【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

【読書亡羊】「500円の節約」と「500億円の節税」が共存する日本経済の現状 小林美希『年収443万円』(講談社現代新書)、大森健史『日本のシン富裕層』(朝日新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


もはや「格差」を超えた「落差」が出現

片や500円の節約のためにスタバのコーヒーを我慢し、片や500億円の節税のためにドバイへの移住を検討する。

前者のような生活を送る人々にクローズアップしているのは、ジャーナリストで自身も氷河期世代にあたる小林美希氏の『年収443万円――安すぎる国の絶望的な生活』(講談社現代新書)。後者に当たる「大金持ち」の実態を紹介してくれるのは、海外移住アドバイザーの大森健史氏による『日本のシン富裕層――なぜ彼らは一代で巨万の富を築けたのか』(朝日新書)だ。

日本の現在の平均年収が、前者のタイトル通りの443万円。筆者(梶原)も就職氷河期世代ど真ん中であり、先の見えない個人事業主でもあるので、正直言って明日は我が身だ。『年収443万円』の身につまされる報告や分析を読むほどに気分は暗くなる。

しかし一方では『日本のシン富裕層』に登場する人々のような人たちもこの日本に存在するのだ。様々な形の資産を保有し、その総額は億を突破している。特に投資や暗号資産で億単位の資産を形成した人たちは「億り人」とも呼ばれる。

ただしあくまで「資産」であって、現金はあまり持ち合わせていない場合もある、というのが新しい富裕層の一つのスタイルでもあるようだ。なぜ資産を現金化しないのか。日本で現金化してしまうと、所得税をがっぽり取られるからで、免税・非課税制度が充実しているドバイに移住し、そこで一部を現金化、さらに投資で生きていくのだという。

しかもシン富裕層は、これまでの成金とは違って、服や車にお金を費やさない。つまり、『年収443万円』に登場する絶望的な生活を送る人たちと、シン富裕層が「同じようにユニクロの服を買い、電車で移動しているが、実は資産は数十、数百億円もの差がある」という状況が生まれているのだ。

この2冊を続けて読むと、その格差、いや落差には愕然とするほかない。だが、いずれもまぎれもなく日本で起きている実態である。

年収443万円 安すぎる国の絶望的な生活

¥ 968

上から下まで消費マインドが冷え切っている

『日本のシン富裕層』では、暗号資産(仮想通貨)や投資で儲けた人たちのマインドを「一度投資したら一喜一憂せず、価値が上がるまで持ち続けられる」と説明する。だが、『年収443万円』に登場している人たちに投資を進めたところで、一喜一憂せずにいられるわけがない。元の資産が少ないために、少しの価格・株価変動も死活問題になるからだ。

投資にまるで縁のない、どちらかと言うまでもなく500円のスタバで迷う人たちの心情に近い立場の筆者(梶原)も、「この『億り人』たちの背後には、無惨にも投資でコケた人たちの死屍累々が広がっているに違いない」、「それなら今日の100円、200円を節約してコツコツやる方が堅実だ」と考えてしまう。

しかし一方で、『年収433万円』の人々のように、過剰に守りに入る姿勢が、結果として自分の首を絞めることになるのだろうというのも、この2冊を読むと分かってくるのだ。

『日本のシン富裕層』に登場する人たちは、(余裕があるからこそ、ではあるが)果敢なチャレンジを成功に変えてもいる。もちろん中には学生時代のわずかな貯金で「たまたま」暗号資産を購入していたところ、結果的にそれが億単位に化けたという「億り人」もいる。

が、多くは自ら進んで情報を収集し、学び、即断即決、いいと思ったらとにかくやってみる。基本的には能動的に動いた結果が億単位の資産形成に結びついている。

一方で『年収443万円』に出てくる人たちの中には、「何もそこまで過剰に考えなくても」と思うほどの節約をし、子供の学費や老後資金への恐怖感にさいなまれている。

シングルマザーで月収が9万円とか、非常勤講師の男性は安月給で親の介護が重なり地獄、というかなり不幸なケースもあるが、一方で「いや、それはさすがに何とかできるのでは?」と思わないではない、明らかに視野狭窄とみられるような報告もある。

あるいはダブルインカムで世帯年収が1000万円超もあるのに「昼食は500円以内」「ビールも外食も我慢」と語る人のエピソードなどは、他人事ながら「そこまで切り詰める必要があるんでしょうか」と聞きたくなるほどだ。

世帯年収が1000万円ある人がお金を使わなかったら、一体誰が使うのか。シン富裕層に至ってはなおさらで、金がある人はユニクロのスウェットではなく、もっといい服を買ってほしい。上も下も消費マインドが冷え切っており、これでは経済が回るはずもない。

関連する投稿


【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

【読書亡羊】「情報戦」の最前線、中露は何を仕掛けてくるのか 小泉悠・桒原響子・小宮山功一朗 『偽情報戦争――あなたの頭の中で起こる戦い』(ウェッジ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


日本人よ、雄々しく立ち上がれ|櫻井よしこ

日本人よ、雄々しく立ち上がれ|櫻井よしこ

わが国は現在も中国に国土売却を続けている。エネルギーの源である電力網にさえ中国資本の参加を許している。


【読書亡羊】ポリコレが生んだ「日本兵」再考の歴史観 サラ・コブナー著、白川貴子訳『帝国の虜囚――日本軍捕虜収容所の現実』(みすず書房)

【読書亡羊】ポリコレが生んだ「日本兵」再考の歴史観 サラ・コブナー著、白川貴子訳『帝国の虜囚――日本軍捕虜収容所の現実』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評! 今年もよろしくお願いいたします。


【読書亡羊】なぜプーチンや金正恩は核による威嚇をやめないのか ブラッド・ロバーツ著、村野将監訳・解説『正しい核戦略とは何か』(勁草書房)

【読書亡羊】なぜプーチンや金正恩は核による威嚇をやめないのか ブラッド・ロバーツ著、村野将監訳・解説『正しい核戦略とは何か』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末、もとい、今年最後、年末書評!


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


最新の投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作の「日本語版まえがき」を特別公開!


話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作から、中国による台湾攻撃のシミュレーションを一部公開!


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。