりと政策が届く発信になっているかを常に気になさっており、このCMについては評価して頂いた。

関連する投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

衆院3補選「3つ勝たれて、3つ失った」自民党の行く末|和田政宗

4月28日に投開票された衆院3補選は、いずれも立憲民主党公認候補が勝利した。自民党は2選挙区で候補者擁立を見送り、立憲との一騎打ちとなった島根1区でも敗れた。今回はこの3補選を分析し、自民党はどのように体勢を立て直すべきかを考えたい。(サムネイルは錦織功政氏Xより)


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


最新の投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

なぜ完全無所属から日本保守党結党メンバーの地方議員となったのか――小坂英二東京都荒川区議会議員がはじめて綴った日本保守党と祖国への熱き想い。


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。