新聞・テレビが報じない“脱会屋”の犯罪【ルポ統一教会1】|福田ますみ

新聞・テレビが報じない“脱会屋”の犯罪【ルポ統一教会1】|福田ますみ

ベストセラー『でっちあげ』で新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第1回目は「“脱会屋”の犯罪」。人為的に“被害者”を作り出し、カネを貪るシステム化された犯罪の構図。彼らの「裏の顔」をテレビは絶対に報じない。


武器を持って教会を襲撃、女性信者に手錠をかけ拉致

一方、こうしたバッシングのはるか以前から、信者たちに対する拉致監禁という許しがたい人権侵害が起きていた事実は、あまり知られていない。  

1966年から2014年まで、後藤氏をはじめ4300人以上の信者たちが、有形力の行使によってマンションの一室などに閉じ込められ、外部との通信の自由、移動の自由を奪われたなかで棄教を迫られたのだ。基本的人権や信教の自由、内心の自由が憲法で保障されているこの国で、である。  

あまり知られていないと書いたが、拉致監禁の実態はカルト宗教に詳しいルポライター、米本和広氏が2008年に著した『我らの不快な隣人』(情報センター出版局)で、初めて明らかになっている。米本氏はそれ以前にも、月刊誌でこの事実を報じている。しかし米本氏は、旧統一教会の霊感商法や正体隠しの伝道については強く批判しており、是々非々のスタンスだ。  

最も多い年で375人もの信者が失踪した。1997年には、親族やキリスト教会関係者約20人が白昼、スタンガンや鎖、バールなどの武器を持って教会を襲い、なかにいた信者の女性に手錠をかけて拉致したすさまじい事件も起きている(鳥取教会襲撃事件)。  

拉致監禁による被害者の多くは、脱会に応じない限り、何カ月、何年も解放されないため、説得に屈し棄教している。だが、後藤氏は強い信仰心があったため、棄教を拒んだ。それゆえ、彼は12年5カ月という長期の監禁を強いられたのだ。その間の後藤氏の絶望、焦燥、精神的苦痛は察して余りある。

一回目の監禁

後藤氏が旧統一教会に入信したのは、先に入信していた兄の勧めがあったからである。1986年のことだ。ちなみに、妹も同じくこの兄の勧めで入信した。  

当時大学生だった後藤氏は、悲惨な事件や戦争が絶えない社会に心を痛め、一方で利己的な自分のことも好きになれず、悩み苦しんでいた。そんな時に出会った統一原理は彼に、一度は見失っていた人生の目的や価値を再認識させ、前向きに生きる指針となった。  

ところが翌1987年は、折しも「全国霊感商法対策弁護士連絡会」(全国弁連)が結成され、「朝日ジャーナル」が霊感商法批判のキャンペーンを大々的に始めた時期である。  

後藤氏の両親は子供たちの入信を心配し、当時すでに脱会活動を行っていた宮村氏らに相談、まず兄が父母らにより拉致監禁され、その後、宮村氏らの脱会強要を受けて、数カ月後に兄は脱会した。このことを知らなかった後藤氏は同年10月、父から呼び出されるまま京王プラザホテルの一室に入ったところを監禁されてしまう。一回目の監禁だった――。

続きは月刊『Hanada』2022年12月号(amzn.to/3WgS7rk)もしくはHanadaプレミアム(https://hanada-plus.shop/
でご購読頂けます。

関連する投稿


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

世論が変われば憲法に定められた信教の自由、私有財産処分の自由などの枠組みがいとも簡単に崩れていく。多数派の日本人とはかなり異なる少数派の信仰を持つ私は、それを目撃して、その矛先がいつ私たちに向くかもしれないという恐怖を感じるのだ。


「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

日本はロシアの侵略戦争、中国の台湾恫喝、北朝鮮のミサイル乱射のトリプル危機の最前線にある。ところが国会の選良たちは、国内スキャンダルの泥仕合に明け暮れて、国家や国民を守る気概もない。


“報道テロリスト”金平茂紀に与えられた使命|山口敬之【WEB連載第18回】

“報道テロリスト”金平茂紀に与えられた使命|山口敬之【WEB連載第18回】

9月一杯で「報道特集」のキャスターを降板させられた金平茂紀氏。金平氏とは一体どういう人物なのか。かつてともに仕事をした山口敬之さんが金平氏の本性を暴く!


林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

「捨て身で生きよう、と思える一冊。私の心も裸にされたくなりました」(脚本家・大石静さん)。「非常にいい本ですね、ステキ」(漫画家・内田春菊さん)。そして村西とおる監督の「人生相談『人間だもの』」を愛する方がもうひとり。作家の林真理子さんです。「私はつくづく感服してしまった」。その理由とは?


最新の投稿


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。