なべやかん遺産|「ダースベイダー」

なべやかん遺産|「ダースベイダー」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ダースベイダー」!


2015年の大予想

2015年に雑誌連載でこんな事を書いていた。

〈2015年は映画当たり年だ。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』『ターミネーター:新機動/ジェニシス』『ジュラシック・ワールド』『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』『アントマン』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『007 スペクター』『ファンタスティック・フォー』等々、魅力的な作品ばかり。
そして12月18日、シリーズ7作品目になる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が日本で公開される。最初の3部作(エピソード4~6)は1977年から始まり1983年で終わったが、16年もまたされて1999年にエピソード1が公開される。
そして、エピソード2、3が2005年に終わると「ジョージ・ルーカスが生きている間はもう新作を見られないのか…」と落ち込んでいたが、ディズニーがルーカスフィルムを買った事で『スター・ウォーズ』の新作やスピンオフ作品が見られるようになるので喜ばしい。
しかしアベンジャーズ計画が大成功中のマーベル作品のように『スター・ウォーズ』が現代の若者にうけるかは別問題。『スター・ウォーズエピソード7』は絶対にコケる事が出来ない、ここでコケたらこの先が危ういし、ルーカスフィルムも3000億円以上支払って買ったのだから大失敗になってしまう。
昔からのファンはもちろん、新規ファンをどれだけ獲得出来るかが今後の勝負である〉

これが2015年のなべやかん大予想だった。当たっていたのは、スピンオフが作られた事だ。

『Disney+』で配信されているスピンオフドラマは良い作品もあればまあまあの作品もあり、映画『アイアンマン』を監督しアベンジャーズシリーズを牽引したジョン・ファヴロー氏が企画したスピンオフドラマ『マンダロリアン』は傑作だった。キャラも素晴らしい!

残念だったキャラや兵器のデザイン

が、しかし、問題はエピソード7、8、9である。映画としてつまらなくは無いが、格別面白いとも思えない。残念なのはキャラクターや兵器のデザインである。

エピソード4、5、6を超えろとまでは言わないが同列に並べるくらいのキャラクターが少な過ぎた。これはエピソード1、2、3にも言える事だ。

かろうじてBB-8(ドロイド)が良いかなーと思うくらいで、歩兵のストームトルーパーもダース・ベイダー的なキャラのカイロ・レンもイマイチだった。スター・ウォーズはキャラクターやウェポンが命。そこが過去を超えられないと新作に未来が無い。

何故ならスター・ウォーズは、グッズ展開で大成功しファンを掴んだ作品なので、そこが駄目だとマーベルヒーロー映画には勝てない。

残念ながら『マンダロリアン』以外は良いキャラが誕生していないのが現実だと思われる。

ディズニーが買い取ったマーベルも苦戦している。『マーベル・シネマティック・ユニバース』は現在も新作が次々と発表されているが『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)以降はファンのテンションも確実に落ちている。現に自分もあの時がMaxだった。こうなったらスター・ウォーズとマーベルの競演しかないのでは?(笑)
 
ちなみに、アメリカのオモチャCMでは、アイアンマンとスター・ウォーズが競演している。そのCMを見た時はお漏らしするくらい興奮した。不可能を可能にするのが映画の世界なので、いつの日か実現して欲しい。

『スター・ウォーズ』の絶対的魅力はキャラクターの素晴らしさと言えよう。ダース・ベイダーとストームトルーパーを造形したのはブライアン・ミュアーだ。日本のヒーローモノのマスクに比べるとアメリカンサイズでかなりデカいマスクだが迫力があって見栄えがする。

ただし、背の大きい人が装着しないとミッキーマウスのような頭でっかちになってしまう。それでもブライアン・ミュアーの造形は“素晴らしい”という一言で語り切れないくらい見事な出来栄えだ。
今回は『スター・ウォーズ』を代表するダース・ベイダーをご紹介しよう。

究極のプロップレプリカ

関連する投稿


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


最新の投稿


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。