新聞・テレビが報じない“脱会屋”の犯罪【ルポ統一教会1】|福田ますみ

新聞・テレビが報じない“脱会屋”の犯罪【ルポ統一教会1】|福田ますみ

ベストセラー『でっちあげ』で新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第1回目は「“脱会屋”の犯罪」。人為的に“被害者”を作り出し、カネを貪るシステム化された犯罪の構図。彼らの「裏の顔」をテレビは絶対に報じない。


12年5カ月にわたる拉致監禁

「あれはいつごろだったか、どうやってここから脱出できるか、そればかり考えていました。ある日、風呂に入ったら、どこからか微かに子供の声が聞こえる。見上げると、壁の高いところに通風口がある。あっ、ここから叫べば外に聞こえるかもしれない。そう思って、バスタブのへりによじ登って通風口に口を押しつけて、力いっぱい叫んだんです。『誰か聞いてますかあ。ここに監禁されてます! 助けてください、警察を呼んでください!』。  
 10分ぐらい叫び続けていると、誰かが私の服を乱暴につかんで下に引きずり下ろした。宮村ですよ。おそらく家族が、近所に住んでいる彼に連絡を入れたんだと思います。私は身長が182センチありますが、当時は長期の監禁で体力が落ちていて抵抗できず、それでも、そこらにあった電化製品や家具にしがみついて、それらをなぎ倒しながら、奥の監禁部屋まで引きずられていったんです。宮村はその間、無言でした。悔しかったですよ。全く人間扱いされない。動物以下の仕打ちでした」  
後藤徹氏、58歳。旧統一教会、現世界平和統一家庭連合の信者である。  

9月上旬、東京近郊のファミリーレストランに現れた後藤氏は、背のひときわ高い偉丈夫である。おもむろに口を開き、淡々と自身の体験を語り始めたが、口調とは裏腹に、その内容は壮絶極まりないものだった。  

後藤氏はただその信仰ゆえに、1995年9月から2008年2月まで12年5カ月というもの、最初は新潟市のマンション、次は東京・荻窪のマンションの一室に拉致監禁されていた。いったい、だれがこんなことをやったのかといえば、彼の両親、兄、兄嫁、妹である。  

しかし、この拉致監禁を指導、教唆した人物がいる。旧統一教会信者に対する強制改宗を請け負う“脱会屋”宮村峻氏と、旧統一教会を異端と見なして目の敵にし、やはり多くの脱会説得を行ってきた日本同盟基督教団の松永堡智牧師である。  

旧統一教会は、1980年代から90年代半ばにかけて、霊感商法やら一度に数千、数万人が参加する合同結婚式などでメディアから散々批判されたが、今年7月8日、安倍晋三元総理が山上徹也によって暗殺されると、二十数年の時を超えて再びその名が人々の脳裏に甦り、すさまじいバッシングの渦中にある。

監禁解放後間もない後藤徹氏(出典:https://ffwpu.jp/news/3936.html

魔女狩りが横行

「おまえら、ボスを殺されて(旧統一教会に対して)悔しくないのか?」――歌手の泉谷しげるが自民党の政治家に向けて放ったこの一言は、教団が陥った苦境を象徴している。泉谷の言葉自体は、勘違いも甚だしい酷い言い草である。ボス(安倍氏)を殺したのはテロリストであって、教団ではない。  

それにもかかわらず、山上の教団への怨念を代弁するかの如く、「犯罪者集団」「反社」「カルト」「邪教」 「反日」などとあらゆる罵詈雑言を投げつけられている。   

テレビのワイドショーは、元信者や元二世信者を出演させて、連日どぎつい話をさせては視聴率を爆上げしているが、証言の信憑性に疑問符が付くうえ、20~30年前の古い話ばかりである。  

私は、現役の信者や二世信者にも話を聞いているが、彼らは口を揃えてこう言う。 「なぜ、ここまで教団を攻撃できるのか。なぜ、教団を離れていった人たちの話ばかり聞くのか。たしかに以前、問題はあったと思うが、いまは改善されている。献金の強要やノルマもないし、霊感商法をさせられることもない。普通に教会活動をやっている」と。  

旧統一教会が、故安倍氏と自民党を叩くための道具として使われていることは明白だが、だからといって、この団体になら何を言ってもいい、何をやっても許されるという空気が蔓延している状況はあまりに異常だ。  

若い女性の二世信者は顔を曇らせながら、私にこう漏らした。

「メディアが著作権無視で教団関連の写真をアップしたせいで、そこに顔が写っていた知り合いは、信仰していることが会社に知れてしまい、『お前、信者か』と名指しされて、会社をやめざるを得なくなったんです。私自身も同じような目に遭うんじゃないかと思うと、恐怖を感じます」  

魔女狩りが横行している。

関連する投稿


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

キリスト教信者から見た旧統一協会問題|西岡力

世論が変われば憲法に定められた信教の自由、私有財産処分の自由などの枠組みがいとも簡単に崩れていく。多数派の日本人とはかなり異なる少数派の信仰を持つ私は、それを目撃して、その矛先がいつ私たちに向くかもしれないという恐怖を感じるのだ。


「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

「トリプル危機」を無視する選良たち|湯浅博

日本はロシアの侵略戦争、中国の台湾恫喝、北朝鮮のミサイル乱射のトリプル危機の最前線にある。ところが国会の選良たちは、国内スキャンダルの泥仕合に明け暮れて、国家や国民を守る気概もない。


“報道テロリスト”金平茂紀に与えられた使命|山口敬之【WEB連載第18回】

“報道テロリスト”金平茂紀に与えられた使命|山口敬之【WEB連載第18回】

9月一杯で「報道特集」のキャスターを降板させられた金平茂紀氏。金平氏とは一体どういう人物なのか。かつてともに仕事をした山口敬之さんが金平氏の本性を暴く!


最新の投稿


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

安保3文書履行に早くも暗雲|太田文雄

2+2の共同発表は昨年末に政府が決定した安保3文書を踏まえている。沖縄県による下地島空港の「軍事利用」拒否は、民間空港・港湾の利用拡大をうたった3文書の履行に背を向けることを意味する。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。