立憲民主党と謎の会社「ブルージャパン」の危険な関係|山岡鉄秀

立憲民主党と謎の会社「ブルージャパン」の危険な関係|山岡鉄秀

他人に厳しく、身内にはやたら甘く、自浄能力がない立憲民主党。立憲民主党の問題は、CLPだけではなかった。これより遥かに大きな金額が党から投入されている謎の会社が存在したのだ。それが、ブルージャパンという会社だ。CLP事件の際に少し報じられたものの、なぜ主流メディアはこの問題を追及しないのか。(サムネイルは辻元清美Twitterより)


設立から4年間で9億円以上のお金が……

このように、存在自体が不可解なブルージャパンだが、この会社への立憲民主党からの支払いは、設立から4年間でなんと9億1823万円で、単年では博報堂への支払いより10倍以上多い年がある。
そんなことがあり得るのか。

いったいその内訳はどうなっているのか、博報堂と比較しながら分析した。そこからブルージャパンの正体がぼんやりと見えてきた。

立憲民主党の顧問弁護士が在籍する弁護士事務所の住所に登記されている謎の会社「ブルージャパン」の正体を探るには、まず政治資金収支報告書を分析して、その業務の実態を博報堂と比較するのが良いだろう。

その前に加えるべきことは、やはり早稲田リーガルコモンズ法律事務所の住所に、平成27年に設立された株式会社リーガルコモンズという会社が登記されているということだ。

この会社に対する立憲民主党の前身である民進党の平成29年度の収支報告を見ると、合計14件の業務委託案件が報告されているが、その内の11件が動画制作費及び動画等制作費で、その他がWeb企画費、Web対応費、サイト制作費。民進党からの支払い合計は41,696,438円となっている。

これは要するに、立憲民主党から資金提供を受けていたCLPという会社とは別に、弁護士事務所の中に作られた別会社に動画制作やウェブサイトの作成を委託していたことを想像させる。

なんだか奇異な印象を受けるが、平成29年11月にはブルージャパンが設立され、同年12月には動画制作費1350万円がブルージャパンに支払われているから、リーガルコモンズの業務はブルージャパンに移転したとも考えられる。立憲民主党は弁護士事務所内に法務とは関係ない会社を作るのが好きなようだ。

同日にまったく同じ項目で複数回の金

Getty logo

では、リーガルコモンズの業務を引き継いだように見えるブルージャパンの業務を、やはり立憲民主党が民進党時代から使っている大手広告代理店の博報堂と比べてみよう。

平成30年(2018年)の記録を見ると、博報堂に対しては以下のような項目で合計4億9600万円あまりが支払われている。

立憲フェス運営関連代
第48回衆議院選挙関連業務代
WEB関連費
WEB掲載関連費
WEBコンサル稼働費
ガイドブック・ポスター印刷代
新聞広告掲載関連費
パートナーズガイドブック・ポスター代
ポスター・ガイドブック配送代
写真撮影関連代

一方、ブルージャパンだが、全14件で1億7000万あまりが支払われているが、そのうちの11件が広報業務委託費で、そのほかとして立憲フェス2018関連・広報業務委託費、新規企画実施代、写真撮影・ウエブバナー作成代となっている。つまり、大半が広報業務委託費なのだ。しかも、同じ項目で同じ日に複数回支払われている。

たとえば、
平成30年1月24日 広報業務委託費 約1800万円
平成30年1月24日 広報業務委託費 約1340万円
平成30年1月24日 広報業務委託費 約378万円

平成30年3月23日 広報業務委託費 約1264万円
平成30年3月23日 広報業務委託費 約1100万円
平成30年3月23日 広報業務委託費 約270万円

平成30年7月20日 広報業務委託費 約1642万円
平成30年7月20日 広報業務委託費 約390万円
平成30年7月20日 広報業務委託費 約1960万円

といった感じである。同じ日にまったく同じ項目でまとまった金額が複数回別々に支払われているのは奇妙な印象を受ける。

関連する投稿


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


支持率低下が止まらない岸田内閣|和田政宗

支持率低下が止まらない岸田内閣|和田政宗

岸田内閣の支持率低下、何が原因となっているのか。メディアは、旧統一教会問題が足を引っ張っていると言うが、皆様から強く聞く声は、「岸田内閣は実績が見えない」「決断が遅い」というものである――。


れいわ・大石あきこ議員と極左暴力集団|山口敬之【WEB連載第16回】

れいわ・大石あきこ議員と極左暴力集団|山口敬之【WEB連載第16回】

7月26日、大石あきこ氏を名誉棄損で提訴した。派手な宣伝や告知はせず粛々と手続きを進めてきたが、大石氏は私の訴状を受け取るや否や、YouTube動画をアップロード。裁判費用を捻出するためのカンパまで募っているという――。「大石あきこ」とは一体どういう政治家なのか。


知性とモラルを欠いた日本の国会|田久保忠衛

知性とモラルを欠いた日本の国会|田久保忠衛

つい最近まで日本の最高指導者だった人物が公衆の面前で真っ昼間に暗殺されたのに、国の在り方は問題にもされず、取るに足らぬ瑣末な問題に貴重な時間が徒に費やされている。知性とモラルと勇気を欠いた日本の国会こそ「戦後レジーム」の象徴である。


最新の投稿


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。


数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

数字合わせの防衛費で防衛力強化はできない|織田邦男

言葉は美しい。だが、防衛省単独の予算を積み上げるより、他省庁の経費も含めた方が本来の防衛予算を抑えつつ「GDP比2%」を達成しやすくなるという思惑がみえみえである。